42件中 21 - 30件表示
  • STARHORSE

    STARHORSEから見たディープスカイディープスカイ

    2003年(ネオユニヴァース)、2005年(ディープインパクト)、2008年(ディープスカイ)の各世代の馬が登場。STARHORSE フレッシュアイペディアより)

  • 第138回天皇賞

    第138回天皇賞から見たディープスカイディープスカイ

    2008年秋の天皇賞として、東京競馬場・芝2000メートルのコースで行われた。出走馬は17頭。5頭のGI競走優勝馬を含む全馬に重賞優勝経験があり、中でもウオッカ、ディープスカイ、ダイワスカーレットの「3強対決」が注目を集めた。レースは、従来のコースレコードおよびレースレコードを0.8秒更新する新記録・1分57秒2でウオッカが優勝。2着ダイワスカーレットとは2cmのハナ差という、GI競走史上2番目の僅差での決着となった。3着にはディープスカイが入り、前評判通りに「3強」が3着までを占める結果となった。第138回天皇賞 フレッシュアイペディアより)

  • 第53回有馬記念

    第53回有馬記念から見たディープスカイディープスカイ

    ファン投票20位以内の馬のうち、1位のウオッカと5位のディープスカイ、6位のオウケンブルースリはジャパンカップ後休養にあてるため回避した。地方からはコスモバルクが出走を表明していた。外国馬の登録はなかった。第53回有馬記念 フレッシュアイペディアより)

  • ラインクラフト

    ラインクラフトから見たディープスカイディープスカイ

    2005年はフィリーズレビューから始動し、このレースを勝利すると桜花賞に挑んだ。桜花賞では1番人気のシーザリオをアタマ差で抑えてGIを初勝利した。さらに、距離の長い優駿牝馬(オークス)を回避して出走したNHKマイルカップではスローペースを味方につけて抜け出し、牡馬を破って桜花賞とNHKマイルカップを制覇という組み合わせでの変則二冠を達成した(過去にはキングカメハメハによるNHKマイルカップ・東京優駿の変則二冠という例がある。後にディープスカイも達成)。ラインクラフト フレッシュアイペディアより)

  • アグネスタキオン

    アグネスタキオンから見たディープスカイディープスカイ

    ディープスカイ(東京優駿、NHKマイルカップ、神戸新聞杯、毎日杯) - 種牡馬アグネスタキオン フレッシュアイペディアより)

  • タップダンスシチー

    タップダンスシチーから見たディープスカイディープスカイ

    また、近親には三代母Miss Carmieを四代母として同じくするディープスカイ(2008年NHKマイルカップ・東京優駿)がいる。タップダンスシチー フレッシュアイペディアより)

  • カワカミプリンセス

    カワカミプリンセスから見たディープスカイディープスカイ

    繁殖牝馬となり、2010年はディープスカイと交配したが不受胎となった。2011年はコマンズと交配して受胎し、2012年3月14日に牝馬を出産した。カワカミプリンセス フレッシュアイペディアより)

  • 競走馬の血統

    競走馬の血統から見たディープスカイディープスカイ

    例:アグネスレディー(優駿牝馬) - アグネスフローラ(桜花賞) - アグネスフライト(東京優駿)・アグネスタキオン(皐月賞) - ディープスカイ(NHKマイルカップ、東京優駿)競走馬の血統 フレッシュアイペディアより)

  • スーパーホーネット

    スーパーホーネットから見たディープスカイディープスカイ

    2009年、この年から代表馬主が田島政光に変更となった。前年末の香港遠征から4か月の休養を挟み、春マイル路線へ向けての緒戦として4月18日のマイラーズカップに出走。1番人気に支持されたレースでは、最後の直線コースに入り残り2ハロンで先頭に立つと、前年優勝のカンパニーの猛追をわずかに抑えて優勝した。そして本番の6月7日第59回安田記念では、ウオッカ、ディープスカイの両ダービー馬に次ぐ3番人気で出走。レースは道中中団やや後方でディープスカイとともに馬群を形成。直線では伸びる気配はあったものの今一歩本来の伸びを欠いてウオッカの7着に敗れた。その後、脚部不安となり秋シーズンは1走もできなかった。スーパーホーネット フレッシュアイペディアより)

  • サクラメガワンダー

    サクラメガワンダーから見たディープスカイディープスカイ

    2009年は京都記念から始動、1番人気に支持されたが、クビ差でアサクサキングスの2着に敗れた。その後、5月30日の金鯱賞に1番人気で出走。好位から最後の直線で先頭に立ち、一気に後続を引き離して快勝、重賞4勝目を挙げた。続く宝塚記念では好位集団でレースを進め、最後の直線でドリームジャーニーの追い込みに屈したもののディープスカイをかわして2着に入った。夏場の休養を挟み、ぶっつけで天皇賞(秋)に出走したが見せ場がなく13着に敗れた。11月12日、左前浅屈腱炎を発症していることが発覚、全治までは約9か月の見込みとなっていたが、2年以上の休養の末、復帰はかなわず競走馬を引退した。サクラメガワンダー フレッシュアイペディアより)

42件中 21 - 30件表示