112件中 41 - 50件表示
  • MPC (パーソナルコンピュータ)

    MPC (パーソナルコンピュータ)から見た携帯音楽プレーヤー携帯音楽プレーヤー

    セールスポイントはオーディオ機器メーカであるパイオニアらしい、ダイナミックスピーカとアンプを本体に内蔵した点である。音源本体はアップル製Macとまったく同じだが、はるかに高品位なオーディオ再生が可能で、Quick TimeなどMacが当時既に持っていた音楽・映像再生能力を特に強化した形になる。当時パソコンの音響出力は、MIDIシーケンサのヘビーユーザーを除けば、簡易的な内蔵スピーカーか、ヘッドホンステレオ用と同等のアンプ内蔵型スピーカーがほとんどであった。MPC (パーソナルコンピュータ) フレッシュアイペディアより)

  • 2010年の経済

    2010年の経済から見た携帯音楽プレイヤー携帯音楽プレーヤー

    ソニーは、携帯音楽プレイヤー「カセットウォークマン」の日本国内向け生産を2010年4月末で終了したことを発表した。2010年の経済 フレッシュアイペディアより)

  • クレードル (コンピュータ)

    クレードル (コンピュータ)から見た携帯音楽プレーヤー携帯音楽プレーヤー

    クレードル()とは、主に携帯電話を始めとする携帯情報機器を直接USB等の規格コネクター類に接続することなく充電やデータ転送、あるいは拡張を行う拡張機器のことである。一般に、携帯電話(スマートフォンを含む)、PDA、携帯音楽プレーヤー機器(主にシリコンオーディオ)、大型のものになるとノートパソコンなどに対しても用いられる。卓上クレードル、ドッキングステーション、ポートリプリケーターや、単に充電機能のみのものを卓上ホルダとも呼ぶ。クレードル (コンピュータ) フレッシュアイペディアより)

  • スクロールホイール

    スクロールホイールから見た携帯音楽プレーヤー携帯音楽プレーヤー

    また、PDAやiPodのような携帯音楽プレーヤー、初期のソニーやBlackBerryの携帯電話のように、スクロールホイールが装着されている携帯機器も存在する。スクロールホイール フレッシュアイペディアより)

  • ICレコーダー

    ICレコーダーから見た携帯音楽プレーヤー携帯音楽プレーヤー

    この機器は、録音するだけでなく、単体で録音内容を再生する機能をも持っていることがほとんどである。音声再生に関していえば携帯音楽プレーヤーのデジタルオーディオプレーヤーに良く似た構造・機能を持っている事が多い。しかしその機器の用途からモノラル音声である事が多い。特に安価な機種だと出力自体がモノラルであるのにステレオイヤホン/ヘッドホンを利用できるといったカセットレコーダー全盛期の一部機種にあったようなものも存在する。利用携帯に向くよう小型化された機器である以上、ステレオ録音で無駄に記憶容量を消費し録音可能な時間を減少させたり音質低下させざるを得なかったり、更にはコスト面の問題を招く事態を回避するため、また小さな筐体にマイクロフォンを2個取り付けるのはその用途から見ても無駄が多いためである。もっとも現在ではメモリーの大容量化も進み、また臨場感あふれる録音への消費者の要求もある事から、ステレオ録音に対応した機材も登場している。ICレコーダー フレッシュアイペディアより)

  • パナソニックのヘッドホンステレオ

    パナソニックのヘッドホンステレオから見た携帯音楽プレーヤー携帯音楽プレーヤー

    当稿ではパナソニック(旧・松下電器産業)から販売されていたカセット式ヘッドホンステレオについて説明する。パナソニックのヘッドホンステレオ フレッシュアイペディアより)

  • Zune

    Zuneから見た携帯音楽プレーヤー携帯音楽プレーヤー

    Zune(ズーン)はマイクロソフトが開発し販売した携帯音楽プレーヤー、およびそれを販売するブランドの名称。2006年11月14日に米国で販売開始されたが、2011年10月に開発中止と生産終了が発表されたZune フレッシュアイペディアより)

  • アンプ (音響機器)

    アンプ (音響機器)から見た携帯音楽プレーヤー携帯音楽プレーヤー

    また、デジタルアンプはその電力効率の高さからミニコンポやカーオーディオ、携帯音楽プレーヤーなどのアンプ、また多チャンネルを扱うAVアンプ(後述)用としてよく用いられるほか、従来のアナログアンプにない特長を活かしたと称している、いわゆる「高級オーディオ」もある。 中でも、1999年8月にシャープが発売したΔΣ1bitデジタルアンプ SM-SX100は有名であり、これは同社が高級オーディオアンプ(標準価格100万円)として十数年ぶりに発売したものである。なお、デジタルアンプ技術としては、ソニーのS-Master/S-Master PRO、オンキヨーのVL Digital、JVCケンウッド(JVCブランド。旧・日本ビクター)のDEUS、パイオニア(現・オンキヨー&パイオニア Pioneerブランド)のDirect Power FETなど、オーディオ機器メーカー各社により独自に開発が進められている。アンプ (音響機器) フレッシュアイペディアより)

  • 鉛蓄電池

    鉛蓄電池から見たヘッドホンステレオ携帯音楽プレーヤー

    自動車のバッテリーとして広く利用されているのをはじめ、産業用として商用電源が途絶えた時のバックアップ電源の用途や、バッテリーで駆動するフォークリフト・ゴルフカートといった電動車用主電源などにも用いられている。また小型飛行機用としても広く使われている。自動車・小型飛行機いずれの場合も、オルタネーター(交流発電機)で発生した交流をダイオードなどによって整流することによって直流にして充電される。小さなところでは、アイワのヘッドホンステレオなどのガム型電池でも使われた。鉛蓄電池 フレッシュアイペディアより)

  • ATRAC

    ATRACから見た携帯音楽プレーヤー携帯音楽プレーヤー

    ATRAC3を採用した最初の携帯音楽プレーヤーは、1999年末に発売されたソニーのメモリースティックウォークマン「NW-MS7」である。この製品は付属ソフトウェアのOpenMG JukeboxによってCDの楽曲やPC上のWAV・MP3ファイルをATRAC3に変換し、本体に挿入したマジックゲート メモリースティック(MGMS)に転送するというかたちがとられていた。ATRAC フレッシュアイペディアより)

112件中 41 - 50件表示

「デジタルオーディオプレーヤー」のニューストピックワード