108件中 51 - 60件表示
  • ディープスカイ

    ディープスカイから見たパーセント

    勝利が凱旋門賞出走条件のひとつとされていた安田記念(6月7日)では、前年度代表馬に選出されていたウオッカに次ぐ2番人気となる。レースは中団を追走、直線では残り400メートル過ぎで一団の馬群から抜け出し先頭に立ったが、残り200メートル地点で馬群を捌いて抜け出したウオッカに一気に交わされ、2着に終わった。続いて出走した春のグランプリ競走宝塚記念では、単勝支持率が50パーセントを超える圧倒的な1番人気となった(最終オッズは1.6倍)。レースでは道中中団を追走し、直線入り口から外をついてドリームジャーニーと並んで追い込むも、同馬に競り負け、さらに先行策から粘ったサクラメガワンダーも捉えきれず3着に敗れた。安田記念と宝塚記念、どちらの勝利もならなかったことを受け、予定されていた凱旋門賞出走のプランも白紙撤回された。ディープスカイ フレッシュアイペディアより)

  • ディープスカイ

    ディープスカイから見たミスカーミー

    父については同馬の項を参照のこと。母はイギリスで5戦1勝。叔父にウニオンレネン(ドイツ2000ギニー)などドイツで重賞4勝を挙げたロイヤルドラゴン。4代母ミスカーミーの牝系からは数々の活躍馬が出ており、同牝系に属する馬にケンタッキーダービー優勝牝馬ウイニングカラーズ、ニューヨーク牝馬三冠を制したクリスエヴァート、宝塚記念とジャパンカップの優勝馬タップダンスシチーなどがいる。母の父チーフズクラウンもこの牝系に属しているため、ディープスカイには母のアビから受け継いだミスカーミーのインブリードがある。ディープスカイ フレッシュアイペディアより)

  • ディープスカイ

    ディープスカイから見たイギリス

    2005年4月24日、北海道浦河町の笠松牧場に生まれる。父は2001年の皐月賞優勝馬アグネスタキオン、母アビは2003年に輸入されたイギリス産馬であり、本馬は日本における初仔であった。出生直後はそれほど目立つ馬ではなかったが、成長に従って堂々とした気性と頭の良さを買われ、牧場関係者の期待を受けた。同年夏、馬主の深見敏男が購買。翌2006年5月に育成調教を始められると際立った動きを見せ始め、またこのころには馬体も非常に優秀なものとなっていた。ディープスカイ フレッシュアイペディアより)

  • ディープスカイ

    ディープスカイから見た馬齢

    夏は休養のため放牧に出され、9月に帰厩。緒戦には神戸新聞杯(菊花賞トライアル)に出走すると、追い込み一辺倒であった従来のレース運びとは異なり、中団から抜け出しての勝利を収めた。競走後、距離やコース適性などを考慮の結果、次走にはクラシック最後の一冠・菊花賞ではなく、古馬相手となる天皇賞(秋)への出走が選択された。戦後に天皇賞(秋)が3歳馬に開放されて以降、日本ダービー優勝馬が菊花賞を回避して天皇賞に向かうのは、史上初めての例であった。天皇賞(11月2日)では、牝馬の二強とされていたウオッカ、ダイワスカーレットと対戦。戦前は「三強対決」と注目を集め、当日は両馬に次ぐ3番人気に支持された。レースでは神戸新聞杯と同じく中団からレースを進め、最後の直線で差し脚を見せたが、ウオッカ、ダイワスカーレットから僅差の3着に終わった(競走詳細は第138回天皇賞を参照)。ディープスカイ フレッシュアイペディアより)

  • ディープスカイ

    ディープスカイから見た二冠馬

    当日は皐月賞優勝馬キャプテントゥーレの不在もあり、1番人気に支持される。レースでは後方内側で待機策を採ると、最後の直線では大外から13頭を次々に交わし、残り100メートル付近で先頭のスマイルジャックを捉えて優勝。2004年キングカメハメハ以来史上2頭目となる、NHKマイルカップ、東京優駿連覇の「変則二冠」を達成、同時に四位も武豊に次ぐ史上2人目のダービー連覇を達成した。ディープスカイ フレッシュアイペディアより)

  • ディープスカイ

    ディープスカイから見た日本の競馬の競走体系

    続く条件戦では2着、重賞初出走のアーリントンカップで3着と、後方から追い込んでは先頭に届かないレースを続ける。しかし3月29日に出走した毎日杯で四位洋文が初騎乗すると、ここでは追い込みが決まり、1番人気アドマイヤコマンドに2馬身半差で快勝。重賞初勝利を挙げた。本馬にはこの時点まで四位を含め7人の騎手が騎乗していたが、本競走以降は四位が主戦騎手として定着した。ディープスカイ フレッシュアイペディアより)

  • ディープスカイ

    ディープスカイから見た栗東トレーニングセンター

    競走年齢の2歳を迎えた2007年、競走名「ディープスカイ」と名付けられ、滋賀県の栗東トレーニングセンターに入厩。当初の管理調教師は山内研二であったが、事情により9月に昆貢のもとへ転厩した。ディープスカイ フレッシュアイペディアより)

  • ディープスカイ

    ディープスカイから見た平和賞 (船橋競馬)

    スカイサーベル(2016年平和賞ディープスカイ フレッシュアイペディアより)

  • ディープスカイ

    ディープスカイから見た第138回天皇賞

    夏は休養のため放牧に出され、9月に帰厩。緒戦には神戸新聞杯(菊花賞トライアル)に出走すると、追い込み一辺倒であった従来のレース運びとは異なり、中団から抜け出しての勝利を収めた。競走後、距離やコース適性などを考慮の結果、次走にはクラシック最後の一冠・菊花賞ではなく、古馬相手となる天皇賞(秋)への出走が選択された。戦後に天皇賞(秋)が3歳馬に開放されて以降、日本ダービー優勝馬が菊花賞を回避して天皇賞に向かうのは、史上初めての例であった。天皇賞(11月2日)では、牝馬の二強とされていたウオッカ、ダイワスカーレットと対戦。戦前は「三強対決」と注目を集め、当日は両馬に次ぐ3番人気に支持された。レースでは神戸新聞杯と同じく中団からレースを進め、最後の直線で差し脚を見せたが、ウオッカ、ダイワスカーレットから僅差の3着に終わった(競走詳細は第138回天皇賞を参照)。ディープスカイ フレッシュアイペディアより)

  • ディープスカイ

    ディープスカイから見たアドマイヤコマンド

    続く条件戦では2着、重賞初出走のアーリントンカップで3着と、後方から追い込んでは先頭に届かないレースを続ける。しかし3月29日に出走した毎日杯で四位洋文が初騎乗すると、ここでは追い込みが決まり、1番人気アドマイヤコマンドに2馬身半差で快勝。重賞初勝利を挙げた。本馬にはこの時点まで四位を含め7人の騎手が騎乗していたが、本競走以降は四位が主戦騎手として定着した。ディープスカイ フレッシュアイペディアより)

108件中 51 - 60件表示