273件中 31 - 40件表示
  • アルサイド (競走馬)

    アルサイド (競走馬)から見たディープインパクト (競走馬)ディープインパクト (競走馬)

    アルサイドの母シェニールの祖母アロー Aloe (GB) (1926年産、父サンインロー Son-in-Law (GB) 、F-No.2-f)はゴールドカップ優勝馬フォックスロー Foxlaw (GB) の全妹で、ナッソーステークスやヘーヴァリルステークス(1着: オークス馬ペニーカムクイック Pennycomequick (GB) )で2着となった 。アローに始まる牝系は20世紀で最も重要なクラシックファミリーのひとつとされ 、オリオール Aureole (GB) (1950年産、キングジョージ6世&クイーンエリザベスステークス、リーディングサイアー)、ラウンドテーブル Round Table (USA) (1954年産、アメリカ合衆国年度代表馬、北米リーディングサイアー)、*パーシア(1956年産、前出)、ハイクレア Highclere (GB) (1971年産、1,000ギニー、ディアヌ賞)、ノウンファクト Known Fact (USA) (1977年産、ミドルパークステークス、2,000ギニー)、 Pebbles (GB) (1981年産、1,000ギニー、ブリーダーズカップ・ターフ)、ナシュワン Nashwan (USA) (1986年産、イギリスクラシック二冠、キングジョージ6世&クイーンエリザベスステークス)、 Salsabil (GB) (1987年産、1,000ギニー、オークス、アイリッシュダービー)、ゴーフォーワンド Go for Wand (USA) (1987年産、アメリカ合衆国牝馬チャンピオン)、ディープインパクトなどを輩出している (牝系図参照)。アルサイド (競走馬) フレッシュアイペディアより)

  • ブラックタイド

    ブラックタイドから見たディープインパクト (競走馬)ディープインパクト (競走馬)

    ブラックタイドは日本の競走馬で、現在は種牡馬である。2004年のスプリングステークスに優勝した。全弟に中央競馬クラシック三冠を制したディープインパクト、種牡馬のオンファイアがいる。ブラックタイド フレッシュアイペディアより)

  • キングカメハメハ

    キングカメハメハから見たディープインパクト (競走馬)ディープインパクト (競走馬)

    前年度に活躍したアパパネが牝馬三冠を達成、ローズキングダムもジャパンカップに優勝するなど産駒がGI4勝を含むJRA重賞9勝の活躍。3年連続の2歳リーディングは2010年に産駒がデビューしたディープインパクト、朝日杯フューチュリティステークス優勝のグランプリボスを輩出したサクラバクシンオーに次ぐ3位に終わったものの、全体では2位フジキセキに12億円以上の大差をつけて中央および全国リーディングサイアーに輝いた。サンデーサイレンス系以外の種牡馬がリーディングサイアーとなったのは1994年のトニービン以来16年ぶりのことで、日本においてミスタープロスペクター系の種牡馬がリーディングサイアーとなったのは史上初のことであった。また、11月21日に京都第4レースでグラッツィアが勝利したことによりJRA年間158勝目をあげ、クモハタの157勝を抜いて内国産種牡馬のJRA年間勝利数の新記録となった。JRA年間勝利数は最終的に179勝まで伸び、これに地方での8勝を加算して、2010年における中央・地方合わせての勝ち星数を187勝とした。キングカメハメハ フレッシュアイペディアより)

  • オルフェーヴル

    オルフェーヴルから見たディープインパクト (競走馬)ディープインパクト (競走馬)

    2008年5月14日、父、母の生産牧場でもある社台コーポレーション白老ファームで生まれた。その前年、オルフェーヴルの母・オリエンタルアートは、この年から種牡馬デビューして注目を集めたディープインパクトとの交配を行ったが、3度に渡り受胎に失敗してしまう。空胎を避けるためとの理由でステイゴールドと交配されると一度で受胎。翌年にオルフェーヴルが誕生したが、5月14日と競走馬としては遅生まれとなった。当歳の10月から1歳の10月までの間、社台コーポレーション早来ファームで育成された後、ノーザンファーム空港牧場で競走馬となるための訓練を受けた。オルフェーヴルと同じくステイゴールドを父に持つ全兄・ドリームジャーニーと同様にサンデーサラブレッドクラブで一口馬主が募集され、募集価格は兄の3倍となる総額6000万円(一口150万円)に設定された。オルフェーヴル フレッシュアイペディアより)

  • ノーザンファーム

    ノーザンファームから見たディープインパクト (競走馬)ディープインパクト (競走馬)

    2005年、ディープインパクト号でクラシック三冠達成。ノーザンファーム フレッシュアイペディアより)

  • 吉田勝己

    吉田勝己から見たディープインパクト (競走馬)ディープインパクト (競走馬)

    1989年には妻・和美とともに乗馬文化普及をテーマとした公園・ノーザンホースパークを創業した。これは従業員の乗馬技術の向上や、生産馬が余生を送る場所の設置という目的もあった。1993年8月に善哉が死去すると、照哉が場長を務める社台ファーム千歳、勝己の社台ファーム早来、そして社台ファーム白老は、それぞれ社台ファーム、ノーザンファーム、白老ファームに分社化され、独立した牧場となった。1999年、ノーザンファームは東京優駿(日本ダービー)に優勝したアドマイヤベガらの活躍で初めてリーディングブリーダー(生産馬の獲得賞金額首位)となり、以降も社台ファームと首位の座を争い続けている。両牧場のライバル関係について勝己は「スタッフの間ではお互いをライバルだと思って気合いが入っている人も多いでしょう。それはそれでいいことですが、兄弟の間では意識していませんね」と述べている。2005年にはディープインパクトが中央競馬史上6頭目のクラシック三冠を達成、最終的にはシンボリルドルフ以来の「七冠馬」となり、2008年に社台グループの生産馬として初めて中央競馬の殿堂入りを果たした。吉田勝己 フレッシュアイペディアより)

  • サトノダイヤモンド

    サトノダイヤモンドから見たディープインパクト (競走馬)ディープインパクト (競走馬)

    迎えた菊花賞では、皐月賞馬であるディーマジェスティと人気を分け合う形となり、その中でもサトノダイヤモンドは単勝2.3倍の1番人気に支持された。因みに2番人気となったディーマジェスティの単勝オッズは3.2倍で、3番人気以降の馬の単勝オッズは10倍を超える2強ムードでの開催となった。道中は中団に位置し、抑え気味だった同馬に対してディーマジェスティが並んでいくと、それに呼応するように2周目の3-4コーナーでは順位を徐々に上げ、絶好のポジションにつけ最後の直線に入る。ディーマジェスティを瞬く間に突き放し、前で逃げ粘るミライヘノツバサを差し切り、追い縋るエアスピネルやレインボーラインを寄せ付けず、2着に2馬身半差をつけ勝利。クラシック最後の1冠で悲願のGIタイトルを手にした。ディープインパクト産駒の菊花賞制覇は初であると同時に、馬主の里見にとって初めてのGIタイトル、さらに鞍上のクリストフ・ルメールにとっても初のクラシックタイトル獲得となった。サトノダイヤモンド フレッシュアイペディアより)

  • 八大競走

    八大競走から見たディープインパクト (競走馬)ディープインパクト (競走馬)

    1981年秋より天皇賞は優勝馬であっても再出場が可能となったため、牡馬が勝ち得るレースはクラシック三冠と春・秋の天皇賞、有馬記念となるが、このすべてを制した競走馬はいない。最も近づいたのはシンボリルドルフだったが、6レースのうち天皇賞・秋で2着に敗れ、達成を逃している。同馬は1985年の春の天皇賞を制した時点でシンザンと同様に五冠であったが、後に八大競走に準ずるジャパンカップと2度目の有馬記念を制したことから「七冠馬」と称されている。またディープインパクトもシンザンと同様の五冠であるが、こちらは4歳時に宝塚記念とジャパンカップを制していたことから七冠とアピールされた。八大競走 フレッシュアイペディアより)

  • 中央競馬

    中央競馬から見たディープインパクト (競走馬)ディープインパクト (競走馬)

    10月23日 - ディープインパクトが史上6頭目(無敗では2頭目)の三冠を達成。中央競馬 フレッシュアイペディアより)

  • サイレンススズカ

    サイレンススズカから見たディープインパクト (競走馬)ディープインパクト (競走馬)

    2014年、JRA60周年記念競走(JRA全10場各1レース)当日の特別競走のレース名を決める、『JRA60周年記念競走メモリアルホースファン投票』では、阪神競馬場の記念競走である「宝塚記念」部門でディープインパクト、オルフェーヴルの2頭のクラシック三冠馬を抑え1位となり、当日(6月29日)の第10レースは『永遠の疾風 サイレンススズカカップ』として行われた。サイレンススズカ フレッシュアイペディアより)

273件中 31 - 40件表示

「ディープインパクト」のニューストピックワード