236件中 81 - 90件表示
  • ホセ・ルイス・ヌニェス

    ホセ・ルイス・ヌニェスから見たディエゴ・マラドーナディエゴ・マラドーナ

    1982年 : アルゼンチンのディエゴ・マラドーナとセサル・ルイス・メノッティ監督を獲得。ホセ・ルイス・ヌニェス フレッシュアイペディアより)

  • 野津謙

    野津謙から見たディエゴ・マラドーナディエゴ・マラドーナ

    野津はワールドカップの日本開催を1986年(昭和61年)に考えていた。この大会はメキシコで行われマラドーナが伝説のプレイを魅せた。あのまま野津が会長だったら日本のプロ化も10年早かった、という声もある。野津謙 フレッシュアイペディアより)

  • ディエゴ・コンテント

    ディエゴ・コンテントから見たディエゴ・マラドーナディエゴ・マラドーナ

    家族はイタリアのナポリ出身であり、コンテントの名前はSSCナポリのディエゴ・マラドーナにちなんでつけられた。ディエゴ・コンテント フレッシュアイペディアより)

  • ビクトリー・ラン!

    ビクトリー・ラン!から見たディエゴ・マラドーナディエゴ・マラドーナ

    原作者の仲久は「日本国内ではFIFAワールドカップや日本サッカーリーグよりも高校サッカーの人気が高い時代に、取材を通じて日本にプロリーグが誕生しようとしていたことやを知り、アルゼンチン代表のディエゴ・マラドーナをイメージとした主人公を軸に作品を描いた」と語っている。ビクトリー・ラン! フレッシュアイペディアより)

  • ファンタジスタ

    ファンタジスタから見たディエゴ・マラドーナディエゴ・マラドーナ

    1986年のW杯メキシコ大会において、当時のアルゼンチン代表監督のカルロス・ビラルドが、自身はあくまで「黒子」(悪役)に徹してディエゴ・マラドーナ一人の為のチーム作りをし、優勝した例がある。ファンタジスタ フレッシュアイペディアより)

  • ゴンサロ・ベルヘッシオ

    ゴンサロ・ベルヘッシオから見たディエゴ・マラドーナディエゴ・マラドーナ

    CAサン・ロレンソでの活躍が認められてアルフィオ・バシーレ監督からアルゼンチン代表に招集され、2008年10月15日のチリ戦でデビューした。デビュー戦の直後にバシーレ監督が解任されたが、後任のディエゴ・マラドーナ監督からも招集を受け、2009年5月21日のパナマとの親善試合ではフル出場して2得点した。ゴンサロ・ベルヘッシオ フレッシュアイペディアより)

  • ニコラス・オタメンディ

    ニコラス・オタメンディから見たディエゴ・マラドーナディエゴ・マラドーナ

    2009年5月、アルゼンチン代表のディエゴ・マラドーナによってパナマとの親善試合のために招集された。この際の招集メンバーはアルゼンチン国内リーグ所属選手のみで構成されていた。この時のオタメンディは21歳であり、まだCAベレス・サルスフィエルドのトップチームで11試合しか出場していなかった。5月20日に行われたパナマ戦に先発出場して代表デビューを果たし、3-1で勝利した。その後の2010 FIFAワールドカップ・南米予選・コロンビア戦とエクアドル戦にも招集され、エクアドル戦ではセンターバックでマルティン・デミチェリスとコンビを組んで出場した。ブラジル戦ではCAベレス・サルスフィエルドでチームメイトのセバスティアン・ドミンゲスとコンビを組んで先発出場した。南米予選最終戦のウルグアイ戦にも先発出場したが、この試合では右サイドバックとしてプレーした。ニコラス・オタメンディ フレッシュアイペディアより)

  • エバイール

    エバイールから見たディエゴ・マラドーナディエゴ・マラドーナ

    長年セリエAで活躍したネストル・センシーニは、マルコ・ファン・バステン、ディエゴ・マラドーナ、アドリアーノら綺羅星のスターとマッチアップしているが、一番の強敵は誰だったか。とインタビューを受けた際、アタランタ時代に対戦したエバイールの名を挙げ「彼とのマッチアップはまさに悪夢だった」と語っている。エバイール フレッシュアイペディアより)

  • 稲若健志

    稲若健志から見たディエゴ・マラドーナディエゴ・マラドーナ

    藤嶺学園藤沢高校在学中、ディエゴ・マラドーナに憧れ、冬休みを利用してアルゼンチンに渡る。卒業後に再度アルゼンチンに渡り、1998年4月にアルゼンチン2部リーグにあたるチャカリタ・ジュニアーズと契約。その後1999年12月までプレーし帰国。2000年1月に愛媛FC入団テストを受けて入団し2001年12月までプレー。稲若健志 フレッシュアイペディアより)

  • ガブリエル・カルデロン

    ガブリエル・カルデロンから見たディエゴ・マラドーナディエゴ・マラドーナ

    1976年にわずか16歳でブエノスアイレスのアベヤネダ地区にある小さなクラブチームのエル・ポウベニアでキャリアをスタートさせたカルデロンは、翌年、アルゼンチンの名門ラシン・クラブへとステップアップを成功させる。クラブでの活躍が当時アルゼンチン代表とアルゼンチンユース代表監督を兼務していたセサル・ルイス・メノッティの目にとまり、ワールドユース日本大会に出場する。若き日のディエゴ・マラドーナ、ラモン・ディアスらと共に優勝に貢献。ガブリエル・カルデロン フレッシュアイペディアより)

236件中 81 - 90件表示

「ディエゴ・マラドーナ」のニューストピックワード