273件中 91 - 100件表示
  • 世界の競馬

    世界の競馬から見たディープインパクト (競走馬)ディープインパクト (競走馬)

    また2006年10月1日の凱旋門賞には日本調教馬のディープインパクトが出走することもあり、10月2日0時台(日本時間)にBSと地上波総合テレビでサイマル同時中継が行われた。世界の競馬 フレッシュアイペディアより)

  • アドマイヤフジ

    アドマイヤフジから見たディープインパクト (競走馬)ディープインパクト (競走馬)

    本番の皐月賞では、武豊が早くからディープインパクトへの騎乗を決めていたこともあって、福永祐一に乗り替わりとなった。レースでは8番人気と人気を落としたが、後方から堅実な末脚を見せて5着に入った。皐月賞で4着までに入ることで与えられる東京優駿の優先出走権は得られなかったため、ここで陣営は本番の前にもう1戦、京都新聞杯を使うことを余儀なくされる。レースでは後方から足を伸ばしたが、皐月賞に出ていなかった新星インティライミの3着に敗れてしまった。結局東京優駿の出走権はアドマイヤフジにも与えられたため、その後再度関東に遠征。京都新聞杯の内容から9番人気と皐月賞以上の人気の盲点となったが、中団からレースを進めてディープインパクトの4着と健闘し春を終えた。アドマイヤフジ フレッシュアイペディアより)

  • G1レース集

    G1レース集から見たディープインパクト (競走馬)ディープインパクト (競走馬)

    2005年10月23日の第66回菊花賞(ディープインパクトが無敗の三冠を決めた)当日の夜、その日一日の流れをドキュメント番組として放送された。もちろんその当日の『ドリーム競馬』の収録の裏側も収録されている。G1レース集 フレッシュアイペディアより)

  • 大八木友之

    大八木友之から見たディープインパクト (競走馬)ディープインパクト (競走馬)

    ディープインパクトが3冠馬になったとき、勝利ジョッキーの武豊騎手にインタビューしたことがある。大八木友之 フレッシュアイペディアより)

  • 島田明宏

    島田明宏から見たディープインパクト (競走馬)ディープインパクト (競走馬)

    ディープインパクト 無敗の三冠馬の真実(廣済堂出版、2005)島田明宏 フレッシュアイペディアより)

  • サンデーブレイク

    サンデーブレイクから見たディープインパクト (競走馬)ディープインパクト (競走馬)

    半姉に日本でGI競走3勝を挙げたファレノプシス(父ブライアンズタイム)、半弟に2013年東京優駿優勝馬キズナ(父ディープインパクト)、従兄にビワハヤヒデ、ナリタブライアンらがいる。サンデーブレイク フレッシュアイペディアより)

  • シェルズレイ

    シェルズレイから見たディープインパクト (競走馬)ディープインパクト (競走馬)

    2008年から北海道安平町のノーザンファームにて繁殖牝馬となり、初年度にはディープインパクトと交配。翌2009年3月21日にその初仔が誕生した。4番仔シャイニングレイが、2014年のホープフルステークスを勝っている。シェルズレイ フレッシュアイペディアより)

  • ハリケーンラン

    ハリケーンランから見たディープインパクト (競走馬)ディープインパクト (競走馬)

    秋になり、再び鞍上をファロンに戻してフォワ賞 (G2) へ参戦。同じアンドレ・ファーブル厩舎のシロッコとの叩き合いの末にクビ差の2着に敗れた。連覇を狙った凱旋門賞ではこれも同厩舎の3歳馬レイルリンクが優勝。ハリケーンランは直線に入る前から手ごたえが悪く、前が詰まるの不利などもあって4位入線に止まり、後にディープインパクトの失格に伴い3着に繰り上げられたものの、このレースでデビュー以来初めて連対を外した。続いて出走した10月14日のニューマーケット競馬場でのチャンピオンステークスでは、父モンジューの主戦だったマイケル・キネーンを鞍上に先行するが、直線で再びプライドに交わされ、ロブロイにも先着されて3着に敗れた。その後、チャーチルダウンズ競馬場で行われたブリーダーズカップ・ターフにスミヨン騎乗で出走したが、1着馬レッドロックスから5馬身半差の6着に終わっている。このレースをもって引退した。ハリケーンラン フレッシュアイペディアより)

  • よしだみほ

    よしだみほから見たディープインパクト (競走馬)ディープインパクト (競走馬)

    2004年4月には中山競馬場において、よしだが描いた岡部幸雄・牧原由貴子両騎手の似顔絵の焼印が押された特別バージョンの今川焼きが販売される。中でも岡部騎手バージョンのもの(通称「会長焼」)は、2005年3月に岡部騎手が引退する際にも再び中山競馬場で販売されるほどの人気ぶりとなっている。中山競馬場では他にシンボリクリスエス、ディープインパクトのイラストの焼印が押された「シンボリクリスエス焼き」「ディープインパクト焼き」、前述の岡部、牧原に柴田善臣、横山典弘、後藤浩輝のイラストが入ったおせんべいが販売された事がある。よしだみほ フレッシュアイペディアより)

  • ヨシモト∞

    ヨシモト∞から見たディープインパクト (競走馬)ディープインパクト (競走馬)

    役者陣の衣装は「白いシャツ」「黒いパンツあるいはスカート」をベースにしている。上記の役者のうち、山田将之がサポートしたチームは2006年では優勝を1回しか逃していないほど勝率が高かったため、ほっしゃん。は山田を「サポート役者のディープインパクト」と評したことがあった。翌週には、そのアドリブ芝居のポスターが待受画面として携帯電話でダウンロード出来た。∞ホールの客席にはA4サイズ1枚の手書きの新聞「∞土曜新聞」が置かれ、先週のアドリブ芝居の内容が書かれている。優勝チームの役者2人によるトークが「やくおふ」として毎週番組ブログ上で公開されていた。初期の頃は『ADORIBU!!』の前にチーム対抗のミニゲーム(シアターゲーム)があり、この得点も優勝に関係していた。2006年12月30日には「ADORIBU!!アカデミー賞」が開催された。ラズベリー3賞以外の賞は∞ホームページでのネット投票とスタッフの投票で決定された(ラズベリー3賞はスタッフ投票のみ)。受賞者は以下の通り(ほっしゃん。は毎回ADORIBUを行っているためと司会進行を行う為、最優秀芸人賞のノミネートを辞退)。ヨシモト∞ フレッシュアイペディアより)

273件中 91 - 100件表示

「ディープインパクト」のニューストピックワード