52件中 11 - 20件表示
  • 第76回東京優駿

    第76回東京優駿から見たディープスカイディープスカイ

    また、本年はベストメンバー以外に故障を発生する有力馬が少なく、賞金が足りずに出走が叶わなかった馬の中で最高額となるのがデルフォイの2000万円であった。なお京都新聞杯優勝馬のベストメンバーは骨折により東京優駿を断念し、それにより騎手としてウオッカ・ディープスカイに続く3連覇を目指していた四位洋文は他に騎乗馬がなく、本競走での記録更新は不可能となった。第76回東京優駿 フレッシュアイペディアより)

  • 第53回有馬記念

    第53回有馬記念から見たディープスカイディープスカイ

    ファン投票20位以内の馬のうち、1位のウオッカと5位のディープスカイ、6位のオウケンブルースリはジャパンカップ後休養にあてるため回避した。地方からはコスモバルクが出走を表明していた。外国馬の登録はなかった。第53回有馬記念 フレッシュアイペディアより)

  • アドマイヤコマンド

    アドマイヤコマンドから見たディープスカイディープスカイ

    体質の弱さなどからデビューが遅れ、3月16日に阪神競馬場で行われた3歳新馬戦がデビュー戦となり、レースでは2着馬に7馬身差をつけて圧勝して初勝利を挙げた。2戦目は中1週で格上挑戦となる毎日杯に出走することになった。デビュー2戦目での重賞初挑戦ながら1番人気に支持されたが、レースではディープスカイに敗れて2着だったものの本賞金を獲得しオープン馬となった。次は皐月賞にレース2週間前に行う予備出走登録していたが、レース出走を回避し、東京優駿トライアルの青葉賞へ出走し、2番人気でレースを制してデビュー3戦目で重賞初勝利を挙げ、東京優駿への優先出走権を獲得した。そして迎えた大一番の東京優駿では4番人気に支持されたが、レースでは最後の直線で伸び切れず7着という結果に終わり、レース後はリフレッシュ放牧に出された。アドマイヤコマンド フレッシュアイペディアより)

  • 北海優駿

    北海優駿から見たディープスカイディープスカイ

    スタリオンシリーズ競走:2012年はディープスカイの種付権が副賞として贈られた。北海優駿 フレッシュアイペディアより)

  • ブラックシェル

    ブラックシェルから見たディープスカイディープスカイ

    その皐月賞では、マイネルチャールズと同枠の5枠に入った。レースでは好スタートを決めると内側にいたマイネルチャールズに後手を踏ませることには成功するも、直後にサブジェクトに前を塞がれ、結局後位でレースを進める。そのまま淡々とレースが進み最後の直線に入るもさほど伸びずに6着に敗れた。獲得賞金の問題から日本ダービーへの出走が微妙となったため、賞金を積み上げるために、新たに鞍上に後藤浩輝を迎えて、NHKマイルカップに出走。このレースは父クロフネが制しており、親子制覇の期待がかかっていたが、レースは逃げたゴスホークケンが大きく外を回って内側が大きく空いたため、そこをついて先頭に立とうとするも、同じように内を突いてきたディープスカイに交わされ2着に敗れた。ブラックシェル フレッシュアイペディアより)

  • 2009年の日本競馬

    2009年の日本競馬から見たディープスカイディープスカイ

    19日 - 【JRA】2008年の東京優駿(日本ダービー)とNHKマイルカップを制したのディープスカイ(牡4歳、栗東:昆貢厩舎)が左前浅屈腱炎のため、現役引退を決定。今後はダーレー・ジャパンのシンジケート下にて種牡馬となることになっている。2009年の日本競馬 フレッシュアイペディアより)

  • ラインクラフト

    ラインクラフトから見たディープスカイディープスカイ

    2005年はフィリーズレビューから始動し、このレースを勝利すると桜花賞に挑んだ。桜花賞では1番人気のシーザリオをアタマ差で抑えてGIを初勝利した。さらに、距離の長い優駿牝馬(オークス)を回避して出走したNHKマイルカップではスローペースを味方につけて抜け出し、牡馬を破って桜花賞とNHKマイルカップを制覇という組み合わせでの変則二冠を達成した(過去にはキングカメハメハによるNHKマイルカップ・東京優駿の変則二冠という例がある。後にディープスカイも達成)。ラインクラフト フレッシュアイペディアより)

  • STARHORSE2

    STARHORSE2から見たディープスカイディープスカイ

    2008年のクラシック世代が追加。ディープスカイなどが登場。STARHORSE2 フレッシュアイペディアより)

  • 毎日杯

    毎日杯から見たディープスカイディープスカイ

    グレード制導入後の優勝馬にはフレッシュボイス・オグリキャップ・タイキフォーチュン・テイエムオペラオー・クロフネ・キングカメハメハ・ディープスカイ・ダノンシャンティが、優勝馬以外からもヤエノムテキ・タイキブリザード・シルクジャスティス・ユートピア・ウインクリューガー・ストロングリターン・ルーラーシップといったGI競走優勝馬が名を連ねる。毎日杯 フレッシュアイペディアより)

  • カツラノハイセイコ

    カツラノハイセイコから見たディープスカイディープスカイ

    1981年のマイラーズカップは直線で外から一気に追い込んで勝利したものだが、そのマイラーズカップには1年後輩のダービー馬であるオペックホースも出走(4着)していた。これ以後、1600メートルの重賞でのダービー馬対決は2009年の安田記念(ウオッカ対ディープスカイ)まで実現しなかった。カツラノハイセイコ フレッシュアイペディアより)

52件中 11 - 20件表示

「ディープスカイ」のニューストピックワード