42件中 31 - 40件表示
  • 四位洋文

    四位洋文から見たディープスカイディープスカイ

    2008年5月11日の第13回NHKマイルカップおよび同年6月1日の第75回東京優駿をディープスカイで制覇した。特に東京優駿は前年のウオッカに続く2年連続制覇(武豊に次ぐ史上2人目)であり、かつ牡馬と牝馬の双方での制覇は国営競馬・中央競馬を通じて史上初となるものであった。四位洋文 フレッシュアイペディアより)

  • 松田大作

    松田大作から見たディープスカイディープスカイ

    ディープスカイ(新馬戦で騎乗)松田大作 フレッシュアイペディアより)

  • テイエムオーシャン

    テイエムオーシャンから見たディープスカイディープスカイ

    繁殖牝馬となったテイエムオーシャンの交配相手には、オーナーの竹園の意向もあって同じく竹園の持ち馬であるテイエムオペラオーが5年連続で選ばれていた。2004年に同馬との最初の仔を受胎するも翌年流産となったが、2006年2月7日、繋養先の川越ファームで初仔となる牝馬を出産した。この仔馬は「10冠ベイビー」と話題になり、2008年9月25日付でテイエムユメノコとして日本中央競馬会に登録された。2006年もテイエムオペラオーと交配されたが流産、2007年、2008年も同馬と交配され、ともに牡馬を出産した。しかしその後はファンタスティックライト、ディープスカイといったテイエムオペラオー以外の種牡馬と交配されている。テイエムオーシャン フレッシュアイペディアより)

  • 樋口忠正

    樋口忠正から見たディープスカイディープスカイ

    当初は70歳の誕生日を迎えた後の2007年度末(2008年3月末)を目途に競馬中継から離れるつもりだったが、当時の番組チーフから、この年(2008年)の6月1日に行われる第75回東京優駿(日本ダービー 優勝:ディープスカイ)を実況してほしいとの話があり、これを受けて競馬中継への出演が6月1日放送分まで延長された。くしくもその年は、彼自身が古希を迎えたのに加え、ラジオ日本開局50周年という節目の年でもあった。樋口忠正 フレッシュアイペディアより)

  • エーシンフォワード

    エーシンフォワードから見たディープスカイディープスカイ

    10月8日の京都芝1400mの新馬戦で1番人気に応えてデビュー戦を飾った。この競走の4着には翌年にNHKマイルカップと東京優駿の変則二冠を成し遂げたディープスカイが入った。続く500万下の連勝。しかし朝日杯フューチュリティステークスは伸びを欠き9着に敗れた。エーシンフォワード フレッシュアイペディアより)

  • オウケンブルースリ

    オウケンブルースリから見たディープスカイディープスカイ

    2008年4月26日、皐月賞の翌週の福島競馬場における未勝利戦で遅めのデビューをし、2着に入った。初勝利はディープスカイが優勝した東京優駿(日本ダービー)の翌週の中京競馬場で行われた未勝利戦だった。その後、6月21日の阪神競馬場での生田特別(500万)、8月23日の新潟競馬場での阿賀野川特別(1000万)と3連勝を飾った。オウケンブルースリ フレッシュアイペディアより)

  • スクリーンヒーロー

    スクリーンヒーローから見たディープスカイディープスカイ

    3週間後の11月30日、ジャパンカップでGIに初出走。実績のあるディープスカイ、ウオッカ、メイショウサムソンなどが人気を集める中、ミルコ・デムーロ騎乗のスクリーンヒーローは単勝41倍、9番人気の伏兵だった。レースは前半1000メートル通過が61秒8というスローペースとなり、3、4番手を進んだウオッカは掛かり気味に。道中行きたがる素振りを見せる馬が多い中、スクリーンヒーローはスムーズに好位を追走。直線で先頭に立つと、外から追い込んできたディープスカイを半馬身抑えて優勝した。スクリーンヒーロー フレッシュアイペディアより)

  • ダーレー・ジャパン

    ダーレー・ジャパンから見たディープスカイディープスカイ

    ディープスカイ(2010年 - 2014年)ダーレー・ジャパン フレッシュアイペディアより)

  • 二冠馬

    二冠馬から見たディープスカイディープスカイ

    ただし、2004年にキングカメハメハがNHKマイルカップと東京優駿に優勝し、一部メディアが変則二冠達成と報道した例はある。2008年にもディープスカイが同じくNHKマイルカップと東京優駿の変則二冠を達成している。いずれも正式なものではない。二冠馬 フレッシュアイペディアより)

  • キングカメハメハ

    キングカメハメハから見たディープスカイディープスカイ

    このNHKマイルカップ・東京優駿の連覇は、調教師の松田国英がこだわり続け、厩舎の先輩であるクロフネ、タニノギムレットでも成し遂げられなかった「変則二冠」である。一方、NHKマイルカップから東京優駿というローテーションは、馬に過酷ということで各方面で物議を醸した。こののち2008年には昆貢厩舎のディープスカイがキングカメハメハと同じローテーションでNHKマイルカップ・東京優駿を制している。キングカメハメハ フレッシュアイペディアより)

42件中 31 - 40件表示