228件中 71 - 80件表示
  • プラザエクウス

    プラザエクウスから見たディープインパクト (競走馬)ディープインパクト (競走馬)

    これを踏まえて2006年10月1日の凱旋門賞にディープインパクトが出走した際には、プラザエクウス渋谷では事前予約制を導入し、100組200名のみに入場を制限することで混乱を回避した。あわせて、ウインズ後楽園(他、関西地区のウインズ道頓堀)でもパブリックビューイング(こちらは事前予約なし)を行った。プラザエクウス フレッシュアイペディアより)

  • 中土居 宏宜

    中土居宏宜から見たディープインパクト (競走馬)ディープインパクト (競走馬)

    競馬好きをいたる所で公言しており、ディープインパクトのことを敬愛している。老後の夢は北海道に移り住んで、牧場を経営して馬の世話をすること。中土居宏宜 フレッシュアイペディアより)

  • インティライミ

    インティライミから見たディープインパクト (競走馬)ディープインパクト (競走馬)

    単勝2番人気に支持された東京優駿(日本ダービー)では3?4番手を追走し、直線では逃げたコスモオースティンを内から交わして一気に先頭に立ったが、残り200m手前でディープインパクトに交わされて5馬身差の2着に終わる。インティライミ フレッシュアイペディアより)

  • 宮本勝浩

    宮本勝浩から見たディープインパクト (競走馬)ディープインパクト (競走馬)

    2006年 「阪神優勝の経済効果」、「清原、中村選手のオリックス入団の経済効果」、「2008年大阪サミット誘致の経済効果」、「ディープインパクトの経済効果」宮本勝浩 フレッシュアイペディアより)

  • エイシンテネシー

    エイシンテネシーから見たディープインパクト (競走馬)ディープインパクト (競走馬)

    2006年12月に帰国し、再び栄進牧場で繋養されていたが、2008年、ディープインパクトとの産駒を3月12日に出産後の6月5日に放牧中の事故により19歳で死亡した。エイシンテネシー フレッシュアイペディアより)

  • カーリング (競走馬)

    カーリング (競走馬)から見たディープインパクト (競走馬)ディープインパクト (競走馬)

    繁殖入り後はフランスで繋養され、初年度はレインボウクエストと交配されて、1998年に初産駒を出産し、この年はシングスピールと交配された。その後日本へ輸出されることになり、1999年より社台ファームで繋養されている。2002年はエルコンドルパサーと交配されたが不受胎だった。2007年はディープインパクトと交配された。カーリング (競走馬) フレッシュアイペディアより)

  • グルヴェイグ (競走馬)

    グルヴェイグ (競走馬)から見たディープインパクト (競走馬)ディープインパクト (競走馬)

    グルヴェイグは日本の競走馬。馬名の意味は「北欧神話の女神」。父はディープインパクト、母はエアグルーヴである。おもな勝ち鞍に2012年マーメイドステークスがある。グルヴェイグ (競走馬) フレッシュアイペディアより)

  • ヨシモト∞

    ヨシモト∞から見たディープインパクト (競走馬)ディープインパクト (競走馬)

    上記の役者のうち、山田将之がサポートしたチームは2006年では優勝を1回しか逃していないほど勝率が高かったため、ほっしゃん。は山田を「サポート役者のディープインパクト」と評したことがあった。ヨシモト∞ フレッシュアイペディアより)

  • コスモバルク

    コスモバルクから見たディープインパクト (競走馬)ディープインパクト (競走馬)

    その後の出国検疫の際、入国時に採血した血液が馬ピロプラズマという伝染病の陰性反応を確認できず、5月18日に予定していた帰国が延期されたが、再検査の結果、陰性と判明し無事帰国した。日程次第では出走できない可能性のあった宝塚記念には、帰国後、北海道には戻らず京都競馬場に直接入ることで出走にこぎ着けた。しかしシンガポールで1週間足止めをされた影響からか、馬体重は前走からマイナス10キログラムとなった。単勝3番人気に支持されたレースでは5番手辺りを追走するが、勝利したディープインパクトに4コーナーで外から交わされると付いて行けず、直線でも伸びず8着に敗れた。コスモバルク フレッシュアイペディアより)

  • コダマ (競走馬)

    コダマ (競走馬)から見たディープインパクト (競走馬)ディープインパクト (競走馬)

    翌1960年のオープン戦、スプリングステークスも勝つと、皐月賞では2着に6馬身差をつけ圧勝。本来の主戦騎手・栗田勝落馬負傷の代打として騎乗した渡辺正人は、史上初の同一クラシック3連覇を達成した(その後、嶋田功がオークスで2人目の達成)。この頃には周囲から「トキノミノルの再来」と謳われ、名前やその鮮烈な末足からその人気は絶頂期を迎える。東京優駿では調教途中に落鉄するトラブルに見舞われたが、レコードタイム(当時、2分30秒7)で勝利。無敗で皐月賞、日本ダービーの二冠を制したのは他にトキノミノル、シンボリルドルフ、ミホノブルボン、トウカイテイオー、ディープインパクトの5頭のみである。これにより、前述の「トキノミノルの再来」の期待に応え、「トキノミノルの再現」まで果たしてしまう。また、この年9月の3歳戦より導入されたスターティングゲートが、日本ダービーについても翌1961年から導入されたため、従来のバリヤー式スタートで行われた日本ダービーの最後の優勝馬となった。コダマ (競走馬) フレッシュアイペディアより)

228件中 71 - 80件表示

「ディープインパクト」のニューストピックワード