36件中 21 - 30件表示
  • ディオニス・セサル

    ディオニス・セサルから見たナゴヤドーム

    初出場・初先発出場:2010年3月26日、対広島東洋カープ1回戦(ナゴヤドーム)、2番・二塁手として先発出場ディオニス・セサル フレッシュアイペディアより)

  • ディオニス・セサル

    ディオニス・セサルから見たメキシカンリーグ

    18歳でアメリカ合衆国に渡り、マイナーリーグやメキシカンリーグでプレー。当時はオークランド・アスレチックス、ミルウォーキー・ブルワーズ、シンシナティ・レッズ、モントリオール・エクスポズ、シカゴ・ホワイトソックス等の傘下チームを転々としたが、メジャー昇格は一度もなく3Aが最高。ディオニス・セサル フレッシュアイペディアより)

  • ディオニス・セサル

    ディオニス・セサルから見た中信ホエールズ

    に退団したネルソン・カストロに代わって台湾の中信ホエールズに在籍。「」の登録名で28試合に出場し、打率.307、本塁打1本の記録を残した。ディオニス・セサル フレッシュアイペディアより)

  • ディオニス・セサル

    ディオニス・セサルから見たミルウォーキー・ブルワーズ

    18歳でアメリカ合衆国に渡り、マイナーリーグやメキシカンリーグでプレー。当時はオークランド・アスレチックス、ミルウォーキー・ブルワーズ、シンシナティ・レッズ、モントリオール・エクスポズ、シカゴ・ホワイトソックス等の傘下チームを転々としたが、メジャー昇格は一度もなく3Aが最高。ディオニス・セサル フレッシュアイペディアより)

  • ディオニス・セサル

    ディオニス・セサルから見た独立リーグ

    にメキシカンリーグに戻り、アメリカ独立リーグへの移籍も重ねてまでプレーしていた。メキシコ行きの理由は金銭的な事情による物。子供が出来て家族を養う必要性が生じ、マイナーリーグの安い給料では生活に困窮するのに対し、本人曰く「メキシコでは月に18000ドルもらえるため、夏季リーグ5か月間・冬季リーグ3か月間で年間で15万ドル弱稼げる」ことからメキシコへと拠点を移したという。2009年メキシカンリーグで打率3割8分で首位打者を獲得。40盗塁を記録し盗塁王に輝きMVPにも選ばれた。ディオニス・セサル フレッシュアイペディアより)

  • ディオニス・セサル

    ディオニス・セサルから見た明治神宮野球場

    初本塁打:2010年3月31日、対東京ヤクルトスワローズ2回戦(明治神宮野球場)、3回表に館山昌平から右越ソロディオニス・セサル フレッシュアイペディアより)

  • ディオニス・セサル

    ディオニス・セサルから見た投手

    入団当初は捕手と投手以外のポジションはすべて守れるユーティリティープレーヤーであるという触れ込みであった。しかし、実際の試合では拙守が目立ち(特に本職でないセカンドの守備では開幕戦で2つもエラーを犯したため、早期に外野に回された)、打球処理を誤ることや、平凡な飛球を落球することも多かった。肩はあまり強くない。俊足ではあるが、盗塁成功率は低く、元より盗塁の企図自体が少ない。また長打がない割りに三振が多く、2010年シーズンは安打数よりも三振数のほうが上回っている。ディオニス・セサル フレッシュアイペディアより)

  • ディオニス・セサル

    ディオニス・セサルから見たプロ野球選手

    ディオニス・アレハンドロ・セサル(Dionys Alejandro Cesar、1976年9月27日 - )は、ドミニカ共和国出身のプロ野球選手(外野手、内野手)。ディオニス・セサル フレッシュアイペディアより)

  • ディオニス・セサル

    ディオニス・セサルから見たアメリカ合衆国

    18歳でアメリカ合衆国に渡り、マイナーリーグやメキシカンリーグでプレー。当時はオークランド・アスレチックス、ミルウォーキー・ブルワーズ、シンシナティ・レッズ、モントリオール・エクスポズ、シカゴ・ホワイトソックス等の傘下チームを転々としたが、メジャー昇格は一度もなく3Aが最高。ディオニス・セサル フレッシュアイペディアより)

  • ディオニス・セサル

    ディオニス・セサルから見た内野手

    ディオニス・アレハンドロ・セサル(Dionys Alejandro Cesar、1976年9月27日 - )は、ドミニカ共和国出身のプロ野球選手(外野手、内野手)。ディオニス・セサル フレッシュアイペディアより)

36件中 21 - 30件表示

「ディオニス・セサル」のニューストピックワード