ディープインパクト ニュース&Wiki etc.

ディープインパクト(、2002年(平成14年)3月25日 - )は日本の元競走馬、種牡馬。史上6頭目の中央競馬クラシック三冠馬(史上2頭目の無敗での三冠馬)である。2005年(平成17年)、2006年(平成18年)JRA賞年度代表馬、2005年(平成17年)JRA賞最優秀3歳牡馬、2006年(平成18年)JRA賞最優秀4… (出典:Wikipedia)

「ディープインパクト」Q&A

  • Q&A

    舞台は天皇賞秋、良馬場。 1.ナリタブライアン 2.オルフェーヴル 3.ディープイン…

    [続きを読む]

    回答数:9質問日時 - 2017年1月14日 22:43

  • Q&A

    中山大障害について質問 ダンスインザダークや、 ディープインパクト等が出たらどーなる…

    [続きを読む]

    回答数:1質問日時 - 2017年1月14日 18:13

  • Q&A

    たいした競走成績もないのにディープインパクト産駒というだけ で次々と種牡馬入りしてる…

    [続きを読む]

    回答数:2質問日時 - 2017年1月12日 16:35

つながり調べ

関連のありそうなワードから見た「ディープインパクト (競走馬)」のつながり調べ

  • ハルウララ

    ハルウララから見たディープインパクト (競走馬)

    2009年夏、ハルウララは安西の意向により繁殖牝馬となるべく北海道新ひだか町の牧場に移送された。ディープインパクトとの交配が計画されている。安西は週刊新潮の取材に対し、「知り合いの調教師などから話があって計画が動いた。ディープインパクトが繋養されている社台スタリオンステーションから9月以前に内諾を得た。」としながらも、「種付け料が900万と高額で、私個人にはとても出せない。小額のファンドを募ってみんなの夢に繋がればいいなあとも考えている。」と、募金を検討中であることを明かしている。しかしその後のハルウララの消息は不明である。(ハルウララ フレッシュアイペディアより)

  • ダノンバラード

    ダノンバラードから見たディープインパクト (競走馬)

    2010年10月24日、京都競馬場の2歳新馬戦で武豊を鞍上に迎えてデビュー、単勝1番人気に支持され1着となる。2戦目には11月27日の京都2歳ステークスに出走、1番人気に支持される。道中は中団に付け直線外から伸びて来るもゴール前で伸びきれず3着に敗れた。3戦目には12月25日のラジオNIKKEI杯2歳ステークスに出走、後方でレースを進め直線では外めに出し鋭く伸びオールアズワンにクビ差つけて1着となり、ディープインパクト産駒初めての重賞制覇となった。(ダノンバラード フレッシュアイペディアより)

「ディープインパクト (競走馬)」から見た関連のありそうなワードのつながり調べ

「ディープインパクト」のニューストピックワード