前へ 1 2
11件中 1 - 10件表示
  • セサル

    セサルから見たディオニス・セサルディオニス・セサル

    ディオニス・セサル(ドミニカ共和国のプロ野球選手)セサル フレッシュアイペディアより)

  • 2010年の中日ドラゴンズ

    2010年の中日ドラゴンズから見たディオニス・セサルディオニス・セサル

    10月4日 - エドワード・バルデスとディオニス・セサルに戦力外通告したことを発表2010年の中日ドラゴンズ フレッシュアイペディアより)

  • 2009年の日本プロ野球

    2009年の日本プロ野球から見たディオニス・セサルディオニス・セサル

    12月12日 - 中日は新外国人選手のディオニス・セサル、エドワード・バルデスと、育成選手のカンディド・ヘスス、フォアキン・サンタマリアの獲得を発表。2009年の日本プロ野球 フレッシュアイペディアより)

  • 2010年の日本プロ野球

    2010年の日本プロ野球から見たディオニス・セサルディオニス・セサル

    10月4日 - 中日はエドワード・バルデスとディオニス・セサルに戦力外通告したことを発表2010年の日本プロ野球 フレッシュアイペディアより)

  • 強竜打線

    強竜打線から見たディオニス・セサルディオニス・セサル

    井端の途中離脱・新外国人ディオニス・セサルや主砲トニ・ブランコの不調など、貧打に苦しみ、リリーフ投手陣に助けられて球団最多となる12回のサヨナラ勝ちを記録しつつ優勝。森野・和田が打線を牽引しつづけ、若手の堂上剛裕・直倫兄弟・岩崎達郎・大島洋平らが台頭した。シーズンMVPは和田一浩。強竜打線 フレッシュアイペディアより)

  • エドワード・バルデス

    エドワード・バルデスから見たディオニス・セサルディオニス・セサル

    は8試合に登板し1勝3敗の成績にとどまった。10月3日、ディオニス・セサルと共に来年度契約を結ばないことを球団側が発表。10月12日、自由契約選手公示された。エドワード・バルデス フレッシュアイペディアより)

  • 藤井淳志

    藤井淳志から見たディオニス・セサルディオニス・セサル

    は、ディオニス・セサル、大島洋平、野本圭、堂上剛裕らによる厳しいポジション争奪戦になったが、夏以降にはスタメンの機会が増えた。8月21日ヤクルト戦(ナゴヤドーム)では6番ライト、2打数1安打1四球で決勝のホームを踏み、守備では2補殺と6回畠山の打球を全力で走り好補し守備でも大活躍でお立ち台に上がった。しかし、飛躍した前年に比べ、出場機会は減り、大きく成績を落とした。日本シリーズでは最後の打者となった。藤井淳志 フレッシュアイペディアより)

  • 9月27日

    9月27日から見たディオニス・セサルディオニス・セサル

    1976年 - ディオニス・セサル、プロ野球選手9月27日 フレッシュアイペディアより)

  • 1976年

    1976年から見たディオニス・セサルディオニス・セサル

    9月27日 - ディオニス・セサル、プロ野球選手1976年 フレッシュアイペディアより)

  • 迪欧

    迪欧から見たディオニス・セサルディオニス・セサル

    迪欧 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2
11件中 1 - 10件表示