75件中 11 - 20件表示
  • ディッキー・ゴンザレス

    ディッキー・ゴンザレスから見た鳥谷敬

    初奪三振:同上、8回表に鳥谷敬からディッキー・ゴンザレス フレッシュアイペディアより)

  • ディッキー・ゴンザレス

    ディッキー・ゴンザレスから見たジェレミー・ゴンザレス

    2009年シーズンより読売ジャイアンツに移籍。同球団の「ゴンザレス」姓の選手としては、デニー・ゴンザレス(1991年 - 1992年在籍)、ジェレミー・ゴンザレス(2007年在籍、登録名は「GG」)、ルイス・ゴンザレス(2007年 - 2008年在籍)に次ぐ4人目となった。その後、2010年に5人目のゴンザレス、エドガー・ゴンザレスが加入。それに伴い同選手のスコアボード上表記は「エドガー」、背ネームは(E.GONZALEZ)となったが、ディッキーは「ゴンザレス」のまま変更されなかった。ディッキー・ゴンザレス フレッシュアイペディアより)

  • ディッキー・ゴンザレス

    ディッキー・ゴンザレスから見た新庄剛志

    のMLBドラフトにおいて16巡目・全体468位でニューヨーク・メッツに指名され、プエルトリコのアドルフィナ・イリサリー高校から入団する。入団後はマイナーリーグで経験を積み、2001年にMLBで初登板を果たす。なお、当時のメッツの同僚に新庄剛志がおり、この出会いが後の日本球界挑戦に影響を与えたことを来日後の会見で語っている。ディッキー・ゴンザレス フレッシュアイペディアより)

  • ディッキー・ゴンザレス

    ディッキー・ゴンザレスから見た東京ヤクルトスワローズ

    1月13日、読売ジャイアンツが1年契約での獲得を発表した。外国人枠の関係で開幕を2軍で迎えるが、この間に2軍投手コーチ小谷正勝の指導でチェンジアップを習得。不振のエドガルド・アルフォンゾと入れ替わる形で5月に1軍昇格すると、5月3日の阪神戦で移籍後初勝利。そこから5連勝、34イニング連続無四球という抜群の安定感を見せ、すぐにローテーションの軸となる。しかし、右肘靭帯手術という経歴を考慮し、どんなに好投しても100球前後で降板していた。5月は5勝0敗・防御率1.56の成績で、自身初の月間MVPを広島の大竹寛と同時受賞した。6月5日の対日本ハム戦で開幕からの連勝を6に伸ばし、沢村栄治の球団記録とレオ・カイリーの外国人投手記録に並んだ。なお、6月26日の対ヤクルト戦に先発した際には、尊敬してきたマイケル・ジャクソンの急逝報道の当日であったため、登場のテーマソングをジャクソンの「スリラー」に変更した。前半戦の活躍が評価され、オールスターゲームに監督推薦で初選出され、札幌ドームで行われた第1戦の先発投手を務めた。8月11日の広島戦(マツダスタジアム)で自身初のシーズン10勝目をマーク。その後も安定したピッチングを続け、シーズン終盤まで吉見一起(中日)、館山昌平(ヤクルト)と最多勝を争いを繰り広げた。最多勝こそ逃したが、最終的にチームトップとなる15勝(2敗)、防御率2.11の成績を残した。シーズンを通じて大崩れした試合はほとんどなく、自責点が5以上だった試合は1度も無かった。中日とのCSファイナルステージ第1戦では先発を任されたが初回に5失点するなど不調で敗戦投手となるもチームがそこから3連勝して日本シリーズに進出した。そして日本ハムとの日本シリーズでは第1戦に先発して勝利投手となり、第5戦でも勝利投手にこそならなかったが好投を見せ、第6戦にチームは勝利して日本一を達成し、優秀選手賞を受賞。リーグ優勝・日本一に大きく貢献した。ディッキー・ゴンザレス フレッシュアイペディアより)

  • ディッキー・ゴンザレス

    ディッキー・ゴンザレスから見た中日ドラゴンズ

    1月13日、読売ジャイアンツが1年契約での獲得を発表した。外国人枠の関係で開幕を2軍で迎えるが、この間に2軍投手コーチ小谷正勝の指導でチェンジアップを習得。不振のエドガルド・アルフォンゾと入れ替わる形で5月に1軍昇格すると、5月3日の阪神戦で移籍後初勝利。そこから5連勝、34イニング連続無四球という抜群の安定感を見せ、すぐにローテーションの軸となる。しかし、右肘靭帯手術という経歴を考慮し、どんなに好投しても100球前後で降板していた。5月は5勝0敗・防御率1.56の成績で、自身初の月間MVPを広島の大竹寛と同時受賞した。6月5日の対日本ハム戦で開幕からの連勝を6に伸ばし、沢村栄治の球団記録とレオ・カイリーの外国人投手記録に並んだ。なお、6月26日の対ヤクルト戦に先発した際には、尊敬してきたマイケル・ジャクソンの急逝報道の当日であったため、登場のテーマソングをジャクソンの「スリラー」に変更した。前半戦の活躍が評価され、オールスターゲームに監督推薦で初選出され、札幌ドームで行われた第1戦の先発投手を務めた。8月11日の広島戦(マツダスタジアム)で自身初のシーズン10勝目をマーク。その後も安定したピッチングを続け、シーズン終盤まで吉見一起(中日)、館山昌平(ヤクルト)と最多勝を争いを繰り広げた。最多勝こそ逃したが、最終的にチームトップとなる15勝(2敗)、防御率2.11の成績を残した。シーズンを通じて大崩れした試合はほとんどなく、自責点が5以上だった試合は1度も無かった。中日とのCSファイナルステージ第1戦では先発を任されたが初回に5失点するなど不調で敗戦投手となるもチームがそこから3連勝して日本シリーズに進出した。そして日本ハムとの日本シリーズでは第1戦に先発して勝利投手となり、第5戦でも勝利投手にこそならなかったが好投を見せ、第6戦にチームは勝利して日本一を達成し、優秀選手賞を受賞。リーグ優勝・日本一に大きく貢献した。ディッキー・ゴンザレス フレッシュアイペディアより)

  • ディッキー・ゴンザレス

    ディッキー・ゴンザレスから見たゴールデングラブ賞

    元は遊撃手ということもあり、打撃の良い投手でもある。2009年シーズンは打率.260、6打点を記録した。また、ずんぐりした体型に見合わず、バント失敗のボールを捕手や一塁手が二、三塁に投げる際、瞬時にしゃがむなど俊敏な動きも見せる。2009年シーズンには投手としてゴールデングラブ賞も受賞。ディッキー・ゴンザレス フレッシュアイペディアより)

  • ディッキー・ゴンザレス

    ディッキー・ゴンザレスから見たリック・ガトームソン

    は開幕前に行われた第1回WBCにプエルトリコ代表として出場した。また、来日以来怪我で離脱などの不運が続いていたことから背番号を42から78へ変更した。ガトームソンと併用され、主に10日おきの登板ながらも安定した活躍を見せた。オフの契約更改ではガトームソンがこの起用法に不満を訴えて移籍したのに対し、ゴンザレスは残留を希望。翌シーズンもヤクルトでプレーすることになった。ディッキー・ゴンザレス フレッシュアイペディアより)

  • ディッキー・ゴンザレス

    ディッキー・ゴンザレスから見たスコット・マレン

    初打点:2005年8月31日、対読売ジャイアンツ16回戦(大阪ドーム)、4回表にスコット・マレンから左前適時打ディッキー・ゴンザレス フレッシュアイペディアより)

  • ディッキー・ゴンザレス

    ディッキー・ゴンザレスから見たエドガルド・アルフォンゾ

    1月13日、読売ジャイアンツが1年契約での獲得を発表した。外国人枠の関係で開幕を2軍で迎えるが、この間に2軍投手コーチ小谷正勝の指導でチェンジアップを習得。不振のエドガルド・アルフォンゾと入れ替わる形で5月に1軍昇格すると、5月3日の阪神戦で移籍後初勝利。そこから5連勝、34イニング連続無四球という抜群の安定感を見せ、すぐにローテーションの軸となる。しかし、右肘靭帯手術という経歴を考慮し、どんなに好投しても100球前後で降板していた。5月は5勝0敗・防御率1.56の成績で、自身初の月間MVPを広島の大竹寛と同時受賞した。6月5日の対日本ハム戦で開幕からの連勝を6に伸ばし、沢村栄治の球団記録とレオ・カイリーの外国人投手記録に並んだ。なお、6月26日の対ヤクルト戦に先発した際には、尊敬してきたマイケル・ジャクソンの急逝報道の当日であったため、登場のテーマソングをジャクソンの「スリラー」に変更した。前半戦の活躍が評価され、オールスターゲームに監督推薦で初選出され、札幌ドームで行われた第1戦の先発投手を務めた。8月11日の広島戦(マツダスタジアム)で自身初のシーズン10勝目をマーク。その後も安定したピッチングを続け、シーズン終盤まで吉見一起(中日)、館山昌平(ヤクルト)と最多勝を争いを繰り広げた。最多勝こそ逃したが、最終的にチームトップとなる15勝(2敗)、防御率2.11の成績を残した。シーズンを通じて大崩れした試合はほとんどなく、自責点が5以上だった試合は1度も無かった。中日とのCSファイナルステージ第1戦では先発を任されたが初回に5失点するなど不調で敗戦投手となるもチームがそこから3連勝して日本シリーズに進出した。そして日本ハムとの日本シリーズでは第1戦に先発して勝利投手となり、第5戦でも勝利投手にこそならなかったが好投を見せ、第6戦にチームは勝利して日本一を達成し、優秀選手賞を受賞。リーグ優勝・日本一に大きく貢献した。ディッキー・ゴンザレス フレッシュアイペディアより)

  • ディッキー・ゴンザレス

    ディッキー・ゴンザレスから見た沢村栄治

    1月13日、読売ジャイアンツが1年契約での獲得を発表した。外国人枠の関係で開幕を2軍で迎えるが、この間に2軍投手コーチ小谷正勝の指導でチェンジアップを習得。不振のエドガルド・アルフォンゾと入れ替わる形で5月に1軍昇格すると、5月3日の阪神戦で移籍後初勝利。そこから5連勝、34イニング連続無四球という抜群の安定感を見せ、すぐにローテーションの軸となる。しかし、右肘靭帯手術という経歴を考慮し、どんなに好投しても100球前後で降板していた。5月は5勝0敗・防御率1.56の成績で、自身初の月間MVPを広島の大竹寛と同時受賞した。6月5日の対日本ハム戦で開幕からの連勝を6に伸ばし、沢村栄治の球団記録とレオ・カイリーの外国人投手記録に並んだ。なお、6月26日の対ヤクルト戦に先発した際には、尊敬してきたマイケル・ジャクソンの急逝報道の当日であったため、登場のテーマソングをジャクソンの「スリラー」に変更した。前半戦の活躍が評価され、オールスターゲームに監督推薦で初選出され、札幌ドームで行われた第1戦の先発投手を務めた。8月11日の広島戦(マツダスタジアム)で自身初のシーズン10勝目をマーク。その後も安定したピッチングを続け、シーズン終盤まで吉見一起(中日)、館山昌平(ヤクルト)と最多勝を争いを繰り広げた。最多勝こそ逃したが、最終的にチームトップとなる15勝(2敗)、防御率2.11の成績を残した。シーズンを通じて大崩れした試合はほとんどなく、自責点が5以上だった試合は1度も無かった。中日とのCSファイナルステージ第1戦では先発を任されたが初回に5失点するなど不調で敗戦投手となるもチームがそこから3連勝して日本シリーズに進出した。そして日本ハムとの日本シリーズでは第1戦に先発して勝利投手となり、第5戦でも勝利投手にこそならなかったが好投を見せ、第6戦にチームは勝利して日本一を達成し、優秀選手賞を受賞。リーグ優勝・日本一に大きく貢献した。ディッキー・ゴンザレス フレッシュアイペディアより)

75件中 11 - 20件表示