ディープスカイ ニュース&Wiki etc.

ディープスカイは、日本の競走馬である。2008年のNHKマイルカップ、東京優駿(日本ダービー)等に優勝。同年のJRA賞最優秀3歳牡馬。主戦騎手は四位洋文。馬名は馬主が使用する冠名「ディープ」()と、空を意味する「スカイ」()の合成で、「澄み切った大空」という意味。 (出典:Wikipedia)

「ディープスカイ」最新ニュース

「ディープスカイ」Q&A

  • Q&A

    思い出深い勝利騎手インタビューは?皆さんの感動の名場面・・・というよりは迷場面をおし…

    [続きを読む]

    回答数:8質問日時 - 2011年1月5日 09:07

  • Q&A

    いよいよ有馬記念ですが、ドリームジャーニーは今年は苦しいでしょうか?今年に入ってから…

    [続きを読む]

    回答数:6質問日時 - 2010年12月20日 13:36

  • Q&A

    今更ですが日本ダービーの事について。2008年優勝 1枠1番ディープスカイ2009年…

    [続きを読む]

    回答数:6質問日時 - 2010年12月17日 22:03

つながり調べ

関連のありそうなワードから見た「ディープスカイ」のつながり調べ

  • 小檜山悟

    小檜山悟から見たディープスカイ

    1978年に美浦・畠山重則厩舎で調教助手となる。1995年に調教師免許を取得し、翌1996年3月に厩舎を開業。2003年、イルバチオでアイビスサマーダッシュを制し、初重賞を飾る。2008年、スマイルジャックでスプリングステークスを制覇するも、東京優駿(日本ダービー)では、ディープスカイにかわされ2着に終わる。(小檜山悟 フレッシュアイペディアより)

  • 2008年の日本競馬

    2008年の日本競馬から見たディープスカイ

    6月1日 - 第75回東京優駿競走(日本ダービー)でディープスカイ號(牡3、昆貢厩舎)が1着となったが、騎乗した四位洋文は2007年のウオッカ號に続く2年連続優勝。東京優駿連覇騎手は武豊に次いで史上二人目の栄誉であると同時に、四位は牡・牝の両方で東京優駿を制覇した史上初の騎手ともなった。(2008年の日本競馬 フレッシュアイペディアより)

「ディープスカイ」から見た関連のありそうなワードのつながり調べ

「ディープスカイ」のニューストピックワード