273件中 71 - 80件表示
  • 華麗なる一族 (競馬)

    華麗なる一族 (競馬)から見たディープインパクト (競走馬)ディープインパクト (競走馬)

     ||||| イットーイチバン (2008 ディープインパクト)華麗なる一族 (競馬) フレッシュアイペディアより)

  • 写真付き切手

    写真付き切手から見たディープインパクト (競走馬)ディープインパクト (競走馬)

    個人向けとしてシート地が決まっている「スタンダード版」と、法人向けとして条件付きでシート地も変更できる「オリジナル版」とに大別される。「オリジナル版」は、2003年9月に発行された阪神タイガース優勝記念が、その第1号である。その後、清原和博2000本安打達成、イチロー大リーグ262安打達成、ディープインパクト3冠達成などメモリアル切手、鉄腕アトム、仮面ライダーなどアニメ切手、ムーミン、ハローキティなどキャラクター切手、映画・芸能・音楽・スポーツなど企業による切手、地方自治体による切手など多数発行され、新しいコレクターズ・アイテムとしてマスメディアからも注目を集めた。写真付き切手 フレッシュアイペディアより)

  • ウィジャボード (競走馬)

    ウィジャボード (競走馬)から見たディープインパクト (競走馬)ディープインパクト (競走馬)

    さらに翌2006年も現役を続けた。初戦に選んだドバイシーマクラシックではハーツクライの4着、その後もクイーンエリザベス2世カップ3着、コロネーションカップ2着と、善戦はするものの勝ちきれないレースが続いていたが、同年4戦目となったプリンスオブウェールズステークスでは、2006年のドバイワールドカップ馬エレクトロキューショニスト、ドバイデューティーフリー馬デヴィッドジュニアらを下し、昨年の香港ヴァーズ以来となる勝利を飾った。しかし次走のエクリプスステークスではデヴィッドジュニアの5着と敗退。次走の3歳上牝馬限定で行われるナッソーステークスでは1番人気に支持され、3番人気に頭差をつけて優勝した。続くアイリッシュチャンピオンステークスでは2番人気に支持され、1番人気ディラントーマスと叩き合いの末、クビ差の2着に敗れた。3度目の出走となるブリーダーズカップ・フィリー&メアターフでは1番人気に支持され、同レース2度目の優勝を果たし、G1・7勝目を挙げた。また、2006年度カルティエ賞年度代表馬、同最優秀古馬を受賞した。この年度代表馬の受賞は2004年以来2度目の受賞であり、カルティエ賞の創設以来初めて、2度の年度代表馬となった。同年8戦目、ランフランコ・デットーリとともにジャパンカップに再び挑戦したが、ディープインパクトの3着に敗れた。その後香港ヴァーズに出走予定であったが故障を発症し出走取り消しの上引退、繁殖入りすることになった。ウィジャボード (競走馬) フレッシュアイペディアより)

  • リヤドロ

    リヤドロから見たディープインパクト (競走馬)ディープインパクト (競走馬)

    バレンシア地方産の白色カオリン磁土を使用し、石英や長石などを混ぜた粘土液で繋ぎ合わせている。その題材は、ウィリアム・シェークスピアの作品の登場人物、女神とユニコーンなど神話上の人物、ドン・キホーテやシンデレラなどのファンタジーの人物、日常生活に登場する少女や老人、カエルや名馬ディープインパクトなどの動物まで多岐にわたっている。ドイツのマイセンやニュンフェンブルク(Nymphenburg)などの伝統的な磁器人形に比べると、背が高くほっそりした形が特徴であり、メランコリックな雰囲気を漂わせている。作品は磁器人形が中心であり、食器などの実用磁器はわずかしか製造していない。リヤドロ フレッシュアイペディアより)

  • ゴーンウェスト

    ゴーンウェストから見たディープインパクト (競走馬)ディープインパクト (競走馬)

    2号族の同牝系(2-f)からはNashwan、ディープインパクト、Round Table、Aureoleなどの活躍馬が出ている。ゴーンウェスト フレッシュアイペディアより)

  • アドマイヤメイン

    アドマイヤメインから見たディープインパクト (競走馬)ディープインパクト (競走馬)

    その後は香港ヴァーズに出走。Ouija Board(ウィジャボード)の出走取り消しにより1番人気に推される。レースは菊花賞とは異なり後続を引き付けての逃げとなったが、最後は力尽き8着に敗れた。続いての有馬記念では武豊がディープインパクトに騎乗するため柴田善臣に乗り替わりとなり、菊花賞以来の大逃げをレース前に宣言。しかし2周目第3コーナーで後続に捕まり、最後は9着に敗れた。アドマイヤメイン フレッシュアイペディアより)

  • ハミ (馬具)

    ハミ (馬具)から見たディープインパクト (競走馬)ディープインパクト (競走馬)

    2006年の第85回凱旋門賞に出走したJRA所属の競走馬ディープインパクトが3着(後に禁止薬物が検出されたため失格)に敗れた際、武豊騎手はその敗因として「(最後の)直線もハミを取らずに…。いつもなら直線で、もうひとつのギアがあるのに、それが出せなかった」と語っている。ハミ (馬具) フレッシュアイペディアより)

  • チーフベアハート

    チーフベアハートから見たディープインパクト (競走馬)ディープインパクト (競走馬)

    基本的に中距離を得意とする馬が中心ながら,ダートや短距離さらには障害で活躍する馬も輩出するなど、産駒は幅広く活躍している。2009年はマイネルキッツが天皇賞(春)を制覇、ビービーガルダンがスプリンターズステークスで2着、同一年に産駒が3200mと1200mのGIで連対したのは2006年のサンデーサイレンス(ディープインパクト(天皇賞(春)1着)、オレハマッテルゼ(高松宮記念1着))以来で、史上2頭目となった。チーフベアハート フレッシュアイペディアより)

  • ジョッキーを夢見る子供たち

    ジョッキーを夢見る子供たちから見たディープインパクト (競走馬)ディープインパクト (競走馬)

    ディープインパクトと武豊も出演している。ジョッキーを夢見る子供たち フレッシュアイペディアより)

  • アドマイヤキッス

    アドマイヤキッスから見たディープインパクト (競走馬)ディープインパクト (競走馬)

    半弟に2013年新潟大賞典優勝馬パッションダンス(父ディープインパクト)がいる。アドマイヤキッス フレッシュアイペディアより)

273件中 71 - 80件表示

「ディープインパクト」のニューストピックワード