273件中 81 - 90件表示
  • 脚質

    脚質から見たディープインパクト (競走馬)ディープインパクト (競走馬)

    代表的な追い込み馬はシービークロス、ミスターシービー、ホクトヘリオス、タマモクロス、ヒシアマゾン、ブロードアピール、アグネスデジタル、デュランダル、スイープトウショウ、ディープインパクト、ドリームジャーニー、オウケンブルースリ、ブエナビスタ、ゴールドシップなど。脚質 フレッシュアイペディアより)

  • 雨上がり決死隊べしゃりブリンッ!

    雨上がり決死隊べしゃりブリンッ!から見たディープインパクト (競走馬)ディープインパクト (競走馬)

    2006年10月18日、ディープインパクトの着順予想を外した蛍原が罰ゲーム、蛍原嫁の口癖「なんでなんで」を録音する。雨上がり決死隊べしゃりブリンッ! フレッシュアイペディアより)

  • 恒心

    恒心から見たディープインパクト (競走馬)ディープインパクト (競走馬)

    クラシック三冠馬となったのは ナリタブライアンが1994年(平成6年)に三冠馬となる。ディープインパクトが2005年(平成17年)に三冠馬となる。オルフェーヴルが2011年(平成23年)に三冠馬となる。スティルインラブが2003年(平成15年)に 牝馬三冠となる。アパパネは2010年(平成22年)牝馬三冠となる。ジェンティルドンナが2012年(平成24年)に牝馬三冠となる。恒心 フレッシュアイペディアより)

  • ダノンバラード

    ダノンバラードから見たディープインパクト (競走馬)ディープインパクト (競走馬)

    2010年10月24日、京都競馬場の2歳新馬戦で武豊を鞍上に迎えてデビュー、単勝1番人気に支持され1着となる。2戦目には11月27日の京都2歳ステークスに出走、1番人気に支持される。道中は中団に付け直線外から伸びて来るもゴール前で伸びきれず3着に敗れた。3戦目には12月25日のラジオNIKKEI杯2歳ステークスに出走、後方でレースを進め直線では外めに出し鋭く伸びオールアズワンにクビ差つけて1着となり、ディープインパクト産駒初めての重賞制覇となった。ダノンバラード フレッシュアイペディアより)

  • マルセリーナ

    マルセリーナから見たディープインパクト (競走馬)ディープインパクト (競走馬)

    マルセリーナ(Marcellina、2008年2月17日 - )は日本の競走馬。おもな勝ち鞍は2011年桜花賞、2013年マーメイドステークス。ディープインパクトの初年度産駒の一頭であり、同産駒初のGI勝利馬。馬名の由来は、女性の名前。マルセリーナ フレッシュアイペディアより)

  • アンドレ・ファーブル

    アンドレ・ファーブルから見たディープインパクト (競走馬)ディープインパクト (競走馬)

    1987年に初めてフランスのリーディング・トレーナーになると、それから現在までその座を守り続ける。1993年から大馬主ダニエル・ウィルデンシュタインの所有馬を預かり、またオリビエ・ペリエを主戦騎手にした。このトリオで輩出した馬としてパントレセレブルが挙げられる。2001年にはダニエル・ウィルデンシュタインと確執の末に決別し、2003年にはオリビエ・ペリエが離れ、主戦騎手がクリストフ・スミヨンに変わる。2006年の凱旋門賞には3頭を出走させ、その中の1頭レイルリンクが日本から参戦したディープインパクトなどを破り勝利した。2007年にアーガー・ハーン4世と決別し、さらに主戦騎手のクリストフ・スミヨンも離れてしまった。なおハーリド・ビン・アブドゥッラーが率いるジュドモンドグループ(名義はアブドゥッラー殿下)の所有馬を預かっており、フランスの調教師の中でもアブドゥッラー殿下のフランスでの専属調教師で知られている。アンドレ・ファーブル フレッシュアイペディアより)

  • デルタブルース

    デルタブルースから見たディープインパクト (競走馬)ディープインパクト (競走馬)

    緒戦は京都記念に出走し5着。続く阪神大賞典は7馬身離された3着。天皇賞(春)は4番人気に推されるも、勝負どころで動けず、ディープインパクトの10着と大敗した。その後、宝塚記念に向け調整されていたが、右前脚に脚部不安を発症、同レースを回避し休養することとなった。秋に入り、同厩舎のポップロックと共にオーストラリアへ遠征。約半年ぶりの出走となったコーフィールドカップでは56.0kgのトップハンデを課され、現地での前評判も高くはなかったが、3着と健闘した。次走、メルボルンカップでは早めに先頭に立つとポップロックとの競り合いを制し、コロネーションカップやゴールドカップの勝ち馬イェーツらを抑えて優勝。同レースでのアジア調教馬の優勝、及び南半球で開催されるG1競走での日本調教馬の優勝はこれが初めてである。レースは日本調教馬2頭が抜け出すという日本馬の強さが目立つ内容であった。このレースによって後に2006/07年シーズンのオーストラリア最優秀ステイヤーに選ばれた。日本調教馬がオーストラリアの代表馬に選ばれたのは史上初のことである。デルタブルース フレッシュアイペディアより)

  • 盛田賢司

    盛田賢司から見たディープインパクト (競走馬)ディープインパクト (競走馬)

    ブレイブハート〜ディープインパクト物語〜(シナリオ:工藤晋、週刊ヤングサンデー2006年22・23合併号 - 2006年35号)盛田賢司 フレッシュアイペディアより)

  • シャドウゲイト (競走馬)

    シャドウゲイト (競走馬)から見たディープインパクト (競走馬)ディープインパクト (競走馬)

    2005年2月19日、東京競馬場で行われた新馬戦でデビュー。デビュー戦は6着に終わる。3戦目の未勝利戦で同じ社台ファームの生産馬であるトーセンダンスらを相手に勝利を収めると、続いて東京優駿(日本ダービー)トライアルのプリンシパルステークスに出走。11番人気ながら2着に入り、東京優駿(日本ダービー)の優先出走権を得る。しかし本番の東京優駿(日本ダービー)では勝ち馬ディープインパクトに及ばず16着と完敗する。シャドウゲイト (競走馬) フレッシュアイペディアより)

  • サタうま!

    サタうま!から見たディープインパクト (競走馬)ディープインパクト (競走馬)

    辻本茂雄 - 番組を通じて陣営“公認”の「ディープインパクト応援団長」となった。サタうま! フレッシュアイペディアより)

273件中 81 - 90件表示

「ディープインパクト」のニューストピックワード