273件中 51 - 60件表示
  • 鳥井牧場

    鳥井牧場から見たディープインパクト (競走馬)ディープインパクト (競走馬)

    ナリタカサブランカ - 2008年誕生。ディープインパクトの産駒第1号として話題になった。鳥井牧場 フレッシュアイペディアより)

  • ガナーティ

    ガナーティから見たディープインパクト (競走馬)ディープインパクト (競走馬)

    はとこ、ディープインパクト(2005年中央競馬クラシック三冠などGI競走7勝、種牡馬)ガナーティ フレッシュアイペディアより)

  • バランシーン

    バランシーンから見たディープインパクト (競走馬)ディープインパクト (競走馬)

    翌1994年はプレップレース(前哨戦)を使わないままG1・1000ギニーに出走。7か月ぶりの実戦とあって低評価だったが、このレースより手綱を取ったランフランコ・デットーリを背に、勝ったラスメニーナスから短頭差の2着に入る。続いてオークスに出走し、ウインドインハーヘア(ディープインパクトの母)に2馬身半差をつけて勝利。バランシーン フレッシュアイペディアより)

  • エイシンニーザン

    エイシンニーザンから見たディープインパクト (競走馬)ディープインパクト (競走馬)

    2004年12月25日にデビュー。翌年には4戦目から2連勝したのち、若葉ステークスに挑戦。しかし中団から伸びきれず12着に惨敗した。次戦は、ベンジャミンステークスで、ここでは5着。プリンシパルステークスでは後の海外G1であるシンガポール航空インターナショナルカップを制すことになるシャドウゲイトを押さえて堂々の勝利を挙げた。そして満を持して東京優駿に参戦するが、ここではディープインパクトを始めとするライバル達の厚い壁に阻まれ7着にとどまる。エイシンニーザン フレッシュアイペディアより)

  • ストロングリターン

    ストロングリターンから見たディープインパクト (競走馬)ディープインパクト (競走馬)

    半妹に桜花賞2着のレッドオーヴァル(父:ディープインパクト)がいるストロングリターン フレッシュアイペディアより)

  • 帯同馬

    帯同馬から見たディープインパクト (競走馬)ディープインパクト (競走馬)

    2006年、第85回凱旋門賞に出走したディープインパクトの帯同馬となった。自身もダニエルウィルデンシュタイン賞(G2)に出走し2着となる。帰国後は2007年のダービー卿チャレンジトロフィーを制した。帯同馬 フレッシュアイペディアより)

  • 竹中 美彩

    竹中美彩から見たディープインパクト (競走馬)ディープインパクト (競走馬)

    竹中 美彩(たけなか みさ、本名:池江美彩、1974年12月11日 - )はフリーアナウンサー。オフィスキイワード所属。夫はJRA調教助手でディープインパクトやメジロマックイーン、ステイゴールドなどの調教担当をしていた池江敏行。竹中美彩 フレッシュアイペディアより)

  • 超人大陸

    超人大陸から見たディープインパクト (競走馬)ディープインパクト (競走馬)

    また、「超人偵察隊」や「笑うエスパー」といった視点で端的な国内外の推理・分析(心理的なものが多い)記事を載せている。情報元は不明だが、これは番組内コンテンツの「ディープブログ」(ディープインパクトウォッチ)などでも応用している。超人大陸 フレッシュアイペディアより)

  • ポップロック (競走馬)

    ポップロック (競走馬)から見たディープインパクト (競走馬)ディープインパクト (競走馬)

    しかし、2006年4月9日阪神競馬第7競走の条件戦で2004年5月29日以来約2年ぶりの勝利を収めると、連闘で臨んだ翌週の白鷺特別、1か月後の白川特別と3連勝を飾り、8着に敗れたセントライト記念以来2度目の重賞競走となる目黒記念に出走した。3番人気に支持されると川田将雅を背に重賞初勝利を挙げる。秋には同厩舎のデルタブルースと共にオーストラリアへ遠征。初戦のコーフィールドカップでは7着に敗れるが、続く第146回メルボルンカップではデルタブルースに惜しくも敗れながら2着と健闘する。ちなみに遠征時の鞍上はダミアン・オリヴァーであった。そして帰国後初戦の第51回有馬記念でもディープインパクトから3馬身差の2着に入り、2006年はこの馬にとって飛躍の1年となった。ポップロック (競走馬) フレッシュアイペディアより)

  • サイレントハンター (競走馬)

    サイレントハンター (競走馬)から見たディープインパクト (競走馬)ディープインパクト (競走馬)

    比較的早めに活躍するサンデーサイレンス産駒にしては、初勝利も4歳(当時)の1月と遅めであったが、6年間も現役を続け息の長い活躍をした。また、通算11勝はディープインパクトの12勝に次ぐサンデーサイレンス産駒第2位の勝利数である。11勝のうち9勝を2000メートルのレースで挙げており「2000メートルのスペシャリスト」とも呼ばれていた。サイレントハンター (競走馬) フレッシュアイペディアより)

273件中 51 - 60件表示

「ディープインパクト」のニューストピックワード