ディープスカイ ニュース&Wiki etc.

ディープスカイとは日本の競走馬である。2008年のNHKマイルカップ、東京優駿(日本ダービー)などに優勝。同年のJRA賞最優秀3歳牡馬。主戦騎手は四位洋文。馬名は馬主が使用する冠名「ディープ」 () と、空を意味する「スカイ」 () の合成で、「澄み切った大空」という意味。 (出典:Wikipedia)

「ディープスカイ」Q&A

  • Q&A

    思い出深い勝利騎手インタビューは?皆さんの感動の名場面・・・というよりは迷場面をおし…

    [続きを読む]

    回答数:8質問日時 - 2011年1月5日 09:07

  • Q&A

    いよいよ有馬記念ですが、ドリームジャーニーは今年は苦しいでしょうか?今年に入ってから…

    [続きを読む]

    回答数:6質問日時 - 2010年12月20日 13:36

  • Q&A

    今更ですが日本ダービーの事について。2008年優勝 1枠1番ディープスカイ2009年…

    [続きを読む]

    回答数:6質問日時 - 2010年12月17日 22:03

つながり調べ

関連のありそうなワードから見た「ディープスカイ」のつながり調べ

  • エーシンフォワード

    エーシンフォワードから見たディープスカイ

    10月8日の京都芝1400mの新馬戦で1番人気に応えてデビュー戦を飾った。この競走の4着には翌年にNHKマイルカップと東京優駿の変則二冠を成し遂げたディープスカイが入った。続く500万下の連勝。しかし朝日杯フューチュリティステークスは伸びを欠き9着に敗れた。(エーシンフォワード フレッシュアイペディアより)

  • ミスカーミー

    ミスカーミーから見たディープスカイ

    引退後はエコーバレーホースファームで繁殖牝馬となった。繁殖牝馬としてはクリスエヴァートがトリプルティアラを制したほか、オールレインボーズがステークス優勝馬となっている。ミスカーミーの孫やそれ以降の世代になっても活躍馬が出ており、その牝系は名牝系のひとつとして認知され、ミスカーミー系とも呼ばれている。代表的なミスカーミー系の競走馬は、アメリカではチーフズクラウンやウイニングカラーズ、ヨーロッパではスペシャルデューティー、日本ではタップダンスシチーやディープスカイである。(ミスカーミー フレッシュアイペディアより)