70件中 21 - 30件表示
  • ディッキー・ゴンザレス

    ディッキー・ゴンザレスから見た沢村栄治

    6月5日の対日本ハム戦で開幕からの連勝を6に伸ばし、沢村栄治の球団記録とレオ・カイリーの外国人投手記録に並んだ。なお、6月26日の対ヤクルト戦に先発した際には、尊敬してきたマイケル・ジャクソンの急逝報道の当日であったため、登場のテーマソングをジャクソンの「スリラー」に変更した。前半戦の活躍が評価され、オールスターゲームに監督推薦で初選出され、札幌ドームで行われた第1戦の先発投手を務めた。8月11日の広島戦(マツダスタジアム)で自身初のシーズン10勝目をマーク。その後も安定したピッチングを続け、シーズン終盤まで吉見一起(中日)、館山昌平(ヤクルト)と最多勝を争いを繰り広げた。最多勝こそ逃したが、最終的にチームトップとなる15勝(2敗)、防御率2.11の成績を残した。シーズンを通じて大崩れした試合はほとんどなく、自責点が5以上だった試合は1度も無かった。また、日本ハムとの日本シリーズでは第1戦に先発して勝利投手となり、優秀選手賞を受賞。リーグ優勝・日本一に大きく貢献した。ディッキー・ゴンザレス フレッシュアイペディアより)

  • ディッキー・ゴンザレス

    ディッキー・ゴンザレスから見たバルビーノ・ガルベス

    2010年、前年の大活躍により先発の軸として期待されたものの、開幕から不調で黒星がかさんだ。制球力と球威が急降下し、被打率と与四球率は大きく悪化。前年に4勝無敗だった中日戦で0勝5敗、交流戦も0勝4敗と散々な結果に終わった。体重増加が不調の原因とされ、6月にはダイエットを敢行したが、夏以降も調子は戻らず。負ければリーグ優勝が消滅する試合に登板し敗戦投手になるなど最後まで精彩を欠いた。クライマックスシリーズでは、二試合に中継ぎ登板した。最終的には1999年のガルベス以来となる球団の外国人投手2ケタ敗戦(5勝13敗)を喫し、防御率も5.29と大きく期待を裏切り、チームがシーズン4連覇を逃した要因のひとつともなった。オフには1800万円減の約9200万円で契約更新した。ディッキー・ゴンザレス フレッシュアイペディアより)

  • ディッキー・ゴンザレス

    ディッキー・ゴンザレスから見たテリー・ブロス

    ヤクルトには2004年から2008年までの延べ5年間在籍し、1995年から1997年まで在籍したテリー・ブロスや、2001年から2003年まで在籍したケビン・ホッジスを抜いて、球団史上最も長く在籍した外国人投手であった。ディッキー・ゴンザレス フレッシュアイペディアより)

  • ディッキー・ゴンザレス

    ディッキー・ゴンザレスから見たレオ・カイリー

    6月5日の対日本ハム戦で開幕からの連勝を6に伸ばし、沢村栄治の球団記録とレオ・カイリーの外国人投手記録に並んだ。なお、6月26日の対ヤクルト戦に先発した際には、尊敬してきたマイケル・ジャクソンの急逝報道の当日であったため、登場のテーマソングをジャクソンの「スリラー」に変更した。前半戦の活躍が評価され、オールスターゲームに監督推薦で初選出され、札幌ドームで行われた第1戦の先発投手を務めた。8月11日の広島戦(マツダスタジアム)で自身初のシーズン10勝目をマーク。その後も安定したピッチングを続け、シーズン終盤まで吉見一起(中日)、館山昌平(ヤクルト)と最多勝を争いを繰り広げた。最多勝こそ逃したが、最終的にチームトップとなる15勝(2敗)、防御率2.11の成績を残した。シーズンを通じて大崩れした試合はほとんどなく、自責点が5以上だった試合は1度も無かった。また、日本ハムとの日本シリーズでは第1戦に先発して勝利投手となり、優秀選手賞を受賞。リーグ優勝・日本一に大きく貢献した。ディッキー・ゴンザレス フレッシュアイペディアより)

  • ディッキー・ゴンザレス

    ディッキー・ゴンザレスから見た小谷正勝

    2009年、外国人枠の関係で開幕を2軍で迎えるが、この間に2軍投手コーチ小谷正勝の指導でチェンジアップを習得。不振のエドガルド・アルフォンゾと入れ替わる形で5月に1軍昇格すると、5月3日の阪神戦で移籍後初勝利。そこから5連勝、34イニング連続無四球という抜群の安定感を見せ、すぐにローテーションの軸となる。しかし、右肘靭帯手術という経歴を考慮し、どんなに好投しても100球前後で降板していた。5月は5勝0敗・防御率1.56の成績で、自身初の月間MVPを広島の大竹寛と同時受賞した。ディッキー・ゴンザレス フレッシュアイペディアより)

  • ディッキー・ゴンザレス

    ディッキー・ゴンザレスから見たケビン・ホッジス

    ヤクルトには2004年から2008年までの延べ5年間在籍し、1995年から1997年まで在籍したテリー・ブロスや、2001年から2003年まで在籍したケビン・ホッジスを抜いて、球団史上最も長く在籍した外国人投手であった。ディッキー・ゴンザレス フレッシュアイペディアより)

  • ディッキー・ゴンザレス

    ディッキー・ゴンザレスから見たデニー・ゴンザレス

    2009年シーズンより読売ジャイアンツに移籍。同球団の「ゴンザレス」姓の選手としては、デニー・ゴンザレス(1991?1992年在籍)、ジェレミー・ゴンザレス(2007年、登録名は「GG」)、ルイス・ゴンザレス(2007?2008年)に次ぐ4人目となった。その後、2010年に5人目のゴンザレス、エドガー・ゴンザレスが加入。それに伴い同選手のスコアボード上表記は「エドガー」、背ネームは(E.GONZALEZ)となったが、ディッキーは「ゴンザレス」のまま変更されなかった。ディッキー・ゴンザレス フレッシュアイペディアより)

  • ディッキー・ゴンザレス

    ディッキー・ゴンザレスから見た開幕投手

    2005年には開幕投手の候補にもなったが、直前に指を骨折し離脱。シーズン途中に復帰すると、前年同様先発と中継ぎの両方を任された。ディッキー・ゴンザレス フレッシュアイペディアより)

  • ディッキー・ゴンザレス

    ディッキー・ゴンザレスから見たダイエット

    2010年、前年の大活躍により先発の軸として期待されたものの、開幕から不調で黒星がかさんだ。制球力と球威が急降下し、被打率と与四球率は大きく悪化。前年に4勝無敗だった中日戦で0勝5敗、交流戦も0勝4敗と散々な結果に終わった。体重増加が不調の原因とされ、6月にはダイエットを敢行したが、夏以降も調子は戻らず。負ければリーグ優勝が消滅する試合に登板し敗戦投手になるなど最後まで精彩を欠いた。クライマックスシリーズでは、二試合に中継ぎ登板した。最終的には1999年のガルベス以来となる球団の外国人投手2ケタ敗戦(5勝13敗)を喫し、防御率も5.29と大きく期待を裏切り、チームがシーズン4連覇を逃した要因のひとつともなった。オフには1800万円減の約9200万円で契約更新した。ディッキー・ゴンザレス フレッシュアイペディアより)

  • ディッキー・ゴンザレス

    ディッキー・ゴンザレスから見た日本選手権シリーズ

    日本シリーズ優秀選手賞:1回 (2009年)ディッキー・ゴンザレス フレッシュアイペディアより)

70件中 21 - 30件表示

「ディッキー・ゴンザレス」のニューストピックワード