273件中 21 - 30件表示
  • 日本の競馬

    日本の競馬から見たディープインパクト (競走馬)ディープインパクト (競走馬)

    種牡馬市場においては、1980年代から社台グループによる寡占化が進み、ノーザンテースト、リアルシャダイ、トニービン、サンデーサイレンス、アグネスタキオン、マンハッタンカフェ、キングカメハメハ、ディープインパクトによって、1982年以来30年以上に渡りリーディングサイアーの座を独占し続けている。日本の競馬 フレッシュアイペディアより)

  • 第53回弥生賞

    第53回弥生賞から見たディープインパクト (競走馬)ディープインパクト (競走馬)

    出走馬には2015年の朝日杯フューチュリティステークス(GI)を勝利し、JRA賞最優秀2歳牡馬に選ばれたリオンディーズ、そのレースで1番人気に推されたが2着に惜敗したエアスピネル、父ディープインパクトと同じローテーションで出走した若駒ステークス(OP)を快勝し、このレースに臨んだマカヒキが「3強」を構成した。第53回弥生賞 フレッシュアイペディアより)

  • 第51回有馬記念

    第51回有馬記念から見たディープインパクト (競走馬)ディープインパクト (競走馬)

    第51回有馬記念(だい51かいありまきねん)は、2006年12月24日に中山競馬場で施行された競馬競走である。ディープインパクトがラストランで優勝を果たした。第51回有馬記念 フレッシュアイペディアより)

  • ウインクリューガー

    ウインクリューガーから見たディープインパクト (競走馬)ディープインパクト (競走馬)

    ウインクリューガーとは、日本の元競走馬・元種牡馬である。タイキシャトルの産駒として初の重賞勝利、そしてGI勝利をもたらした。近親にディープインパクトがいる。当歳時のセレクトセールで2700万円で落札された市場取引馬である。ウインクリューガー フレッシュアイペディアより)

  • 薔薇一族

    薔薇一族から見たディープインパクト (競走馬)ディープインパクト (競走馬)

    2008年7月15-16日、セレクトセール2008でクラシックローズの2008(父ディープインパクト・初仔)が9000万円、ロゼダンジュの2008(父クロフネ)が1億3500万円で落札される。薔薇一族 フレッシュアイペディアより)

  • 凱旋門賞

    凱旋門賞から見たディープインパクト (競走馬)ディープインパクト (競走馬)

    ハイクレアは、レースの中盤でアレフランスの僚馬パウリスタ(Paulista)の斜行をもろに受け、8馬身の不利を被って後方に下がり、優勝圏外になってしまった。一方アレフランスは直線入り口で早くも抜けだすと、残り700メートルを懸命に走って後続の追撃を頭差だけしのいで勝った。アレフランスは1960年に世界最強馬の座を得たシーバードの子で、凱旋門賞父娘制覇となった。ハイクレアは20頭中最下位に終わった。2006年に凱旋門賞史上初めての失格馬となった日本のディープインパクトはハイクレアのひ孫にあたる。凱旋門賞 フレッシュアイペディアより)

  • 2017年の日本競馬

    2017年の日本競馬から見たディープインパクト (競走馬)ディープインパクト (競走馬)

    4日 - 京都競馬第10競走で、ディープインパクト産駒がJRA史上8頭目となる通算1300勝を史上最速で達成。2017年の日本競馬 フレッシュアイペディアより)

  • 中央競馬のオープン特別競走

    中央競馬のオープン特別競走から見たディープインパクト (競走馬)ディープインパクト (競走馬)

    安土城ステークスは当年のみ2000'sダービーメモリーズ・ディープインパクトカップとして施行。中央競馬のオープン特別競走 フレッシュアイペディアより)

  • エルコンドルパサー

    エルコンドルパサーから見たディープインパクト (競走馬)ディープインパクト (競走馬)

    1999年のインターナショナル・クラシフィケーションで得た134というレートは、日本調教馬に与えられた史上最高の数値である。合田直弘はレーティングの数値について「115あれば一流馬、125あればチャンピオン級と言われる」とした上で、2010年時点で史上2位の127というレートを付されたディープインパクトを引き、「12ハロンという距離区分では1.5ポンド=1馬身が換算基準だから、エルコンドルパサーは2番手以下に4馬身半の差をつける、断トツの日本最強馬なのである。彼がディープより4馬身半強かったと断じるつもりもないが、エルコンドルパサーが世界的にこれだけ高い評価を受けていることを、日本の競馬人はもっと知るべきであろう」と述べている。なお、『優駿』が2012年に行った「距離別最強馬」アンケートにおいて、エルコンドルパサーは「2400メートル」部門でディープインパクトに次ぐ2位となっている。エルコンドルパサー フレッシュアイペディアより)

  • 種牡馬

    種牡馬から見たディープインパクト (競走馬)ディープインパクト (競走馬)

    このようなリスクを分散させるために、現在、高額で人気のある種牡馬は個人が所有するよりも、シンジケートと呼ばれる法人による所有が一般的である。この法人は種牡馬の種付権を株に分割してシンジケートの構成員がそれぞれ所有し、株の売買は一般的に自由である。現在シンジケートは60口で構成されるのが通例である。例えばディープインパクトの場合は1口8500万円で60口、総額51億円でシンジケートが組まれたといわれている。この場合、仮に種牡馬の所有を単独で行った場合は一人で51億円ものリスクを負うことになるが、シンジケートを組む事で一人あたりのリスクは8500万円に抑える事ができるというメリットがあり、この手法によって従来では考えられなかったような高額の種牡馬の売買が可能になった。種牡馬 フレッシュアイペディアより)

273件中 21 - 30件表示

「ディープインパクト」のニューストピックワード