36件中 11 - 20件表示
  • ディオニス・セサル

    ディオニス・セサルから見た中日ドラゴンズ

    2009年11月、ドミニカのウィンターリーグ期間中に中日ドラゴンズが行った入団テストに参加した際の動きが森繁和ヘッドコーチの目に留まり、同年12月11日に中日と契約を結んだ。年俸は25万ドル。ディオニス・セサル フレッシュアイペディアより)

  • ディオニス・セサル

    ディオニス・セサルから見たオークランド・アスレチックス

    18歳でアメリカ合衆国に渡り、マイナーリーグやメキシカンリーグでプレー。当時はオークランド・アスレチックス、ミルウォーキー・ブルワーズ、シンシナティ・レッズ、モントリオール・エクスポズ、シカゴ・ホワイトソックス等の傘下チームを転々としたが、メジャー昇格は一度もなく3Aが最高。ディオニス・セサル フレッシュアイペディアより)

  • ディオニス・セサル

    ディオニス・セサルから見たモントリオール・エクスポズ

    18歳でアメリカ合衆国に渡り、マイナーリーグやメキシカンリーグでプレー。当時はオークランド・アスレチックス、ミルウォーキー・ブルワーズ、シンシナティ・レッズ、モントリオール・エクスポズ、シカゴ・ホワイトソックス等の傘下チームを転々としたが、メジャー昇格は一度もなく3Aが最高。ディオニス・セサル フレッシュアイペディアより)

  • ディオニス・セサル

    ディオニス・セサルから見たシンシナティ・レッズ

    18歳でアメリカ合衆国に渡り、マイナーリーグやメキシカンリーグでプレー。当時はオークランド・アスレチックス、ミルウォーキー・ブルワーズ、シンシナティ・レッズ、モントリオール・エクスポズ、シカゴ・ホワイトソックス等の傘下チームを転々としたが、メジャー昇格は一度もなく3Aが最高。ディオニス・セサル フレッシュアイペディアより)

  • ディオニス・セサル

    ディオニス・セサルから見たシカゴ・ホワイトソックス

    18歳でアメリカ合衆国に渡り、マイナーリーグやメキシカンリーグでプレー。当時はオークランド・アスレチックス、ミルウォーキー・ブルワーズ、シンシナティ・レッズ、モントリオール・エクスポズ、シカゴ・ホワイトソックス等の傘下チームを転々としたが、メジャー昇格は一度もなく3Aが最高。ディオニス・セサル フレッシュアイペディアより)

  • ディオニス・セサル

    ディオニス・セサルから見たオリックス・バファローズ

    のオープン戦は不振(規定打席に到達した者の中では最低打率の.119)だったが、3月28日の対広島戦でサヨナラ安打を放つ(ただし、その試合では一時期相手側の勝ち越しにつながるエラーを犯している)。しかし、好機で打てず、失策も多数犯すといった試合が続いたため、4月25日に二軍に降格した。この事について育成コーチのトマス・デラロサは「ブランコもセサルも能力は高いが、ブランコはナイターの試合後でも2時間の練習をする。その姿勢を見習うべきだ」と苦言を呈している。その後、二軍で結果が出ないながらも5月13日に再昇格を果たし、6月2日の対オリックス戦では、1試合4安打を果たすなど、ようやく日本の野球に慣れてきたかに見えた。しかし、6月4日の対ロッテ戦の守備中に、捕球範囲の飛球を追い越して落球した後、さらにフェンスに激突して負傷し、戦列を離れた。7月3日に再昇格。しかし、7月19日の対横浜戦で、無死二・三塁の場面で見逃し三振、さらに平凡な飛球を落球し、この試合を最後に二軍降格した。その後二軍でも不振だったが、8月26日に昇格を果たした。しかし、またしても全く打てなかったため、8月29日に登録抹消された。ディオニス・セサル フレッシュアイペディアより)

  • ディオニス・セサル

    ディオニス・セサルから見た東京ヤクルトスワローズ

    初本塁打:2010年3月31日、対東京ヤクルトスワローズ2回戦(明治神宮野球場)、3回表に館山昌平から右越ソロディオニス・セサル フレッシュアイペディアより)

  • ディオニス・セサル

    ディオニス・セサルから見たマイナーリーグ

    18歳でアメリカ合衆国に渡り、マイナーリーグやメキシカンリーグでプレー。当時はオークランド・アスレチックス、ミルウォーキー・ブルワーズ、シンシナティ・レッズ、モントリオール・エクスポズ、シカゴ・ホワイトソックス等の傘下チームを転々としたが、メジャー昇格は一度もなく3Aが最高。ディオニス・セサル フレッシュアイペディアより)

  • ディオニス・セサル

    ディオニス・セサルから見た千葉ロッテマリーンズ

    のオープン戦は不振(規定打席に到達した者の中では最低打率の.119)だったが、3月28日の対広島戦でサヨナラ安打を放つ(ただし、その試合では一時期相手側の勝ち越しにつながるエラーを犯している)。しかし、好機で打てず、失策も多数犯すといった試合が続いたため、4月25日に二軍に降格した。この事について育成コーチのトマス・デラロサは「ブランコもセサルも能力は高いが、ブランコはナイターの試合後でも2時間の練習をする。その姿勢を見習うべきだ」と苦言を呈している。その後、二軍で結果が出ないながらも5月13日に再昇格を果たし、6月2日の対オリックス戦では、1試合4安打を果たすなど、ようやく日本の野球に慣れてきたかに見えた。しかし、6月4日の対ロッテ戦の守備中に、捕球範囲の飛球を追い越して落球した後、さらにフェンスに激突して負傷し、戦列を離れた。7月3日に再昇格。しかし、7月19日の対横浜戦で、無死二・三塁の場面で見逃し三振、さらに平凡な飛球を落球し、この試合を最後に二軍降格した。その後二軍でも不振だったが、8月26日に昇格を果たした。しかし、またしても全く打てなかったため、8月29日に登録抹消された。ディオニス・セサル フレッシュアイペディアより)

  • ディオニス・セサル

    ディオニス・セサルから見たウィンターリーグ

    2009年11月、ドミニカのウィンターリーグ期間中に中日ドラゴンズが行った入団テストに参加した際の動きが森繁和ヘッドコーチの目に留まり、同年12月11日に中日と契約を結んだ。年俸は25万ドル。ディオニス・セサル フレッシュアイペディアより)

36件中 11 - 20件表示

「ディオニス・セサル」のニューストピックワード