2 3 4 5 6 7 8 9 10 11
108件中 91 - 100件表示
  • ディープスカイ

    ディープスカイから見た戦後

    夏は休養のため放牧に出され、9月に帰厩。緒戦には神戸新聞杯(菊花賞トライアル)に出走すると、追い込み一辺倒であった従来のレース運びとは異なり、中団から抜け出しての勝利を収めた。競走後、距離やコース適性などを考慮の結果、次走にはクラシック最後の一冠・菊花賞ではなく、古馬相手となる天皇賞(秋)への出走が選択された。戦後に天皇賞(秋)が3歳馬に開放されて以降、日本ダービー優勝馬が菊花賞を回避して天皇賞に向かうのは、史上初めての例であった。天皇賞(11月2日)では、牝馬の二強とされていたウオッカ、ダイワスカーレットと対戦。戦前は「三強対決」と注目を集め、当日は両馬に次ぐ3番人気に支持された。レースでは神戸新聞杯と同じく中団からレースを進め、最後の直線で差し脚を見せたが、ウオッカ、ダイワスカーレットから僅差の3着に終わった(競走詳細は第138回天皇賞を参照)。ディープスカイ フレッシュアイペディアより)

  • ディープスカイ

    ディープスカイから見た六甲盃

    ノブタイザン(2015年園田ジュニアカップ、2016年兵庫ダービー、2018年六甲盃ディープスカイ フレッシュアイペディアより)

  • ディープスカイ

    ディープスカイから見た毎日杯

    続く条件戦では2着、重賞初出走のアーリントンカップで3着と、後方から追い込んでは先頭に届かないレースを続ける。しかし3月29日に出走した毎日杯で四位洋文が初騎乗すると、ここでは追い込みが決まり、1番人気アドマイヤコマンドに2馬身半差で快勝。重賞初勝利を挙げた。本馬にはこの時点まで四位を含め7人の騎手が騎乗していたが、本競走以降は四位が主戦騎手として定着した。ディープスカイ フレッシュアイペディアより)

  • ディープスカイ

    ディープスカイから見たスクリーンヒーロー

    次走には、陣営が天皇賞前から「秋の最大目標」と明言していたジャパンカップに出走。1番人気に支持され、レースではスローペースで推移するなか、中団からやや後方の17頭中12-13番手を進み、最後の直線では出走馬中で最速となる上がり3ハロン33秒8の末脚を使うも、早めに先頭に立ったスクリーンヒーローに及ばず2着に敗れた。ディープスカイ フレッシュアイペディアより)

  • ディープスカイ

    ディープスカイから見たファミリーライン

    父については同馬の項を参照のこと。母はイギリスで5戦1勝。叔父にウニオンレネン(ドイツ2000ギニー)などドイツで重賞4勝を挙げたロイヤルドラゴン。4代母ミスカーミーの牝系からは数々の活躍馬が出ており、同牝系に属する馬にケンタッキーダービー優勝牝馬ウイニングカラーズ、ニューヨーク牝馬三冠を制したクリスエヴァート、宝塚記念とジャパンカップの優勝馬タップダンスシチーなどがいる。母の父チーフズクラウンもこの牝系に属しているため、ディープスカイには母のアビから受け継いだミスカーミーのインブリードがある。ディープスカイ フレッシュアイペディアより)

  • ディープスカイ

    ディープスカイから見た中山競馬場

    ゆったりとしたコースレイアウトを持つ東京競馬場を得意とし、同場では7戦2勝・2着4回・3着1回と高い安定感を保った。昆も「あの馬の脚質を最大限に活かせて、少々の不利も跳ね返してくれるのは東京のコースかな」と語っている。皐月賞を回避した背景にも、小回りの中山競馬場は向かないだろうという予測があった。またこの回避に関しては、ディープスカイの前年に皐月賞、NHKマイルカップ、東京優駿を皆勤した昆の管理馬ローレルゲレイロが、結局ひとつも勝つことができなかったことも大きく影響していた。ディープスカイ フレッシュアイペディアより)

  • ディープスカイ

    ディープスカイから見た三冠 (競馬)

    父については同馬の項を参照のこと。母はイギリスで5戦1勝。叔父にウニオンレネン(ドイツ2000ギニー)などドイツで重賞4勝を挙げたロイヤルドラゴン。4代母ミスカーミーの牝系からは数々の活躍馬が出ており、同牝系に属する馬にケンタッキーダービー優勝牝馬ウイニングカラーズ、ニューヨーク牝馬三冠を制したクリスエヴァート、宝塚記念とジャパンカップの優勝馬タップダンスシチーなどがいる。母の父チーフズクラウンもこの牝系に属しているため、ディープスカイには母のアビから受け継いだミスカーミーのインブリードがある。ディープスカイ フレッシュアイペディアより)

  • ディープスカイ

    ディープスカイから見た優駿

    優駿』2008年7月号(日本中央競馬会、2008年)ディープスカイ フレッシュアイペディアより)

  • ディープスカイ

    ディープスカイから見た上がり (競馬)

    次走には、陣営が天皇賞前から「秋の最大目標」と明言していたジャパンカップに出走。1番人気に支持され、レースではスローペースで推移するなか、中団からやや後方の17頭中12-13番手を進み、最後の直線では出走馬中で最速となる上がり3ハロン33秒8の末脚を使うも、早めに先頭に立ったスクリーンヒーローに及ばず2着に敗れた。ディープスカイ フレッシュアイペディアより)

  • ディープスカイ

    ディープスカイから見た屈腱炎

    宝塚記念後は、北海道のファンタストクラブへ放牧に出された。その後、秋初戦に予定されていた毎日王冠に向け、8月8日に函館競馬場に入厩したが移動する2日ほど前にファンタストクラブから左前脚に熱を持っているとの報告を受けていた。8月12日に超音波検査を行った結果、損傷率11パーセントの左前浅屈腱炎が判明。全治は9-12か月で復帰は不可能でなかったものの、当年6月22日に急死していた父アグネスタキオンの後継種牡馬としての期待も大きいことから、競走生活からの引退、種牡馬入りが発表された。8月30日付で日本中央競馬会 (JRA) の競走馬登録が抹消され、同日札幌競馬場で引退式が執り行われた。ディープスカイ フレッシュアイペディアより)

2 3 4 5 6 7 8 9 10 11
108件中 91 - 100件表示