前へ 1 2 3 4 5
42件中 1 - 10件表示
  • ミスカーミー

    ミスカーミーから見たディープスカイディープスカイ

    引退後はエコーバレーホースファームで繁殖牝馬となった。繁殖牝馬としてはクリスエヴァートがトリプルティアラを制したほか、オールレインボーズがステークス優勝馬となっている。ミスカーミーの孫やそれ以降の世代になっても活躍馬が出ており、その牝系は名牝系のひとつとして認知され、ミスカーミー系とも呼ばれている。代表的なミスカーミー系の競走馬は、アメリカではチーフズクラウンやウイニングカラーズ、ヨーロッパではスペシャルデューティー、日本ではタップダンスシチーやディープスカイである。ミスカーミー フレッシュアイペディアより)

  • 深見敏男

    深見敏男から見たディープスカイディープスカイ

    2003年ごろ、義父・深見富朗(建重製作所会長)の勧めで、これからのことを考えて馬主となる。2008年、義父の進言により所有するに至ったディープスカイがNHKマイルカップと東京優駿に勝利し、馬主5年目にしてGI競走の優勝馬主となり、ダービーオーナーともなった。深見敏男 フレッシュアイペディアより)

  • シンコウラブリイ

    シンコウラブリイから見たディープスカイディープスカイ

    引退後は大樹ファームに繋養され、ロードクロノス、レディベローナの2頭の仔を産んだ後、1996年からは安田オーナーが用意したシンコーファームに繋養されていた。多くの産駒がロードホースクラブの所有馬になっている。2011年にディープスカイの牝馬を生んだのを最後に繁殖から引退。以後は同ファームで余生を送っていたが、蹄葉炎のため同年12月5日に死亡した。シンコウラブリイ フレッシュアイペディアより)

  • ドリームジャーニー

    ドリームジャーニーから見たディープスカイディープスカイ

    2009年は、1月25日のアメリカジョッキークラブカップから始動、1番人気に支持されるも直線では伸びず8着に敗れた。中山記念では直線鋭く伸びるも、前を行くカンパニーをわずかに捉えられず2着に敗れた。産経大阪杯では3番人気に支持され、最終直線の2ハロンで先頭に立つと、1番人気のディープスカイとの追い比べを制し、重賞5勝目を挙げた。ドリームジャーニー フレッシュアイペディアより)

  • 昆貢

    昆貢から見たディープスカイディープスカイ

    2008年、NHKマイルカップ(JpnI)及び東京優駿(JpnI)をディープスカイで制覇し、1年で2度の中央GI級競走勝利を飾る。昆貢 フレッシュアイペディアより)

  • ウオッカ

    ウオッカから見たディープスカイディープスカイ

    11月2日、天皇賞(秋)に出走。ライバル・ダイワスカーレットは単騎で逃げ、ウオッカはディープスカイをマークする形でレースを進め、直線に入り残り300メートルからディープスカイとともにダイワスカーレットに並びかける。ゴール前は2頭並んでの叩き合いとなり、一時は先頭に立つも再びダイワスカーレットが差し返し2頭並んでゴールイン。15分に及ぶ写真判定の末、2cmという僅差で勝利した。また、勝ちタイムは1分57秒2とレコード決着となった(レース詳細は第138回天皇賞を参照)。東京優駿を制した牝馬が天皇賞を制したのはヒサトモ(第6回東京優駿、第3回帝室御賞典)以来である。また、牝馬による牡馬混合GI3勝目となりこれも過去最多勝利数となった(その後、5勝にまで記録を伸ばす)。ウオッカ フレッシュアイペディアより)

  • 2008年の日本競馬

    2008年の日本競馬から見たディープスカイディープスカイ

    6月1日 - 第75回東京優駿競走(日本ダービー)でディープスカイ號(牡3、昆貢厩舎)が1着となったが、騎乗した四位洋文は2007年のウオッカ號に続く2年連続優勝。東京優駿連覇騎手は武豊に次いで史上二人目の栄誉であると同時に、四位は牡・牝の両方で東京優駿を制覇した史上初の騎手ともなった。2008年の日本競馬 フレッシュアイペディアより)

  • ブラックシェル

    ブラックシェルから見たディープスカイディープスカイ

    その皐月賞では、マイネルチャールズと同枠の5枠に入った。レースでは好スタートを決めると内側にいたマイネルチャールズに後手を踏ませることには成功するも、直後にサブジェクトに前を塞がれ、結局後位でレースを進める。そのまま淡々とレースが進み最後の直線に入るもさほど伸びずに6着に敗れた。獲得賞金の問題から日本ダービーへの出走が微妙となったため、賞金を積み上げるために、新たに鞍上に後藤浩輝を迎えて、NHKマイルカップに出走。このレースは父クロフネが制しており、親子制覇の期待がかかっていたが、レースは逃げたゴスホークケンが大きく外を回って内側が大きく空いたため、そこをついて先頭に立とうとするも、同じように内を突いてきたディープスカイに交わされ2着に敗れた。ブラックシェル フレッシュアイペディアより)

  • キートゥザミント

    キートゥザミントから見たディープスカイディープスカイ

    引退後は種牡馬となり、プラグドニクル、ジュエルプリンセスなどを輩出した。キートゥザミントは牡馬よりも牝馬の活躍馬を多く出した。またキートゥザミントは父グロースタークと同じく母系にはいってからも優秀であり、日本ではダンシングキイの一族やディープスカイ、カワカミプリンセスの母系にその名を見つけることができる。キートゥザミント フレッシュアイペディアより)

  • アドマイヤコマンド

    アドマイヤコマンドから見たディープスカイディープスカイ

    体質の弱さなどからデビューが遅れ、3月16日に阪神競馬場で行われた3歳新馬戦がデビュー戦となり、レースでは2着馬に7馬身差をつけて圧勝して初勝利を挙げた。2戦目は中1週で格上挑戦となる毎日杯に出走することになった。デビュー2戦目での重賞初挑戦ながら1番人気に支持されたが、レースではディープスカイに敗れて2着だったものの収得賞金を加算しオープン馬となった。次は皐月賞にレース2週間前に行う予備出走登録していたが、レース出走を回避し、東京優駿トライアルの青葉賞へ出走し、2番人気でレースを制してデビュー3戦目で重賞初勝利を挙げ、東京優駿への優先出走権を獲得した。そして迎えた大一番の東京優駿では4番人気に支持されたが、レースでは最後の直線で伸び切れず7着という結果に終わり、レース後はリフレッシュ放牧に出された。アドマイヤコマンド フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5
42件中 1 - 10件表示