37件中 11 - 20件表示
  • 2013年の日本プロ野球

    2013年の日本プロ野球から見たディッキー・ゴンザレスディッキー・ゴンザレス

    10月3日 - ロッテは吉見祐治、橋本健太郎、山本徹矢、山室公志郎、青野毅、工藤隆人に戦力外通告したことを発表。またディッキー・ゴンザレス、ジョシュ・ホワイトセルと来季の契約を結ばない事も発表2013年の日本プロ野球 フレッシュアイペディアより)

  • ブライアン・ラヘア

    ブライアン・ラヘアから見たディッキー・ゴンザレスディッキー・ゴンザレス

    初盗塁:2013年4月14日、対千葉ロッテマリーンズ3回戦(福岡 ヤフオク!ドーム)、4回裏に二盗(投手:ディッキー・ゴンザレス、捕手:川本良平)ブライアン・ラヘア フレッシュアイペディアより)

  • 2006 ワールド・ベースボール・クラシック・プエルトリコ代表

    2006 ワールド・ベースボール・クラシック・プエルトリコ代表から見たディッキー・ゴンザレスディッキー・ゴンザレス

    勝:オルマリ・ロメロ(2勝) S:ビショアンドリ・オデリン(2敗1S) 敗:ディッキー・ゴンザレス(1勝1敗)2006 ワールド・ベースボール・クラシック・プエルトリコ代表 フレッシュアイペディアより)

  • 1978年のスポーツ

    1978年のスポーツから見たディッキー・ゴンザレスディッキー・ゴンザレス

    12月21日 - ディッキー・ゴンザレス(プエルトリコ、野球)1978年のスポーツ フレッシュアイペディアより)

  • マーク・クルーン

    マーク・クルーンから見たディッキー・ゴンザレスディッキー・ゴンザレス

    は夏場に故障で離脱した他、被本塁打が5本、自責点が24点と、いずれも前年より大幅に増加するなど、打ち込まれる試合が増えた。7月18日の対横浜戦では、3打席連続四球後にブレット・ハーパーに逆転サヨナラ満塁本塁打を浴びるなど、自身の乱調により星を落とす試合が目立つようになった。8月18日にナゴヤドームでの試合前練習中、「つばを吐きかけられた」とファンに対して激怒するトラブルがあった。9月に入ると、セーブが付く最終回で乱調になると途中降板し、山口鉄也や越智大祐などのセットアッパーがクローザーを務める試合も多くなった。シーズン最終戦の10月8日の対ヤクルト戦では勝てば2位・敗れば3位となり、4-3での9回表に登板するが、2死から畠山和洋に同点適時打を浴びると、10回表には失策と四球で2走者を出塁させて降板。その後を受けた高木康成が川本良平に決勝3ランを浴びて敗戦、シーズン3位に終わった。最終的には25セーブを挙げたものの、防御率は4点台と大幅に悪化してシーズンを終えた。度重なる救援失敗からクライマックスシリーズではファーストステージではチームはストレートの2連勝でファイナルステージに進出したが、抑えは山口鉄也に譲った。さらにファイナルステージでは初戦と第4戦に中継ぎとして登板した。いずれも無失点だったが、同ステージ唯一の勝ち試合である第3戦もセーブ機会だったが登板はなかった。結局、この年の巨人は打線は文句なしの成績を挙げたが投手陣が不振で、先発投手では13勝を挙げたものの後半打ち込まれた東野峻、同様に後半不振で一時中継ぎ降格となった内海哲也、前年15勝のディッキー・ゴンザレスは体重増加で5勝止まりで、先発投手の崩壊やクルーン自身の度重なる救援失敗で勝ち試合を落とす等、リーグ4連覇を逃すと同時に日本シリーズ進出も逃した。衰えが見えたこともあり、巨人は翌シーズン以降の契約は更新しない事を通告。この年限りで退団した。マーク・クルーン フレッシュアイペディアより)

  • 2009年のオールスターゲーム (日本プロ野球)

    2009年のオールスターゲーム (日本プロ野球)から見たディッキー・ゴンザレスディッキー・ゴンザレス

    セ:ゴンザレス(巨人)、館山(ヤクルト)、山口(巨人)、川井(中日)、三浦(横浜)○ - 阿部(巨人)、相川(ヤクルト)、石原(広島)2009年のオールスターゲーム (日本プロ野球) フレッシュアイペディアより)

  • エドガー・ゴンザレス (内野手)

    エドガー・ゴンザレス (内野手)から見たディッキー・ゴンザレスディッキー・ゴンザレス

    1月8日、年俸5,000万円の1年契約で読売ジャイアンツの入団が発表された。背番号は「38」。同姓のディッキー・ゴンザレスが在籍しているため、登録名は「E・ゴンザレス」、背ネームは「E.GONZALEZ」、スコアボードの表記及び呼称は「エドガー」となった。なお、巨人では5人目の「ゴンザレス」姓の外国人選手である。巨人は原辰徳が監督に復帰した以降二塁手を固定できておらず、2009年も当初二塁手で起用する予定だったエドガルド・アルフォンゾが開幕戦で二塁手失格の烙印を押されたため、以後は脇谷亮太、木村拓也、寺内崇幸、古城茂幸らが交代で起用されていた。このようなチーム事情から、巨人は二塁手のレギュラーとなることを期待してエドガーにオファーを出し、エイドリアンの「ステップアップのために日本に行ってもいいのでは」という勧めもあって、エドガーは巨人入りを決断している。エドガー・ゴンザレス (内野手) フレッシュアイペディアより)

  • ブルース・チェン

    ブルース・チェンから見たディッキー・ゴンザレスディッキー・ゴンザレス

    2002年4月5日にフィル・セイベルおよびマット・ワトソン、スコット・ストリックランドとのトレードで、後日発表選手とともにモントリオール・エクスポズへ移籍(後日発表選手は、ソール・リベラ、ディッキー・ゴンザレス、ルイス・フィゲロア)。移籍後は15試合に登板(先発は5度の登板)し、2勝3敗・防御率6.99だった。ブルース・チェン フレッシュアイペディアより)

  • 12月21日

    12月21日から見たディッキー・ゴンザレスディッキー・ゴンザレス

    1978年 - ディッキー・ゴンザレス、プロ野球選手12月21日 フレッシュアイペディアより)

  • プエルトリコ

    プエルトリコから見たディッキー・ゴンザレスディッキー・ゴンザレス

    ディッキー・ゴンザレス(元ヤクルトスワローズ→東京ヤクルトスワローズ、元読売ジャイアンツ、千葉ロッテマリーンズ)プエルトリコ フレッシュアイペディアより)

37件中 11 - 20件表示