52件中 21 - 30件表示
  • カワカミプリンセス

    カワカミプリンセスから見たディープスカイディープスカイ

    繁殖牝馬となり、2010年はディープスカイと交配したが不受胎となった。2011年はコマンズと交配して受胎し、2012年3月14日に牝馬を出産した。カワカミプリンセス フレッシュアイペディアより)

  • シンコウラブリイ

    シンコウラブリイから見たディープスカイディープスカイ

    引退後は大樹ファームに繋養され、ロードクロノス、レディベローナの2頭の仔を産んだ後、1996年からは安田オーナーが用意したシンコーファームに繋養されていた。多くの産駒がロードホースクラブの所有馬になっている。2011年にディープスカイの牝馬を生んだのを最後に繁殖から引退。以後は同ファームで余生を送っていたが、蹄葉炎のため同年12月5日に死亡した。シンコウラブリイ フレッシュアイペディアより)

  • スマイルジャック

    スマイルジャックから見たディープスカイディープスカイ

    続くクラシック第2戦、父仔2代制覇、前年のウオッカに続くタニノギムレット産駒の連覇を目指した東京優駿では12番人気と皐月賞での敗戦などで大きく人気を落としていた。道中は逃げ馬を見ながら好位でレースを進め、直線では一旦完全に抜け出し後続を突き放しにかかったが、ラスト100mあたりで大外から一気に強襲したディープスカイにかわされ2着となった。低評価を覆しての好走で、この結果3連単は20万馬券という高配当となった。秋は菊花賞トライアルの神戸新聞杯から始動。しかし、9着に敗れた。そして迎えた本番、菊花賞。レースでは先行集団に位置し、4コーナーでまくって先頭に立つがその後失速し、16着に敗れた。その後は菊花賞から大幅な距離短縮となった初の古馬との対戦マイルチャンピオンシップでは岩田康誠に乗り替わったが11着に敗れた。スマイルジャック フレッシュアイペディアより)

  • テイエムプリキュア

    テイエムプリキュアから見たディープスカイディープスカイ

    タニグチ牧場で繁殖牝馬となり、2012年に初仔(牡馬、父ディープスカイ)が生まれた。テイエムプリキュア フレッシュアイペディアより)

  • エーシンフォワード

    エーシンフォワードから見たディープスカイディープスカイ

    10月8日の京都芝1400mの新馬戦で1番人気に応えてデビュー戦を飾った。この競走の4着には翌年にNHKマイルカップと東京優駿の変則二冠を成し遂げたディープスカイが入った。続く500万下の連勝。しかし朝日杯フューチュリティステークスは伸びを欠き9着に敗れた。エーシンフォワード フレッシュアイペディアより)

  • サクラメガワンダー

    サクラメガワンダーから見たディープスカイディープスカイ

    2009年は京都記念から始動、1番人気に支持されたが、クビ差でアサクサキングスの2着に敗れた。その後、5月30日の金鯱賞に1番人気で出走。好位から最後の直線で先頭に立ち、一気に後続を引き離して快勝、重賞4勝目を挙げた。続く宝塚記念では好位集団でレースを進め、最後の直線でドリームジャーニーの追い込みに屈したもののディープスカイをかわして2着に入った。夏場の休養を挟み、ぶっつけで天皇賞(秋)に出走したが見せ場がなく13着に敗れた。11月12日、左前浅屈腱炎を発症していることが発覚、全治までは約9か月の見込みとなっていたが、2年以上の休養の末、復帰はかなわず競走馬を引退。2012年からレックススタッドで種牡馬入りする。サクラメガワンダー フレッシュアイペディアより)

  • 小檜山悟

    小檜山悟から見たディープスカイディープスカイ

    実力ある地方競馬騎手を積極的に起用。その目の確かさは2003年、地方船橋・左海誠二に依頼のイルバチオでアイビスサマーダッシュを制し、初重賞を飾った事でもわかる。2008年、スマイルジャックでスプリングステークスを制覇するも、東京優駿(日本ダービー)では、ディープスカイにかわされ2着に終わる。小檜山悟 フレッシュアイペディアより)

  • マイネルチャールズ

    マイネルチャールズから見たディープスカイディープスカイ

    2008年1月20日、年明け初戦の京成杯では直線進路が狭くなるが、わずかな隙間から鋭い伸び脚で伸び勝利を掴み重賞初勝利、さらに弥生賞では、スローペースの2番手から直線楽に抜け出して勝利し重賞2連勝。これで中山2000メートル芝の競走は3連勝。皐月賞では1番人気で出走したが、中団からキャプテントゥーレの逃げを捉えることができず、タケミカヅチのイン差しにも遭い3着に敗れた。その後、6月1日の日本ダービーに出走、2番人気に支持されたが、直線伸びきれず、ディープスカイの4着に敗れた。秋は札幌記念から始動、再び2番人気に支持されるも、ペースが上がったところでついていくことができず、直線も伸びず6着に終わり、初めて掲示板を外す結果となった。その後、菊花賞トライアルセントライト記念に出走したが、ゴール直前でダイワワイルドボアに差し切られ、2着に敗れた。本番の菊花賞では直線インを突いて一時は先頭に踊り出るがそのあと伸び脚を欠き、オウケンブルースリの5着に敗れた。その後、軽い屈腱炎を発症していることが発覚し、ビッグレッドファームに放牧に出された。マイネルチャールズ フレッシュアイペディアより)

  • 安田記念

    安田記念から見たディープスカイディープスカイ

    ウオッカが史上3頭目の連覇。また2着にはディープスカイが入り、初の2世代日本ダービー優勝馬のワンツー。1981年マイラーズカップ(カツラノハイセイコ・オペックホース)以来、28年ぶり2度目となるダービー馬によるマイル対決となった。安田記念 フレッシュアイペディアより)

  • オウケンブルースリ

    オウケンブルースリから見たディープスカイディープスカイ

    2008年4月26日、皐月賞の翌週の福島競馬場における未勝利戦で遅めのデビューをし、2着に入った。初勝利はディープスカイが優勝した東京優駿(日本ダービー)の翌週の中京競馬場で行われた未勝利戦だった。その後、6月21日の阪神競馬場での生田特別、8月23日の新潟競馬場での阿賀野川特別と3連勝を飾った。オウケンブルースリ フレッシュアイペディアより)

52件中 21 - 30件表示

「ディープスカイ」のニューストピックワード