前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
228件中 1 - 10件表示
  • 第66回菊花賞

    第66回菊花賞から見たディープインパクト (競走馬)ディープインパクト (競走馬)

    第66回菊花賞(だい66かいきっかしょう)は、2005年10月23日に京都競馬場で施行された競馬競走である。ディープインパクトが皐月賞、東京優駿(日本ダービー)に続き優勝し、無敗でクラシック三冠を達成した。第66回菊花賞 フレッシュアイペディアより)

  • 武豊

    武豊から見たディープインパクト (競走馬)ディープインパクト (競走馬)

    5月29日、東京優駿 (日本ダービー) でディープインパクトに騎乗し東京優駿 (日本ダービー) 4勝目。また同競走により、年間100勝最速記録を更新。武豊 フレッシュアイペディアより)

  • JRA顕彰馬

    JRA顕彰馬から見たディープインパクト (競走馬)ディープインパクト (競走馬)

    現在の選考方法は2004年に開始されたものであるが、投票による選考自体は2001年より行われている。当初は競走馬登録抹消20年を経過した馬も対象であり、タケシバオーら競走馬登録抹消20年以前の馬を推す古参の記者と、最近の馬を推す中堅の記者との間で票が分散する傾向にあった。しかし2003年に、当年より投票対象となったテイエムオペラオーが落選するに至り、競走馬登録を抹消してから20年も経過していると、その当時を知る人間が少なくなることと、繁殖馬としての評価が定まることなどから、競走馬登録抹消後長い年月を経ている馬を投票対象とする選定方法の見直しが行われ、2004年より投票対象が登録抹消から20年以内の馬(1984年1月1日以降に登録抹消した馬)と制限されることとなった。現在の選考方法となってからは、2004年にテイエムオペラオー、2008年にディープインパクト、2011年にウオッカが顕彰馬に選出されている。JRA顕彰馬 フレッシュアイペディアより)

  • うまッチ!

    うまッチ!から見たディープインパクト (競走馬)ディープインパクト (競走馬)

    2006年4月15日放送分で記録した最高視聴率5.3%は同時間帯の占有率29.5%を誇り、土曜競馬番組史上最高を記録した。これに伴いJRA高橋理事長、明石家さんま、そしてディープインパクト名義の祝いの花輪が届いた。うまッチ! フレッシュアイペディアより)

  • 2005年の日本競馬

    2005年の日本競馬から見たディープインパクト (競走馬)ディープインパクト (競走馬)

    2005年の中央競馬はシンボリルドルフ以来史上2頭目となる、無敗でのクラシック三冠制覇を達成したディープインパクト一色となった。牝馬では桜花賞・NHKマイルカップの変則二冠を達成したラインクラフト、日米オークスを制したシーザリオ、牝馬として39年ぶりに宝塚記念を制したスイープトウショウ、天皇賞(秋)を制したヘヴンリーロマンスなど、話題が豊富だった。また、北海道の農業高校の生徒によって生産・育成され、新馬戦で勝利したユメロマン、名手岡部幸雄の引退、戦後初の天覧競馬の開催、1000万馬券の誕生など、様々なトピックがあった。2005年の日本競馬 フレッシュアイペディアより)

  • 池江泰郎

    池江泰郎から見たディープインパクト (競走馬)ディープインパクト (競走馬)

    騎手時代には「逃げの池江」の異名を取り、通算3275戦368勝、うち重賞で17勝を挙げた。代表的騎乗馬にはヤマピットがいる。1979年に調教師へ転身、メジロデュレンによる菊花賞を始めとして数々のGI級競走を制し、1994年にJRA顕彰馬に選出されたメジロマックイーン、日本生産馬として初めて国外の国際GI競走を制したステイゴールド、2005年に中央競馬史上6頭目のクラシック三冠を達成したディープインパクト(JRA顕彰馬)など、数々の活躍馬を手掛けた。2011年に調教師引退。池江泰郎 フレッシュアイペディアより)

  • ハイクレア

    ハイクレアから見たディープインパクト (競走馬)ディープインパクト (競走馬)

    ハイクレア(''''、1971年 - 1992年)は、1970年代に活躍したイギリスの競走馬である。のちに繁殖牝馬としても成功、日本ではディープインパクトの曾祖母として注目された。ハイクレア フレッシュアイペディアより)

  • 2006年のスポーツ

    2006年のスポーツから見たディープインパクト (競走馬)ディープインパクト (競走馬)

    10月19日 - フランス凱旋門賞3着のディープインパクトから禁止薬物が検出されたと発表。2006年のスポーツ フレッシュアイペディアより)

  • 競走馬

    競走馬から見たディープインパクト (競走馬)ディープインパクト (競走馬)

    競馬の競走は、競馬場によってコースを右回りに周回する場合と左回りに周回する場合とがあるが、いずれかを苦手とする競走馬がいる。逆に、左回りが得意な馬もおり、左巧者などと言われる。なお、一般に競走馬は左回りに周回する場合のほうが右回りに周回する場合よりも早く走ることができるとされる。ちなみにヒトも多くの人は左回りの方が周回しやすいと言われている。ディープインパクトの場合、敗戦経験のあるレース(有馬記念と凱旋門賞)はどちらも右回りのコースだった。競走馬 フレッシュアイペディアより)

  • サンデーサイレンス

    サンデーサイレンスから見たディープインパクト (競走馬)ディープインパクト (競走馬)

    サンデーサイレンスはその後も活躍馬を次々と輩出し、初年度産駒がデビューした翌年の1995年にリーディングサイアーを獲得。2世代の産駒だけでリーディングサイアーを獲得というのは中央競馬史上初の記録である。以後2007年まで13年連続でリーディングサイアーに君臨した。同じく1995年に種牡馬としての中央競馬獲得賞金記録を更新。その後もサンデーサイレンスは中央競馬における種牡馬に関する記録を次々と更新(詳細についてはを参照)、産出された12世代すべてからGI級競走優勝馬が登場し、産駒は日本の中央競馬の24あるGI級競走のうち、20で勝利を収めた。 産駒のうちディープインパクトとスティルインラブが中央競馬における三冠を達成しているが、三冠馬を二頭、それも牡牝双方で輩出した種牡馬はサンデーサイレンスただ一頭である。サンデーサイレンス フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
228件中 1 - 10件表示

「ディープインパクト」のニューストピックワード