165件中 41 - 50件表示
  • ディエゴ・マラドーナ

    ディエゴ・マラドーナから見たマルティン・パレルモ

    就任後初となる2010 FIFAワールドカップ・南米予選のベネズエラ戦には4-0で快勝したが、4日後のボリビア戦は高地の利を得た相手に手も足も出ず、1-6で大敗してメディアからの批判を浴びた。5月の親善試合には国内組のみから選手を招集して臨み、それ以後は海外組と国内組の融合を重要視するようになった。2009年9月の南米予選ではブラジルに敗れ、アルゼンチンが長年継続してきたホームでの連続無敗記録(34戦)が途切れたため、元代表選手やファンから厳しい批判を受けた。パラグアイに敗れてついに予選の自力突破圏内(4位以内)から落ちたが、10月のペルー戦ではマルティン・パレルモのロスタイム弾で辛くも勝利し、最終節のウルグアイ戦では虎の子の1点を守り抜いて、予選4位でのFIFAワールドカップ本大会出場を決めた。ディエゴ・マラドーナ フレッシュアイペディアより)

  • ディエゴ・マラドーナ

    ディエゴ・マラドーナから見たホセ・ルイス・ヌニェス

    1982年6月4日、FCバルセロナとの移籍契約に調印し、アルヘンティノスに移籍金510万ドル、ボカに移籍金220万ドルが分割払いで支払われた。 カンプ・ノウで行われたお披露目にはクラブ新記録の5万人が詰めかけた。1982-83シーズン序盤のバルセロナ・ダービーでは試合唯一となる得点を決め、その2日後のUEFAカップウィナーズカップ決勝・レッドスター・ベオグラード戦では2得点を決めて華々しいスタートを切ったが、度重なる夜遊びやコカイン使用疑惑でホセ・ルイス・ヌニェス会長との関係が悪化し始めた。ウイルス性肝炎や鬱状態などの病気に悩まされリーグ4位となったが、コパ・デル・レイ決勝でレアル・マドリードに2対1で優勝を手にした。ディエゴ・マラドーナ フレッシュアイペディアより)

  • ディエゴ・マラドーナ

    ディエゴ・マラドーナから見たヨハン・クライフ

    ペレ、クライフ、ベッケンバウアー、ディ・ステファノなどと共に20世紀のサッカー史に名を残すスター選手である。ディエゴ・マラドーナ フレッシュアイペディアより)

  • ディエゴ・マラドーナ

    ディエゴ・マラドーナから見たジョージ・ウォーカー・ブッシュ

    政治的発言が多いことで知られ、2005年に米州機構会議が行われた際には、同市のサッカー場で行われた反ジョージ・W・ブッシュ集会に参加し、ベネズエラのウーゴ・チャベス大統領の演説のあとに「ブッシュを倒そう!」と発言した。ディエゴ・マラドーナ フレッシュアイペディアより)

  • ディエゴ・マラドーナ

    ディエゴ・マラドーナから見たディエゴ・マラドーナ・ジュニア

    1986年9月20日、ナポリの女性がディエゴ・マラドーナ・ジュニアを出産したが、マラドーナは自分の子どもであると認知せず、裁判で争うことになった。この時にはクラウディアも妊娠しており、それからの2年間に女児を2人授かった。クラウディアとは2004年に離婚し、同年に20歳のキューバ人女性と再婚した。ディエゴ・マラドーナ・ジュニアは2001年にU-17イタリア代表に選ばれたが、2009年からはビーチサッカーに舞台を移して活躍している。ディエゴ・マラドーナ フレッシュアイペディアより)

  • ディエゴ・マラドーナ

    ディエゴ・マラドーナから見たピーター・シルトン

    準々決勝のイングランド戦試合前には3年前のフォークランド紛争(マルビナス戦争)の因縁もあって両国メディアの舌戦が続いたが、その試合はいわゆる「神の手」ゴールと「5人抜き」ドリブルを記録した試合として知られている。後半4分、ペナルティエリアに走りこんだマラドーナと浮き玉を処理しようとした相手GKピーター・シルトンと交錯したが、マラドーナは空中のボールを素早く左手ではたき、ボールはそのままゴールインした。シルトンをはじめイングランドの選手はマラドーナのハンドを主張したが、審判は彼の得点を認めた。その4分後にはセンターライン付近でパスを受けると単独で60m近くドリブルし、5人を抜いて無人のゴールにボールを蹴りこんだ。前者の得点については「本当は手で触れたのだが、神の思し召しにより許された」という趣旨の発言をしたことから「神の手」ゴールという呼称が広まった。2007年には後者の得点がイギリスのワールドサッカー誌によって史上最優秀得点に選ばれた。ディエゴ・マラドーナ フレッシュアイペディアより)

  • ディエゴ・マラドーナ

    ディエゴ・マラドーナから見たアリエル・オルテガ

    2005年に放送されたテレビ番組『10番の夜』では司会を務め、スポーツ選手、俳優、タレント、映画監督など、マラドーナの顔が利くさまざまな分野の著名人が出演した。サッカー選手ではペレ、ジネディーヌ・ジダン、アリエル・オルテガ、リオネル・メッシなどが出演している。ディエゴ・マラドーナ フレッシュアイペディアより)

  • ディエゴ・マラドーナ

    ディエゴ・マラドーナから見たウーゴ・マラドーナ

    母方の祖母はイタリア・ナポリ出身の移民であり、父と母はともにアルゼンチン北東部のコリエンテス州エスキーナの出身である。マラドーナは8人兄弟姉妹の5番目であり、かつ3人の男子のうちの長男である。実弟のウーゴ・マラドーナは日本のPJMフューチャーズ、アビスパ福岡、コンサドーレ札幌などでプレーしたサッカー選手である。1987年には弟2人とともに、日本のアサヒビール飲料の缶コーヒー「NOVA」のCMに出演した。ディエゴ・マラドーナ フレッシュアイペディアより)

  • ディエゴ・マラドーナ

    ディエゴ・マラドーナから見たクラウディオ・カニーヒア

    本大会では不調といわれながらもグループリーグ全試合に出場し、ソビエト連邦戦では自陣ペナルティエリア内で手を使ってシュートを防ぐ2度目の「神の手」を見せた。決勝トーナメント1回戦のブラジル戦では、ドリブルで相手4人を引きつけながら右足でクラウディオ・カニーヒアへ絶妙のパスを送り、決勝ゴールをお膳立てした。ディエゴ・マラドーナ フレッシュアイペディアより)

  • ディエゴ・マラドーナ

    ディエゴ・マラドーナから見たアリゴ・サッキ

    元イタリア代表監督であるアリゴ・サッキが提唱し、後のサッカー界の主流となったゾーン・プレスはマラドーナを封じるために考案されたものである。ディエゴ・マラドーナ フレッシュアイペディアより)

165件中 41 - 50件表示

「ディエゴ・マラドーナ」のニューストピックワード