228件中 41 - 50件表示
  • 盛田賢司

    盛田賢司から見たディープインパクト (競走馬)ディープインパクト (競走馬)

    ブレイブハート〜ディープインパクト物語〜(シナリオ:工藤晋、週刊ヤングサンデー2006年22・23合併号 - 2006年35号)盛田賢司 フレッシュアイペディアより)

  • シャチョマンユウキ

    シャチョマンユウキから見たディープインパクト (競走馬)ディープインパクト (競走馬)

    また、2005年の皐月賞で、ディープインパクトとシックスセンスという映画のタイトルが付いた馬が1着2着となったため、映画の名前を付ければ活躍するということにあやかったとされる。シャチョマンユウキ フレッシュアイペディアより)

  • 2号族

    2号族から見たディープインパクト (競走馬)ディープインパクト (競走馬)

    クルシフィックス、ヴォルティジュール、カーバイン、ザテトラーク、ゲインズバラ、ファーラップ、ノーザンダンサー、シーバード、マイスワロー、セクレタリアト、アレッジド等がおり1号族と比較してかなり豪華な面々が揃っている。日本でもディープインパクトがこの牝系に属している。また、サラブレッドではないため2号族に分類されないが、史上最強のクォーターホースといわれるダッシュフォーキャッシュも同じ牝系の出身である。主要な牝系はアルトヴィスカー(Altoviscar、ハイクレア等含む)、アルマームード(Almahmoud)等。2号族 フレッシュアイペディアより)

  • 合田直弘

    合田直弘から見たディープインパクト (競走馬)ディープインパクト (競走馬)

    2006年11月22日放送の『RIDE ON 22』(グリーンチャンネル)で、2006年のジャパンカップは、◎ウィジャボード、○ハーツクライ、▲ディープインパクトと予想。司会の須田鷹雄が3連複でいいといったにもかかわらず、自ら3連単に限定。当たったら須田と一緒に司会を務める桜井悠美子が1日家政婦をするが、外れたらお笑い芸人のたむらけんじの格好(ふんどし、サングラス、獅子舞)をするという公約をした(しかし、合田はその時点ではたむらけんじを知らなかったらしい)。結果はディープインパクトが1着となり、予想ははずれ。そして2007年1月17日、年明け第1回目の放送であったRIDE ON 22の冒頭で、須田が東急ハンズで購入したという「たむらけんじセット」を身につけ、「RIDE ON 22!新春初祭り!」というタイトルコールを行った。タイトルコール後の須田は、罰ゲームについてあえて触れないという行動に出たが、桜井悠美子が「触れないんですか?(笑)」と聞いてきたため、「東急ハンズってすげーな」という感想を述べた。なお、合田は体に「いぢめに負けるな」と書いており、須田が推奨した「ヘルシーなマーケット」という言葉は採用されなかったという。合田直弘 フレッシュアイペディアより)

  • よしだみほ

    よしだみほから見たディープインパクト (競走馬)ディープインパクト (競走馬)

    2004年4月には中山競馬場において、よしだが描いた岡部幸雄・牧原由貴子両騎手の似顔絵の焼印が押された特別バージョンの今川焼きが販売される。中でも岡部騎手バージョンのもの(通称『会長焼』)は、2005年3月に岡部騎手が引退する際にも再び中山競馬場で販売されるほどの人気ぶりとなっている。中山競馬場では他にシンボリクリスエス、ディープインパクトのイラストの焼印が押された「シンボリクリスエス焼き」「ディープインパクト焼き」、前述の岡部、牧原に柴田善臣、横山典弘、後藤浩輝のイラストが入ったおせんべいが販売された事がある。よしだみほ フレッシュアイペディアより)

  • HORSERIDERS

    HORSERIDERSから見たディープインパクト (競走馬)ディープインパクト (競走馬)

    このゲームではホースカードと呼ばれるカードを使用して競走馬を操作したり調教して育成したりすることができる。カード化されている競走馬はグリーングラスやシンボリルドルフなどの1970年代・1980年代の馬からディープインパクトなどの最近の馬までと幅広い。またウオッカやメイショウサムソンといった、稼動開始時点における現役競走馬も多数含まれる。HORSERIDERS フレッシュアイペディアより)

  • アンドレ・ファーブル

    アンドレ・ファーブルから見たディープインパクト (競走馬)ディープインパクト (競走馬)

    1987年に初めてフランスのリーディング・トレーナーになると、それから現在までその座を守り続ける。1993年から大馬主ダニエル・ウィルデンシュタインの所有馬を預かり、またオリビエ・ペリエを主戦騎手にした。このトリオで輩出した馬としてパントレセレブルが挙げられる。2001年にはダニエル・ウィルデンシュタインと確執の末に決別し、2003年にはオリビエ・ペリエが離れ、主戦騎手がクリストフ・スミヨンに変わる。2006年の凱旋門賞には3頭を出走させ、その中の1頭レイルリンクが日本から参戦したディープインパクトなどを破り勝利した。2007年にアーガー・ハーン4世と決別し、さらに主戦騎手のクリストフ・スミヨンも離れてしまった。アンドレ・ファーブル フレッシュアイペディアより)

  • 第72回菊花賞

    第72回菊花賞から見たディープインパクト (競走馬)ディープインパクト (競走馬)

    優勝馬オルフェーヴルはセントライト(1941年)、シンザン(1964年)、ミスターシービー(1983年)、シンボリルドルフ(1984年)、ナリタブライアン(1994年)、ディープインパクト(2005年)に次ぐ、史上7頭目の牡馬クラシック三冠を達成。第72回菊花賞 フレッシュアイペディアより)

  • G1レース集

    G1レース集から見たディープインパクト (競走馬)ディープインパクト (競走馬)

    2005年10月23日の第66回菊花賞(ディープインパクトが無敗の三冠を決めた)当日の夜、その日一日の流れをドキュメント番組として放送された。もちろんその当日の『ドリーム競馬』の収録の裏側も収録されている。G1レース集 フレッシュアイペディアより)

  • アルザオ

    アルザオから見たディープインパクト (競走馬)ディープインパクト (競走馬)

    日本では、繁殖牝馬として日本へ輸入された産駒の1頭であるウインドインハーヘアが三冠馬・ディープインパクトを輩出したことが、アルザオの名前を広く知らしめる契機となった。他に、母の父(BMS)としてはタイムパラドックス、Aussie Rules(仏2000ギニー)、Relaxed Gesture(カナディアンインターナショナルステークス)などが出ている。アルザオ フレッシュアイペディアより)

228件中 41 - 50件表示

「ディープインパクト」のニューストピックワード