228件中 91 - 100件表示
  • ディープブリランテ

    ディープブリランテから見たディープインパクト (競走馬)ディープインパクト (競走馬)

    サンデーレーシング所有のディープインパクト産駒だが、社台グループの生産馬ではなく、2009年のセレクトセールでパカパカファームから3,100万円(税込価格3,255万円)でノーザンファームが購入した。2010年のサンデーレーシングでの募集価格は1口110万円×40口の総額4,400万円(税込価格)。ディープブリランテ フレッシュアイペディアより)

  • 境勝太郎

    境勝太郎から見たディープインパクト (競走馬)ディープインパクト (競走馬)

    その最たる例がディープインパクトで皐月賞時の馬体診断では「貧弱に見える」として43点の低評価で本命にもしなかったが、レースは快勝であった。その後評価は上がっていったが、逆に馬体重は減っていった。そのためか2006年の有馬記念時の馬体診断では(評価は満点の50点)「馬は目方で走るものではないとこの馬に教えられた」と語った。そして本番のレースも快勝すると、「競馬に携わって70年、こんな完璧な勝利を見たのは初めて」と最初の時の評価がうそのような最大級の賛辞を送っていた。境勝太郎 フレッシュアイペディアより)

  • ディラクエ

    ディラクエから見たディープインパクト (競走馬)ディープインパクト (競走馬)

    4歳となり、復帰初戦となったNOSAI日高特別では1番人気に推されたが、ブービーの7着に終わった。続くディープインパクト・プレミアム3でも7着だった。その後、屈腱炎を発症したため現役を引退することになった。ディラクエ フレッシュアイペディアより)

  • デルタブルース

    デルタブルースから見たディープインパクト (競走馬)ディープインパクト (競走馬)

    緒戦は京都記念に出走し5着。続く阪神大賞典は7馬身離された3着。天皇賞(春)は4番人気に推されるも、勝負どころで動けず、ディープインパクトの10着と大敗した。その後、宝塚記念に向け調整されていたが、右前脚に脚部不安を発症、同レースを回避し休養することとなった。秋に入り、同厩舎のポップロックと共にオーストラリアへ遠征。約半年ぶりの出走となったコーフィールドカップでは56.0kgのトップハンデを課され、現地での前評判も高くはなかったが、3着と健闘した。次走、メルボルンカップでは早めに先頭に立つとポップロックとの競り合いを制し、コロネーションカップやゴールドカップの勝ち馬イェーツらを抑えて優勝。同レースでのアジア調教馬の優勝、及び南半球で開催されるG1競走での日本調教馬の優勝はこれが初めてである。レースは日本調教馬2頭が抜け出すという日本馬の強さが目立つ内容であった。このレースによって後に2006/07年シーズンのオーストラリア最優秀ステイヤーに選ばれた。日本調教馬がオーストラリアの代表馬に選ばれたのは史上初のことである。デルタブルース フレッシュアイペディアより)

  • トーセンダンス

    トーセンダンスから見たディープインパクト (競走馬)ディープインパクト (競走馬)

    7月、セレクトセールに上場され、3億3500万円で島川隆哉が落札した。消費税を含めた価格は3億5175万円だった。この落札価格は当時の0歳馬としては世界レコードであった。このセリ市にはディープインパクトも上場され7000万円で落札されており、トーセンダンスの約5分の1程度の評価額にすぎなかった。トーセンダンス フレッシュアイペディアより)

  • ドリームパスポート

    ドリームパスポートから見たディープインパクト (競走馬)ディープインパクト (競走馬)

    古馬との初対決となるジャパンカップでは岩田康誠が騎乗。レース前はディープインパクト、ハーツクライ、ウィジャボードの3強対決とも言われたがここでも中団でレースを進め、直線ではウィジャボードを抑えてディープインパクトの2着に入った。続く有馬記念では内田博幸が騎乗、2番人気に推され最後は伸びきれず4着に敗れたものの、同世代の中では最高着順となった。ドリームパスポート フレッシュアイペディアより)

  • ドリームジャーニー

    ドリームジャーニーから見たディープインパクト (競走馬)ディープインパクト (競走馬)

    なお、春秋のグランプリ制覇はグレード制度導入以降、イナリワン(1989年)、メジロパーマー(1992年)、グラスワンダー(1999年)、テイエムオペラオー(2000年)、ディープインパクト(2006年)に続いて6頭目となった。出走時馬体重426kgは2006年ディープインパクトの438kgを下回り、グレード制導入以降では最も軽い優勝馬となった。また、管理調教師の池江泰寿の父、池江泰郎もディープインパクトで春秋グランプリを制覇しており、史上初の春秋グランプリ親子調教師制覇となった。ドリームジャーニー フレッシュアイペディアより)

  • ナリタハヤブサ

    ナリタハヤブサから見たディープインパクト (競走馬)ディープインパクト (競走馬)

    3歳時には芝の重賞競走であるペガサスステークス、スプリングステークスで2着、その他にも重賞でたびたび入着しており、もともとは芝路線での大成を期待されていた馬だった。しかし蹄が非常に脆かったために、芝に比べて負担のかからないダート路線へと転向せざるを得なかったという事情がある。本馬の装蹄はディープインパクトやエアグルーヴの装蹄も務めた西内荘が担当しており、西内は後に「今の自分の技術で装蹄することができたら、メジロマックイーンのライバルになれたかも知れない」との評価を送っている。ナリタハヤブサ フレッシュアイペディアより)

  • ハイトオブファッション

    ハイトオブファッションから見たディープインパクト (競走馬)ディープインパクト (競走馬)

    姪孫(姪の仔)、ディープインパクト(2005年中央競馬クラシック三冠などGI競走7勝、種牡馬)ハイトオブファッション フレッシュアイペディアより)

  • バランシーン

    バランシーンから見たディープインパクト (競走馬)ディープインパクト (競走馬)

    翌1994年はプレップレース(前哨戦)を使わないままG1・1000ギニーに出走。7か月ぶりの実戦とあって低評価だったが、このレースより手綱を取ったランフランコ・デットーリを背に、勝ったラスメニーナスから短頭差の2着に入る。続いてオークスに出走し、ウインドインハーヘア(ディープインパクトの母)に2馬身半差をつけて勝利。バランシーン フレッシュアイペディアより)

228件中 91 - 100件表示

「ディープインパクト」のニューストピックワード