前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
165件中 1 - 10件表示
  • ディエゴ・マラドーナ

    ディエゴ・マラドーナから見たリオネル・メッシ

    左利きで小柄であること、ドリブルとスピードにおいてずば抜けていること、FCバルセロナでのプレー経験があること、アルゼンチン人であること、A代表デビュー戦がハンガリー戦であることなど、リオネル・メッシとマラドーナにはいくつかの共通点がある。2007年4月18日のFCバルセロナ対ヘタフェCF戦においてリオネル・メッシがマラドーナの「5人抜き」ドリブルそっくりのプレーを見せ、メッシは「ゴールはディエゴ(マラドーナ)に捧げる」と発言したが、マラドーナは「比較は大げさすぎる。俺のゴールとは関係ない」と冷たくあしらった。同年6月9日のバルセロナ・ダービーにおいてメッシは「神の手」ゴールそっくりのプレーを見せた。ディエゴ・マラドーナ フレッシュアイペディアより)

  • ディエゴ・マラドーナ

    ディエゴ・マラドーナから見たカルロス・テベス

    2010 FIFAワールドカップでは、ピッチ内外での一挙手一投足がメディアの注目を集めた。グループリーグ初戦のナイジェリア戦は90分間ベンチに座ることなく選手たちに指示を与え続け、勝利後の記者会見ではリンゴをかじりながら質問に答えた。2戦目の韓国戦では1986 FIFAワールドカップでマンマークを受けた許丁茂監督と対戦することになり、試合前には相手を「テコンサッカー」と挑発した。韓国戦に続きギリシャ戦でも快勝し、グループリーグを3戦全勝の首位で通過。決勝トーナメント1回戦のメキシコ戦はカルロス・テベスの疑惑の残る先制点で試合の主導権を握り、3-1で勝利した。準々決勝のドイツ戦は試合開始早々に失点し、以後は焦りから攻撃に逸るマラドーナの心が見透かされているかのように、カウンターから立て続けに失点した。ハーフタイムの指示や後半の選手交代でも流れを変えることができず、0-4で惨敗して大会からの敗退が決定した。ディエゴ・マラドーナ フレッシュアイペディアより)

  • ディエゴ・マラドーナ

    ディエゴ・マラドーナから見たFCバルセロナ

    アルゼンチン・リーグ史上最年少でプロデビューし、ボカ・ジュニアーズを経て欧州に渡った。FCバルセロナではさまざまな問題に悩まされたが、SSCナポリではセリエA優勝2回、UEFAカップ優勝1回の立役者となり、「ナポリの王様」としてファンに愛された。セビージャFC、ニューウェルズ・オールドボーイズ、ボカ・ジュニアーズでの在籍は短期間に終わり、1997年に現役引退した。引退から時間が経った現在でも彼の信奉者はファン、選手、サッカー関係者を通じて多く特にアルゼンチンでは彼を崇拝する宗教が生まれ、ナポリでは旧市街に彼を讃える祭壇が設けられているほどである。ディエゴ・マラドーナ フレッシュアイペディアより)

  • ディエゴ・マラドーナ

    ディエゴ・マラドーナから見たカルロス・ビラルド

    その後、FIFAが移籍交渉に介入したこともあり、1992年9月にスペインのセビージャFC移籍が決定した。チケットの売り上げという点ではクラブに貢献したが、荒んだ生活や怠慢な練習態度などからカルロス・ビラルド監督と対立し、26試合に出場してわずか5得点しか挙げることができなかった。1993年6月のレアル・ブルゴスCF戦で後半開始早々に交代を指示され激怒し、アルゼンチンに帰国した。ディエゴ・マラドーナ フレッシュアイペディアより)

  • ディエゴ・マラドーナ

    ディエゴ・マラドーナから見たアルフィオ・バシーレ

    1993年10月、セビージャFCとの契約の残り期間に対して400万ドルを支払う条件でアルゼンチンのニューウェルズ・オールドボーイズに移籍した。アルフィオ・バシーレ監督によってアルゼンチン代表にも復帰したが、契約問題のこじれからニューウェルズでは7試合しか出場できず、練習不参加や試合欠場などの理由により1994年2月に解雇された。1994 FIFAワールドカップのドーピング違反でFIFAから再び15ヵ月間の出場停止処分を受け、処分期間中は国内2チームの監督を務めた。ディエゴ・マラドーナ フレッシュアイペディアより)

  • ディエゴ・マラドーナ

    ディエゴ・マラドーナから見たペレ

    ペレ、クライフ、ベッケンバウアー、ディ・ステファノなどと共に20世紀のサッカー史に名を残すスター選手である。ディエゴ・マラドーナ フレッシュアイペディアより)

  • ディエゴ・マラドーナ

    ディエゴ・マラドーナから見たギド・ブッフバルト

    準決勝は所属クラブの本拠地ナポリで、開催国イタリアと対戦した。試合前にイタリアファンを煽るような発言をしたことや、PK戦で最後に蹴って勝利を決めたのがマラドーナであったことから、イタリア国民やSSCナポリファンとの関係が悪化した。決勝の西ドイツ戦ではアルゼンチンの国歌吹奏に場内から大ブーイングが浴びせられ、マラドーナはカメラに向かって「イホス・デ・プータ(英語の『サノバビッチ』に相当する侮蔑語)」と吐き捨てた。試合ではギド・ブッフバルトのマークに沈黙。敗戦後は人目をはばからず号泣し、イングランド代表のポール・ガスコインが準決勝で流した涙とともに人々に記憶されている。ディエゴ・マラドーナ フレッシュアイペディアより)

  • ディエゴ・マラドーナ

    ディエゴ・マラドーナから見たフアン・ロマン・リケルメ

    2008年10月16日にアルゼンチン代表のアルフィオ・バシーレ監督が辞任すると、マラドーナは後任の座に自薦し、10月28日に代表監督就任が発表された。11月4日に就任記者会見が行われ、ハビエル・マスチェラーノのキャプテン任命とカルロス・ビラルドのテクニカル・セクレタリー(サッカー協会とチームの架け橋役)就任が発表されたが、ヘッドコーチに人事は明かされなかった。マラドーナの監督就任に関してアルゼンチン国内の反応は冷ややかだったが、代表選手からは期待と賛同の声が上がり、初采配となったスコットランドとの親善試合に1-0で勝利したことからメディアからもまずまずの評価を得た。2009年1月にはスペイン、イングランド、イタリアなどを訪問し、欧州各国に散らばるアルゼンチン代表選手を視察した。2009年3月、テレビの深夜番組でチームの中心選手であるフアン・ロマン・リケルメのプレーに苦言を呈し、その発言に敏感に反応したリケルメが代表引退を表明する問題が起こった。ディエゴ・マラドーナ フレッシュアイペディアより)

  • ディエゴ・マラドーナ

    ディエゴ・マラドーナから見たセルヒオ・アグエロ

    自身の薬物乱用や育児放棄などもあり、娘たちとの間にはキスを拒まれるほど深刻な確執が存在していた。その後和解し、2006 FIFAワールドカップではユニフォームを頭上で振り回しながら一緒に応援する姿がテレビカメラに写された。次女はセルヒオ・アグエロの婚約者で、2009年2月に初孫が誕生した。ディエゴ・マラドーナ フレッシュアイペディアより)

  • ディエゴ・マラドーナ

    ディエゴ・マラドーナから見たフィデル・カストロ

    1987年7月28日にフィデル・カストロキューバ議長と初めて対面して以来友人関係を築いており、1989年の自身の結婚式にはカストロを招待した。キューバへの敬愛の印として左脚にカストロ、右肩にチェ・ゲバラの刺青を彫り込んでいる。ディエゴ・マラドーナ フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
165件中 1 - 10件表示

「ディエゴ・マラドーナ」のニューストピックワード