32件中 21 - 30件表示
  • 12月21日

    12月21日から見たディッキー・ゴンザレスディッキー・ゴンザレス

    1978年 - ディッキー・ゴンザレス、プロ野球選手12月21日 フレッシュアイペディアより)

  • 大家友和

    大家友和から見たディッキー・ゴンザレスディッキー・ゴンザレス

    初安打:2010年6月25日、対読売ジャイアンツ8回戦(東京ドーム)、3回表にディッキー・ゴンザレスから中前安打大家友和 フレッシュアイペディアより)

  • プエルトリコ

    プエルトリコから見たディッキー・ゴンザレスディッキー・ゴンザレス

    ディッキー・ゴンザレス(元ヤクルトスワローズ→東京ヤクルトスワローズ、元読売ジャイアンツ、千葉ロッテマリーンズ)プエルトリコ フレッシュアイペディアより)

  • 伊藤隼太

    伊藤隼太から見たディッキー・ゴンザレスディッキー・ゴンザレス

    初安打:2012年7月17日、対読売ジャイアンツ14回戦(阪神甲子園球場)、5回裏にディッキー・ゴンザレスから右前安打伊藤隼太 フレッシュアイペディアより)

  • ブルース・チェン

    ブルース・チェンから見たディッキー・ゴンザレスディッキー・ゴンザレス

    4月5日に、フィル・セイベルおよびマット・ワトソン、スコット・ストリックランドとのトレードで、他3選手と共にモントリオール・エクスポズへ移籍(他3選手は、サウル・リベラ、ディッキー・ゴンザレス、ルイス・フィゲロア)。ブルース・チェン フレッシュアイペディアより)

  • アレックス・ラミレス

    アレックス・ラミレスから見たディッキー・ゴンザレスディッキー・ゴンザレス

    日米通算2000本安打:2012年7月5日、対読売ジャイアンツ8回戦(横浜スタジアム)、5回裏にディッキー・ゴンザレスから右中間二塁打アレックス・ラミレス フレッシュアイペディアより)

  • 東京ヤクルトスワローズ

    東京ヤクルトスワローズから見たディッキー・ゴンザレスディッキー・ゴンザレス

    五十嵐、石井弘寿の「ロケットボーイズ」が手術の影響でシーズンを棒に振ったのを皮切りに、ディッキー・ゴンザレス、アダム・リグス、高津臣吾などの主力級が次々と離脱、まったく戦力が整わなかった。最終的に青木宣親が首位打者、アレックス・ラミレスが打点王、セス・グライシンガーが最多勝投手になるが、シーズン143試合目で1986年以来21年ぶりの最下位を確定させてしまう。8月から、東京のUHF、東京メトロポリタンTV(TOKYO MX)で2007年度初のテレビ中継が開始。以前から年間数試合は中継があったが、近年は1試合も中継が無い年もあった。9月、古田の現役引退・退団が発表された。なお、伊東昭光も辞意を表明したため、チーム最年長コーチの八重樫幸雄がヘッドコーチ代理を兼任していた。後任監督は高田繁、1軍投手コーチに荒木大輔がヤクルトに復帰した。一方選手では、打点王のラミレスとこの年16勝を挙げたグライシンガーが巨人へ、石井一久がFAで西武へ移籍した。年明けには藤井秀悟を交換要員とする3対3のトレードを日本ハムと行った。東京ヤクルトスワローズ フレッシュアイペディアより)

  • ルイス・ゴンザレス (内野手)

    ルイス・ゴンザレス (内野手)から見たディッキー・ゴンザレスディッキー・ゴンザレス

    1991年から1992年開幕直後までデニー・ゴンザレスが在籍しており、愛称も「ゴンちゃん」だった。2009年からはディッキー・ゴンザレスが加入し、背番号49を背負う。ルイス・ゴンザレス (内野手) フレッシュアイペディアより)

  • 大竹寛

    大竹寛から見たディッキー・ゴンザレスディッキー・ゴンザレス

    は、変化球でカウントを整えられない弱点を克服するため、新球としてチェンジアップを習得。これが見事にはまって、かねてからの課題だった走者を背負ってからの投球でも大崩れすることがなくなり、開幕から抜群の安定感を見せた。また帽子のつばに書いた言葉をピンチの場面で読むなど精神面での制御法を見つけ、ピンチでも落ち着いた投球が出来るようになった。4月28日の巨人戦初回から5月31日の楽天戦6回途中までは、佐々岡真司の持つ30イニング連続無失点の球団記録を大幅に更新し、セ・リーグ歴代6位となる43イニング連続無失点を記録。5月は月間4勝0敗、防御率0.51の成績で、自身初となる月間MVPを受賞した。この月は、月間5勝0敗、防御率1.56という甲乙つけ難い成績を残した巨人のディッキー・ゴンザレスとの同時受賞となったが、これは月間MVPが投手野手一括選考だった1986年以来23年ぶり2度目、投手だけで選考されるようになってからは初の月間MVP2人同時受賞となった。オールスターではファン投票・選手間投票ともに圧倒的な1位で選出され、地元広島で開催された第2戦で先発を果たした。後半戦は好投するも勝ち星が伸びなかったが、10月10日のチーム最終戦(緒方孝市の引退試合)をプロ入り初の無四球完封で締め、4年ぶりに10勝に到達。試合時間はわずか1時間52分で、セ・リーグでは1999年7月4日の巨人対横浜戦(試合は上原浩治が完投勝利)以来およそ10年ぶりに試合時間が2時間を切った。防御率は自己最高の2.81を記録した。大竹寛 フレッシュアイペディアより)

  • オーランド・ロマン

    オーランド・ロマンから見たディッキー・ゴンザレスディッキー・ゴンザレス

    同じプエルトリコ出身のディッキー・ゴンザレスとは幼馴染であり、幼少期は実家が近所であった。オーランド・ロマン フレッシュアイペディアより)

32件中 21 - 30件表示

「ディッキー・ゴンザレス」のニューストピックワード