165件中 61 - 70件表示
  • ディエゴ・マラドーナ

    ディエゴ・マラドーナから見たエステバン・カンビアッソ

    アルゼンチン代表監督時代にはDFラインにセンターバック4人を並べ、ボランチのハビエル・マスチェラーノと共に守備を任せた。攻撃はリオネル・メッシ、カルロス・テベス、ゴンサロ・イグアインらの個人技による局面打開を目指した。攻守分担型のスタイルは「1930年代のサッカー」とも評された。複数の戦術を使い分けるのではなく、終始一貫して攻撃的な姿勢を貫き、準々決勝・ドイツ戦では劣勢に陥った時に別策がないことを露呈した。常に選手の目線に立って物事を考えるため、選手のモチベーションを上げる人心掌握術は評価されており、選手からの信頼は厚い。ワールドカップ直前にUEFAチャンピオンズリーグを制したインテルの中心選手だったディエゴ・ミリート、ワルテル・サムエルをほとんど起用せず、同じくエステバン・カンビアッソやハビエル・サネッティは招集さえもしなかったため、その起用法には疑問の声もあった。ディエゴ・マラドーナ フレッシュアイペディアより)

  • ディエゴ・マラドーナ

    ディエゴ・マラドーナから見たゴンサロ・イグアイン

    アルゼンチン代表監督時代にはDFラインにセンターバック4人を並べ、ボランチのハビエル・マスチェラーノと共に守備を任せた。攻撃はリオネル・メッシ、カルロス・テベス、ゴンサロ・イグアインらの個人技による局面打開を目指した。攻守分担型のスタイルは「1930年代のサッカー」とも評された。複数の戦術を使い分けるのではなく、終始一貫して攻撃的な姿勢を貫き、準々決勝・ドイツ戦では劣勢に陥った時に別策がないことを露呈した。常に選手の目線に立って物事を考えるため、選手のモチベーションを上げる人心掌握術は評価されており、選手からの信頼は厚い。ワールドカップ直前にUEFAチャンピオンズリーグを制したインテルの中心選手だったディエゴ・ミリート、ワルテル・サムエルをほとんど起用せず、同じくエステバン・カンビアッソやハビエル・サネッティは招集さえもしなかったため、その起用法には疑問の声もあった。ディエゴ・マラドーナ フレッシュアイペディアより)

  • ディエゴ・マラドーナ

    ディエゴ・マラドーナから見たパウロ・ロベルト・ファルカン

    第2ラウンド緒戦イタリア戦では「殺し屋」ことクラウディオ・ジェンティーレに徹底的にマークされた。続くブラジル戦では味方選手がファウルを受けた際、ジョアン・バティスタ(Joa~o Batista da Silva)の下腹部を蹴り、報復行為でレッドカードを受けた。マラドーナはブラジルの「黄金の中盤」のパス回しに翻弄されており、本当はパウロ・ロベルト・ファルカンに対して怒っていたと述べている。チームは1-3で大敗して大会を去ることになった。ディエゴ・マラドーナ フレッシュアイペディアより)

  • ディエゴ・マラドーナ

    ディエゴ・マラドーナから見たサイード・オワイラン

    砂漠のマラドーナ - サウジアラビア出身のサッカー選手、サイード・オワイランの愛称。ディエゴ・マラドーナ フレッシュアイペディアより)

  • ディエゴ・マラドーナ

    ディエゴ・マラドーナから見たサプリメント

    マラドーナは個人トレーナーがアメリカで購入した減量用サプリメント「Ripped Fuel」にハーブの一種が含まれており、そこから微量のエフェドリンが検出されたと説明し、故意の使用を否定している。ディエゴ・マラドーナ フレッシュアイペディアより)

  • ディエゴ・マラドーナ

    ディエゴ・マラドーナから見たヘタフェCF

    左利きで小柄であること、ドリブルとスピードにおいてずば抜けていること、FCバルセロナでのプレー経験があること、アルゼンチン人であること、A代表デビュー戦がハンガリー戦であることなど、リオネル・メッシとマラドーナにはいくつかの共通点がある。2007年4月18日のFCバルセロナ対ヘタフェCF戦においてリオネル・メッシがマラドーナの「5人抜き」ドリブルそっくりのプレーを見せ、メッシは「ゴールはディエゴ(マラドーナ)に捧げる」と発言したが、マラドーナは「比較は大げさすぎる。俺のゴールとは関係ない」と冷たくあしらった。同年6月9日のバルセロナ・ダービーにおいてメッシは「神の手」ゴールそっくりのプレーを見せた。ディエゴ・マラドーナ フレッシュアイペディアより)

  • ディエゴ・マラドーナ

    ディエゴ・マラドーナから見たサッカーウルグアイ代表

    就任後初となる2010 FIFAワールドカップ・南米予選のベネズエラ戦には4-0で快勝したが、4日後のボリビア戦は高地の利を得た相手に手も足も出ず、1-6で大敗してメディアからの批判を浴びた。5月の親善試合には国内組のみから選手を招集して臨み、それ以後は海外組と国内組の融合を重要視するようになった。2009年9月の南米予選ではブラジルに敗れ、アルゼンチンが長年継続してきたホームでの連続無敗記録(34戦)が途切れたため、元代表選手やファンから厳しい批判を受けた。パラグアイに敗れてついに予選の自力突破圏内(4位以内)から落ちたが、10月のペルー戦ではマルティン・パレルモのロスタイム弾で辛くも勝利し、最終節のウルグアイ戦では虎の子の1点を守り抜いて、予選4位でのFIFAワールドカップ本大会出場を決めた。ディエゴ・マラドーナ フレッシュアイペディアより)

  • ディエゴ・マラドーナ

    ディエゴ・マラドーナから見たUEFAチャンピオンズリーグ

    アルゼンチン代表監督時代にはDFラインにセンターバック4人を並べ、ボランチのハビエル・マスチェラーノと共に守備を任せた。攻撃はリオネル・メッシ、カルロス・テベス、ゴンサロ・イグアインらの個人技による局面打開を目指した。攻守分担型のスタイルは「1930年代のサッカー」とも評された。複数の戦術を使い分けるのではなく、終始一貫して攻撃的な姿勢を貫き、準々決勝・ドイツ戦では劣勢に陥った時に別策がないことを露呈した。常に選手の目線に立って物事を考えるため、選手のモチベーションを上げる人心掌握術は評価されており、選手からの信頼は厚い。ワールドカップ直前にUEFAチャンピオンズリーグを制したインテルの中心選手だったディエゴ・ミリート、ワルテル・サムエルをほとんど起用せず、同じくエステバン・カンビアッソやハビエル・サネッティは招集さえもしなかったため、その起用法には疑問の声もあった。ディエゴ・マラドーナ フレッシュアイペディアより)

  • ディエゴ・マラドーナ

    ディエゴ・マラドーナから見たFIFA U-20ワールドカップ

    FIFAワールドユース選手権最優秀選手:1回(1979)ディエゴ・マラドーナ フレッシュアイペディアより)

  • ディエゴ・マラドーナ

    ディエゴ・マラドーナから見たドーピング

    1994 FIFAワールドカップでは再びキャプテンに就任し、カニーヒアやガブリエル・バティストゥータと強力な攻撃陣を組んだ。1次リーグ緒戦のギリシャ戦では豪快なミドルシュートでワールドカップ通算8ゴール目を決め、ナイジェリア戦でも好調なプレーを見せた。しかし、試合後のドーピング検査で尿から使用禁止薬物が検出され、大会からの即時追放と15ヶ月の出場停止処分を受けた(の節を参照)。このニュースは世界中に衝撃を与え、選手としての華々しい代表経歴を閉じることになった。ディエゴ・マラドーナ フレッシュアイペディアより)

165件中 61 - 70件表示

「ディエゴ・マラドーナ」のニューストピックワード