292件中 81 - 90件表示
  • ノルベルト・ソラーノ

    ノルベルト・ソラーノから見たディエゴ・マラドーナディエゴ・マラドーナ

    1994年に母国のスポルティング・クリスタルでプロデビューし、間もなく才能を開花させる。チームはこの年からリーグ3連覇を果たし、それに大きく貢献したソラーノにも注目が集まる。1997年にコパ・リベルタドーレスに出場すると、ここでも注目を浴び、アルゼンチンの名門ボカ・ジュニアーズへと移籍する。ここでディエゴ・マラドーナらとともに活躍し、FAプレミアリーグへと旅立った。1998年にニューカッスル・ユナイテッドFCへと加入すると不動の右サイドハーフとして君臨、UEFAチャンピオンズリーグ出場の原動力になるなど自身の絶頂期を迎える。ところが翌年から監督であったボビー・ロブソンとの確執が表面化し、次第に出場機会を減らし2003-04シーズン途中にアストン・ヴィラへと移籍する。するとここではブランクを感じさせない動きでチームを牽引した。2004年にロブソンが監督職を辞任したことに伴い翌年にニューカッスルへと復帰、30歳を超えて衰えが見られるものの、やはり活躍を見せていた。ノルベルト・ソラーノ フレッシュアイペディアより)

  • ディエゴ

    ディエゴから見たディエゴ・マラドーナディエゴ・マラドーナ

    ディエゴ・マラドーナ - アルゼンチン出身のサッカー選手・監督。ディエゴ フレッシュアイペディアより)

  • 熱血高校サッカー部 ワールドカップ編

    熱血高校サッカー部 ワールドカップ編から見たディエゴ・マラドーナディエゴ・マラドーナ

    ディエゴがキャプテンの優勝候補No.2のチーム。ディエゴの元モデルはディエゴ・マラドーナ熱血高校サッカー部 ワールドカップ編 フレッシュアイペディアより)

  • サイード・オワイラン

    サイード・オワイランから見たディエゴ・マラドーナディエゴ・マラドーナ

    「砂漠のマラドーナ」と呼ばれ、1994 FIFAワールドカップでは、サウジアラビア初の決勝トーナメント進出に貢献。同大会のグループリーグのベルギー戦では、自陣からゴールまでの約60メートルの距離を1人で駆け上がり、最終的に5人をかわしてゴールを決めるという、1986 FIFAワールドカップでのディエゴ・マラドーナの5人抜きゴールに匹敵するプレーを見せた。だが、選手としては1994年の同大会がピークで、その後は下降線をたどった。とりわけ、オワイランのキャリア失墜を決定的視したのが以下の戒律違反で、サウジアラビアはイスラム教の中でも最も厳格とされるワッハーブ派を国教としているため、飲酒、愛人スキャンダルの戒律違反を犯したため2年余の間出場停止処分を余儀なくされ、1996年のアジアカップ(同国が優勝)、翌年のフランス・ワールドカップ予選の出場も禁じられた。翌年の本大会には出場を果たしたものの、同国のスターの座は既にサーミー・アル=ジャービルに譲っており、往年のプレーは既に失われていた。サイード・オワイラン フレッシュアイペディアより)

  • ディーオ

    ディーオから見たディエゴ・マラドーナディエゴ・マラドーナ

    好きなサッカー選手:ディエゴ・マラドーナディーオ フレッシュアイペディアより)

  • エンツォ・フランチェスコリ

    エンツォ・フランチェスコリから見たディエゴ・マラドーナディエゴ・マラドーナ

    1986 FIFAワールドカップ1次リーグを辛くも突破したが、決勝トーナメント1回戦でディエゴ・マラドーナを擁するアルゼンチンと対戦し、0-1で敗れてベスト16に終わった。コパ・アメリカ1987準決勝では開催国のアルゼンチンと対戦し、アントニオ・アルサメンディの決勝ゴールをアシストして勝利し、前年のFIFAワールドカップで敗れた雪辱を果たした。しかし決勝のチリ戦では前半26分に退場処分を受け、優勝の瞬間はピッチの外にいた。1990年5月に行われたイングランドとの親善試合ではイングランドのファンをも魅了するプレーを見せ、イングランドの代表戦無敗記録を17戦で途切れさせた。1990 FIFAワールドカップには主将として臨んだが、本来の力を発揮しきれず、4年前と同じベスト16に終わった。地元ウルグアイで開催されたコパ・アメリカ1995では、2得点を挙げるなど主将として大車輪の活躍でチームを牽引し、優勝で国民の期待に応え、大会最優秀選手にも選ばれた。エンツォ・フランチェスコリ フレッシュアイペディアより)

  • 棚田伸

    棚田伸から見たディエゴ・マラドーナディエゴ・マラドーナ

    広島県立工業出身。2学年後輩に桑原裕義、梶山洋一がいる。1年からレギュラーに据えられ、テクニックのあるレフティーとして広島のマラドーナと呼ばれた。1985年高校総体ベスト4、1987年高校選手権では準決勝まで勝ち進んだ室蘭大谷高校に初戦、PK戦で敗れた。この時唯一外したのが棚田である。順天堂大学を経て1992年日立製作所サッカー部(現・柏レイソル)入団。棚田伸 フレッシュアイペディアより)

  • ロランド・スキアビ

    ロランド・スキアビから見たディエゴ・マラドーナディエゴ・マラドーナ

    2009年9月、2010 FIFAワールドカップ・南米予選ブラジル戦に向けディエゴ・マラドーナ監督率いるアルゼンチン代表に初招集。0-1と敗れたパラグアイ戦で80分にセバスティアン・ドミンゲスに代わり初出場を果たした。36歳7ヶ月22日という遅さでのデビューだった。ロランド・スキアビ フレッシュアイペディアより)

  • ゴールパフォーマンス

    ゴールパフォーマンスから見たディエゴ・マラドーナディエゴ・マラドーナ

    ディエゴ・マラドーナは1994 FIFAワールドカップのグループリーグ初戦のギリシャ戦で得点を決めた際に、ビデオカメラに向かって駆け寄り、興奮した目つきで吼えかかるパフォーマンスを行った。しかし第2戦のナイジェリア戦終了後のドーピング検査で尿からエフェドリンを含む5種類の禁止薬物が検出され、大会からの追放処分を受けた。ゴールパフォーマンス フレッシュアイペディアより)

  • セバスティアン・ブランコ

    セバスティアン・ブランコから見たディエゴ・マラドーナディエゴ・マラドーナ

    2009年4月17日、ディエゴ・マラドーナ監督によってアルゼンチン代表に招集された。5月20日の親善試合・パナマ戦でデビューした。2010年5月5日の親善試合・ハイチ戦で代表初得点を挙げた。セバスティアン・ブランコ フレッシュアイペディアより)

292件中 81 - 90件表示

「ディエゴ・マラドーナ」のニューストピックワード