前へ 1 2 3 4
37件中 1 - 10件表示
  • 2006 ワールド・ベースボール・クラシック・キューバ代表

    2006 ワールド・ベースボール・クラシック・キューバ代表から見たディッキー・ゴンザレスディッキー・ゴンザレス

    勝:ディッキー・ゴンザレス(1勝) 敗:ルイス・ボロト(1敗)2006 ワールド・ベースボール・クラシック・キューバ代表 フレッシュアイペディアより)

  • 二岡智宏

    二岡智宏から見たディッキー・ゴンザレスディッキー・ゴンザレス

    4月15日から4月18日、5月16日から5月22日、5月29日から6月2日までと4番遊撃手・三塁手・指名打者で出場した。5月19日の巨人戦(札幌ドーム)でディッキー・ゴンザレスから本塁打を打ったことで、セ・パ12球団全てからの本塁打を記録した。また、2年連続指名打者枠でオールスターゲームに出場した。シーズン10月19日に痛めていた、右ひじの手術を行った。二岡智宏 フレッシュアイペディアより)

  • 読売ジャイアンツ

    読売ジャイアンツから見たディッキー・ゴンザレスディッキー・ゴンザレス

    オープン戦から主力選手の故障、台頭した坂本勇人を除いた若手の伸び悩み等でなかなか満足な試合運びができず、黒星を重ねていった。ペナントレース開幕直後もチームはオープン戦の不調を引きずり、開幕戦となる3月28日のヤクルト戦(神宮球場)から4月2日の中日戦(東京ドーム)まで、球団ワースト記録となる開幕5連敗を喫した。開幕戦で4番打者を務めた李承燁、昨年のクローザーから先発に復帰した上原が共に不調で二軍降格するなど戦力が揃わず開幕ダッシュに失敗した。だが、交流戦あたりから調子を上げはじめ、若手の積極的な起用策が功を奏したのに加え、オガラミ弾と呼ばれる3番・小笠原と4番・ラミレスのアベックホームランが7月8日に阪神に敗れて以降最終戦までの66試合で11試合も記録し、7月9日から最終戦までのホームランが100本と198本のホームランにモノを言わせた強力打線でパ・リーグを制した埼玉西武ライオンズをも凌ぐ破壊力とリーグ2位の78盗塁を記録する機動力野球を武器に後半戦も順調に勝ち星を重ね、7連勝中の9月19日から首位阪神に3連勝、最終的に球団32年ぶりの12連勝を記録する等猛追し、同率で迎えた10月8日の最終直接対決で勝利し単独首位に立ち、10日に接戦の末にセ・リーグ記録となる最大13ゲーム差からの逆転優勝を果たし、1989年 - 1990年以来となるリーグ2連覇を達成した。11.5ゲーム差を逆転し「メークドラマ」と呼ばれた1996年の優勝時以上の大差を逆転したことから、マスコミ等は、「メークレジェンド」と呼んだ。クライマックスシリーズでは、第2ステージで昨年ストレートで敗れた中日と対戦、アドバンテージの1勝を含む3勝1敗1分で勝ち抜けし、2002年以来の日本シリーズへの出場を決めるが、3勝4敗で渡辺久信監督率いる埼玉西武に敗れた。日本シリーズ後上原がFA宣言してメジャーリーグ・ボルティモアオリオールズへ移籍し、トレードで日本ハムからマイケル中村・工藤隆人を獲得したが、その2人との交換トレードで坂本の台頭や足の故障、スキャンダルで出番が激減した二岡・林昌範が移籍した。また清水が金銭トレードで西武へ移籍し第2次長嶋政権時代から主力として支えてきた生え抜き選手が形は違えど相次いでチームを去る形になった。なおヤクルトを自由契約になったディッキー・ゴンザレスを獲得した。読売ジャイアンツ フレッシュアイペディアより)

  • ディッキー・アンヘル・ゴンザレス

    ディッキー・アンヘル・ゴンザレスから見たディッキー・ゴンザレスディッキー・ゴンザレス

    ディッキー・アンヘル・ゴンザレス フレッシュアイペディアより)

  • プエルトリコのスポーツ

    プエルトリコのスポーツから見たディッキー・ゴンザレスディッキー・ゴンザレス

    日本プロ野球でプレーした選手には横浜大洋ホエールズに所属したフェリックス・ミヤーン、カルロス・ポンセ、中日ドラゴンズに所属したレオ・ゴメス、福岡ダイエーホークスに所属したトニー・バナザード、ペドロ・バルデス、読売ジャイアンツのディッキー・ゴンザレス、埼玉西武ライオンズに所属したヒラム・ボカチカなどがいる。プエルトリコのスポーツ フレッシュアイペディアより)

  • エイドリアン・バーンサイド

    エイドリアン・バーンサイドから見たディッキー・ゴンザレスディッキー・ゴンザレス

    、シーズン開幕前の第2回WBCも、代表選出を辞退。巨人に専念して開幕を迎えたが、このシーズンはグライシンガー、クルーンに加え、ディッキー・ゴンザレス、ウィルフィン・オビスポの両外国人投手が戦力として台頭。投手に与えられた最大3つの外国人枠をこの4人が争う中、二軍でも防御率4点台と結果を残せなかったバーンサイドは完全に競争からはじき出されて一軍登板なしに終わり、構想外となって帰国、退団が決定した。エイドリアン・バーンサイド フレッシュアイペディアより)

  • 2009年の読売ジャイアンツ

    2009年の読売ジャイアンツから見たディッキー・ゴンザレスディッキー・ゴンザレス

    1月13日 - 前東京ヤクルトスワローズのディッキー・ゴンザレスとの契約合意を発表、駐米スカウトに元ロッテなどのネート・ミンチーの就任も発表。2009年の読売ジャイアンツ フレッシュアイペディアより)

  • 2013年の千葉ロッテマリーンズ

    2013年の千葉ロッテマリーンズから見たディッキー・ゴンザレスディッキー・ゴンザレス

    10月3日 - 吉見祐治、橋本健太郎、山本徹矢、山室公志郎、青野毅、工藤隆人に戦力外通告したことを発表。またディッキー・ゴンザレス、ジョシュ・ホワイトセルと来季の契約を結ばない事も発表2013年の千葉ロッテマリーンズ フレッシュアイペディアより)

  • ゴールデングラブ賞

    ゴールデングラブ賞から見たディッキー・ゴンザレスディッキー・ゴンザレス

    セ・リーグ 投手部門:2003年まで32年間(延べ33人)中30人(90.9%)が受賞時点で巨人に所属、もしくは過去に所属していた選手。この間、巨人への所属経験のない投手が受賞したのは1986年の北別府学(広島)、1993年の今中慎二(巨人・桑田との同時受賞)、2001年の野口茂樹(いずれも中日)のみ。ちなみに野口は2005年シーズンオフにFA権を行使して巨人に移籍している。2004年以降、巨人に所属、もしくは過去に所属していた選手の受賞はディッキー・ゴンザレスと菅野智之のみ。ゴールデングラブ賞 フレッシュアイペディアより)

  • 2009年の日本プロ野球

    2009年の日本プロ野球から見たディッキー・ゴンザレスディッキー・ゴンザレス

    1月13日 - 巨人は前東京ヤクルトスワローズのディッキー・ゴンザレスとの契約合意を発表、駐米スカウトに元ロッテなどのネート・ミンチーの就任も発表。2009年の日本プロ野球 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4
37件中 1 - 10件表示