前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
273件中 1 - 10件表示
  • 第66回菊花賞

    第66回菊花賞から見たディープインパクト (競走馬)ディープインパクト (競走馬)

    第66回菊花賞(だい66かいきっかしょう)は、2005年10月23日に京都競馬場で施行された競馬競走である。ディープインパクトが皐月賞、東京優駿(日本ダービー)に続き優勝し、無敗でクラシック三冠を達成した。第66回菊花賞 フレッシュアイペディアより)

  • うまッチ!

    うまッチ!から見たディープインパクト (競走馬)ディープインパクト (競走馬)

    2006年4月15日放送分で記録した最高視聴率5.3%は同時間帯の占有率29.5%を誇り、土曜競馬番組史上最高を記録した。これに伴いJRA高橋理事長、明石家さんま、そしてディープインパクト名義の祝いの花輪が届いた。うまッチ! フレッシュアイペディアより)

  • 2005年の日本競馬

    2005年の日本競馬から見たディープインパクト (競走馬)ディープインパクト (競走馬)

    2005年の中央競馬はシンボリルドルフ以来史上2頭目となる、無敗でのクラシック三冠制覇を達成したディープインパクト一色となった。牝馬では桜花賞・NHKマイルカップの変則二冠を達成したラインクラフト、日米オークスを制したシーザリオ、牝馬として39年ぶりに宝塚記念を制したスイープトウショウ、天皇賞(秋)を制したヘヴンリーロマンスなど、話題が豊富だった。また、北海道の農業高校の生徒によって生産・育成され、新馬戦で勝利したユメロマン、名手岡部幸雄の引退、戦後初の天覧競馬の開催、1000万馬券の誕生など、様々なトピックがあった。2005年の日本競馬 フレッシュアイペディアより)

  • 池江泰郎

    池江泰郎から見たディープインパクト (競走馬)ディープインパクト (競走馬)

    騎手時代には「逃げの池江」の異名を取り、通算3275戦368勝、うち重賞で17勝を挙げた。代表的騎乗馬にはヤマピットがいる。1979年に調教師へ転身、メジロデュレンによる菊花賞を始めとして数々のGI級競走を制し、1994年にJRA顕彰馬に選出されたメジロマックイーン、日本生産馬として初めて国外の国際GI競走を制したステイゴールド、2005年に中央競馬史上6頭目のクラシック三冠を達成したディープインパクト(JRA顕彰馬)など、数々の活躍馬を手掛けた。2011年に調教師引退。池江泰郎 フレッシュアイペディアより)

  • 2006年のスポーツ

    2006年のスポーツから見たディープインパクト (競走馬)ディープインパクト (競走馬)

    10月19日 - フランス凱旋門賞3着のディープインパクトから禁止薬物が検出されたと発表。2006年のスポーツ フレッシュアイペディアより)

  • ハイクレア

    ハイクレアから見たディープインパクト (競走馬)ディープインパクト (競走馬)

    ハイクレア(''''、1971年 - 1992年)は、1970年代に活躍したイギリスの競走馬である。のちに繁殖牝馬としても成功、日本ではディープインパクトの曾祖母として注目された。ハイクレア フレッシュアイペディアより)

  • サンデーサイレンス

    サンデーサイレンスから見たディープインパクト (競走馬)ディープインパクト (競走馬)

    サンデーサイレンスはその後も活躍馬を次々と輩出し、初年度産駒がデビューした翌年の1995年にリーディングサイアーを獲得。2世代の産駒だけでリーディングサイアーを獲得というのは中央競馬史上初の記録である。以後2007年まで13年連続でリーディングサイアーに君臨した。同じく1995年に種牡馬としての中央競馬獲得賞金記録を更新。その後もサンデーサイレンスは中央競馬における種牡馬に関する記録を次々と更新(詳細についてはを参照)、産出された12世代すべてからGI級競走優勝馬が登場し、産駒は日本の中央競馬の24あるGI級競走のうち、20で勝利を収めた。産駒のうちディープインパクトとスティルインラブが中央競馬における三冠を達成しているが、三冠馬を二頭、それも牡牝双方で輩出した種牡馬はサンデーサイレンスただ一頭である。サンデーサイレンス フレッシュアイペディアより)

  • JRA顕彰馬

    JRA顕彰馬から見たディープインパクト (競走馬)ディープインパクト (競走馬)

    この選考方法では、2004年にテイエムオペラオー、2008年にディープインパクト、2011年にウオッカが選出された。JRA顕彰馬 フレッシュアイペディアより)

  • 金子真人

    金子真人から見たディープインパクト (競走馬)ディープインパクト (競走馬)

    機械メーカー勤務を経て、1976年に電子機器設計・製造関連ソフトウェア開発を主とする図形処理技術研究所(後の図研)を創業。一介のベンチャー企業から1994年には東証一部上場を果たし、CAD/CAMシステムを手がける企業として国内最大手の存在に成長させた。競走馬の馬主としても知られ、中央競馬で「七冠」を制し殿堂入りしたディープインパクトなど数々の活躍馬を所有。個人馬主としては初の記録である旧八大競走完全制覇を達成している。金子真人 フレッシュアイペディアより)

  • キタサンブラック

    キタサンブラックから見たディープインパクト (競走馬)ディープインパクト (競走馬)

    大阪杯からひと月足らずで迎えた第155回天皇賞(春)では、昨年からの連覇を狙うキタサンブラック(鞍上は変わらず武豊)と、有馬記念で熱戦を演じたサトノダイヤモンドとの2強対決と目されて2.2倍の1番人気に推された。内枠の2枠3番から好スタートを切ると、戦前から大逃げを打つと宣言していたヤマカツライデン(最初の1000mは58秒3のハイペース)を早々に行かせて2周目の1コーナーから向こう正面の途中まで7?8馬身の差を与えるも2番手で折り合った。そのまま自分のペースで競馬を進めた後、向こう正面から3コーナーにかけて一気に先頭に詰め寄ると4コーナーで先頭に立ち、直線では外から追い縋るシュヴァルグランやサトノダイヤモンドに前を明け渡さずに2着シュヴァルグランに1.1/4馬身差をつけて勝利、GI5勝目を飾った。勝ちタイムは3分12秒5で、2006年の第133回天皇賞(春)で同じく武豊鞍上のディープインパクトが記録した3分13秒4のレコード記録を0.9秒塗り替えた。この勝利によって史上4頭目となる連覇を達成、また、本レースでは、1番人気に推された馬は2006年に前述したディープインパクトが勝って以来勝利から遠ざかっていたが、キタサンブラックの勝利で11年ぶりに1番人気馬が勝利した。キタサンブラック フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
273件中 1 - 10件表示

「ディープインパクト」のニューストピックワード