228件中 21 - 30件表示
  • ウオッカ

    ウオッカから見たディープインパクト (競走馬)ディープインパクト (競走馬)

    11月29日の第29回ジャパンカップに出走、このレースでは厩舎側が「ウオッカに掛かるイメージを持っていない騎手」を理由に、鞍上をクリストフ・ルメールに交代させた。近走の不振に加えて距離延長や年齢的な衰えの不安要素を抱えていたが、ここでも応援馬券的な意味合いもあってか3.6倍ながら1番人気に支持された。レースは武豊のリーチザクラウンが引っ張る形で進み、ウオッカは4,5番手の好位を追走。最終直線に入り早め先頭で押し切ろうとするも、後方からオウケンブルースリが追い込み2頭並ぶ形でゴールに入線。写真判定の結果、2cmの差でウオッカが1着となり、GI7勝目を挙げた。ウオッカはシンボリルドルフ、テイエムオペラオー、ディープインパクトに並ぶJRA・GI7勝目という記録を達成した。また、牝馬のJRA・GI7勝および日本生産、調教の牝馬としての同レース勝利は史上初となった(牝馬の優勝としては1989年のホーリックス以来20年振り4頭目)。また、この勝利で東京競馬場芝コースで行われる古馬GI全てを制したことになり、これはJRA史上初である。ウオッカ フレッシュアイペディアより)

  • オンファイア

    オンファイアから見たディープインパクト (競走馬)ディープインパクト (競走馬)

    オンファイアとは日本の競走馬である。競走成績は中央競馬で1勝を挙げるにとどまったが、全兄にディープインパクトがいる血統背景が評価され、種牡馬となった。オンファイア フレッシュアイペディアより)

  • オルフェーヴル

    オルフェーヴルから見たディープインパクト (競走馬)ディープインパクト (競走馬)

    2008年5月14日、父、母の生産牧場でもある社台コーポレーション白老ファームで生まれた。その前年、本馬の母・オリエンタルアートは、この年から種牡馬デビューして注目を集めたディープインパクトとの交配を行ったが、3度に渡り受胎に失敗してしまう。空胎を避けるためとの理由でステイゴールドと交配され、翌年に誕生したのが本馬。5月14日と、競走馬としては遅生まれなのはそのためである。当歳の10月から1歳の10月までの間、社台コーポレーション早来ファームで育成された後、ノーザンファーム空港牧場で競走馬となるための訓練を受けた。本馬と同じくステイゴールドを父に持つ全兄・ドリームジャーニーと同様にサンデーサラブレッドクラブで一口馬主が募集され、募集価格は兄の3倍となる総額6000万円に設定された。オルフェーヴル フレッシュアイペディアより)

  • DREAM競馬

    DREAM競馬から見たディープインパクト (競走馬)ディープインパクト (競走馬)

    その2週間後の10月23日はドリーム競馬史上初めてフジテレビ『スーパー競馬』との共同制作で言わば「スーパードリーム競馬」と言う形で放送された。というのも、この日の菊花賞がディープインパクトの21年ぶりで無敗の三冠馬に輝く可能性があった(結果三冠馬に輝いた)事から菊花賞を通常制作しているKTVに加えてフジテレビも制作に名乗りを挙げた為。実に競馬番組としては空前絶後のカメラ21台、スタート地点・空撮&並走カメラ等を加えて立体的に競馬中継を放送。『スーパー競馬』から福原直英、若槻千夏、井崎脩五郎が出演。東京競馬場のメインレースも挿入したが、テロップ出しは関西テレビから行われた。DREAM競馬 フレッシュアイペディアより)

  • 日本調教馬の日本国外への遠征

    日本調教馬の日本国外への遠征から見たディープインパクト (競走馬)ディープインパクト (競走馬)

    10月1日には、前年に日本のクラシック三冠を制したディープインパクトが凱旋門賞に出走。3位入線するも、後に禁止薬物(当時日本では禁止されていなかった。後に禁止薬物指定)が検出され失格処分となった(ディープインパクト禁止薬物検出事件も参照)。日本調教馬の日本国外への遠征 フレッシュアイペディアより)

  • 中央競馬クラシック三冠

    中央競馬クラシック三冠から見たディープインパクト (競走馬)ディープインパクト (競走馬)

    中央競馬クラシックの範となったイギリスクラシック三冠は近年形骸化しつつあるが、中央競馬では依然として人気が高い。2005年にディープインパクトが無敗で三冠を達成した際には、競馬界以外にも大きな話題を集めた。イギリスクラシックと違い皐月賞が芝2000mで実施されるため、2冠目にあたる東京優駿との距離差は400mにとどまる(2000ギニーは芝1マイル≒1609m)。そのため、イギリスほど出走馬に棲み分けが生じにくい。しかし近年は距離適性を重視して3000mで実施される菊花賞ではなく、2000mで実施される古馬との混合戦・天皇賞(秋)を選択する馬も増えてきており、ジェニュイン、バブルガムフェロー、ダイワメジャー、ディープスカイなどが菊花賞を回避し天皇賞に出走している。稀な例では菊花賞を回避してダート路線に挑戦したイシノサンデーのような例もある。中央競馬クラシック三冠 フレッシュアイペディアより)

  • ノーザンファーム

    ノーザンファームから見たディープインパクト (競走馬)ディープインパクト (競走馬)

    2005年、ディープインパクト号で牡馬三冠達成。ノーザンファーム フレッシュアイペディアより)

  • 2010年の日本競馬

    2010年の日本競馬から見たディープインパクト (競走馬)ディープインパクト (競走馬)

    12日 - 【JRA】 5月2日の天皇賞・春開催当日に京都競馬第12競走で施行される「京都ゴールデンプレミアム」のレース名がファン投票による結果、2006年の同競走の優勝馬ディープインパクトから『ディープインパクトメモリアル』に決定した。2010年の日本競馬 フレッシュアイペディアより)

  • エルコンドルパサー

    エルコンドルパサーから見たディープインパクト (競走馬)ディープインパクト (競走馬)

    なおエルコンドルパサーのヨーロッパ長期キャンペーンは、日本はもとよりフランスにおいても極めて高い評価を受け、渡邊はその年もっとも活躍した競馬関係者に贈られるランセル・ゴールド賞を現在に至るまで外国人としてただ1人受賞している。毎年凱旋門賞を取材しているカメラマンの白田敏行は、現地のファンや関係者の間でも2006年に凱旋門賞だけ出走して日本に帰国したディープインパクトよりも、凱旋門賞に照準を絞り1年がかりでヨーロッパに遠征したエルコンドルパサーのほうが認知されているという見解を示している。「20世紀世界の平地競走馬トップ200」では日本馬として唯一86位にランクインしている。エルコンドルパサー フレッシュアイペディアより)

  • 菊花賞

    菊花賞から見たディープインパクト (競走馬)ディープインパクト (競走馬)

    春のクラシックに出走できなかった競走馬が多く活躍しておりグリーングラス、スーパークリーク、メジロマックイーン、マヤノトップガン、マンハッタンカフェ、ヒシミラクル、デルタブルースなど後の八大競走・GIや海外G1も制した名馬の初重賞勝ちの競走ともなっている。11月に行われていた頃はこれらの「上がり馬」は京都新聞杯や第4回京都競馬のオープン特別、1600万下条件特別などで頭角を現したため未実績馬でも馬券的に人気になる傾向があり、あまり荒れる競走ではなかったが2000年に施行時期を10月に移行してからは上がり馬の台頭が1000万下条件からの勝ち上がりからであることが増えてきている。また2000年以降で1番人気で勝った馬は2005年のディープインパクト、2008年のオウケンブルースリ、2011年のオルフェーヴル、2012年のゴールドシップのみで荒れるレースに変わりつつある。菊花賞 フレッシュアイペディアより)

228件中 21 - 30件表示

「ディープインパクト」のニューストピックワード