73件中 21 - 30件表示
  • パナソニックショップ

    パナソニックショップから見たデジタル家電デジタル家庭電化製品

    そこでパナソニックは2000年度より「平等から公平へ」をスローガンに掲げ、これまで松下幸之助が築き上げてきた「共存共栄」という従来の考え方を根本から180度転換した。量販店・他社系列店との差別化を図るべく、各店に対し重点的に販売する商品の数値目標を立てて貰い(例えば「アナログTV放送が終わる2011年7月24日までにビエラやディーガを何台売り、新規の顧客を何世帯増やすか?」など)、目標に到達した場合は感謝金(リベート)を支給したり店舗改装(移転新築や増改築)のための融資制度を新設する等、創設当初には無かった様々な条件を課し、パナソニックと系列店の関係をこれまでの「手厚い保護。育成」から「激しい国際競争社会の21世紀を共に勝ち抜くためのパートナー」へと改めた。さらにパナソニックおよびパナソニックグループ各社のマーケティング部門スタッフも定期的に意欲ある各店を訪問して商品の展示方法などを説明したり、各種キャンペーン(特に店毎に行う個別展示会)の積極的な実施を奨励している。さらに現代の主役であるデジタル家電については、高価でも購入しやすいよう三井住友トラスト・パナソニックファイナンスとの連携により各種クレジット・分割払い制度を充実させている。また各店指定の大型商品については「パナ安心カード」に加入している会員の顧客に対して、通常1年の保証期間が5年に延長される特典を設けている。パナソニックショップ フレッシュアイペディアより)

  • ジャン=ルイ・ガセー

    ジャン=ルイ・ガセーから見た情報家電デジタル家庭電化製品

    BeOSはその後、x86プラットフォームに移植し、PC/AT互換機や情報家電へのバンドルに活路を求めた。日立製作所からBeOS搭載機なども発売されたが、マーケット的には失敗に終わり、2001年8月、Be社をパーム社に1,100万ドルで売却した。ジャン=ルイ・ガセー フレッシュアイペディアより)

  • コモディティ化

    コモディティ化から見たデジタル家庭電化製品デジタル家庭電化製品

    こういったコモディティ化の進行に伴う新興勢力の市場参入に関しては、日本では2000年代中頃よりデジタル家電の分野が著しい。この分野では、従来先行していた大手家電メーカーの製品とほぼ同等の基本的機能が、モジュール化によって後発メーカーの製品でも比較的容易に実現させることが可能になった結果、国内外数多くの新興勢力の市場参入に繋がり、これらが投入してきたより低価格な製品はコモディティ化のさらなる進展を促すことになった。コモディティ化 フレッシュアイペディアより)

  • 家電量販店

    家電量販店から見たデジタル家電デジタル家庭電化製品

    デジタル家電販売(商品によってはAV機器あるいはパソコン関連と一緒になっている場合あり)家電量販店 フレッシュアイペディアより)

  • リアルタイムクロック

    リアルタイムクロックから見た情報家電デジタル家庭電化製品

    多くのコンピュータシステムで使われており、現在のパーソナルコンピュータや情報家電にはほぼ必ず組み込まれている。リアルタイムクロック フレッシュアイペディアより)

  • AMステレオ対応受信機の歴史

    AMステレオ対応受信機の歴史から見たデジタル家電デジタル家庭電化製品

    パナソニック・テクニクスの単体コンポは(オンキヨー・ケンウッド・デノン・ビクター等と異なり)元々(ラジカセやミニコンポ感覚でパナソニック・テクニクス製レコードプレーヤー・CDデッキ・チューナー・アンプ・カセット&MDデッキ等との相互間連動操作が可能な)コンピュリンク(自動切替端子)非搭載の機種が殆どで、(コンピュリンク機能は)CDデッキ及びカセットデッキの一部(編集録音機能搭載)機種がCDシンクロ録音用(双方の組み合わせが自動切替、シンクロ録音端子搭載のパナソニック及びテクニクス製同士の場合に限り、CDプレーヤーの「再生」ボタンを押すだけでカセットデッキ録音がCD演奏開始と同時に自動開始、CD演奏停止に連動してカセットデッキ録音も同時自動停止=途中でCDプレーヤーの「停止」ボタンを押してもカセットデッキは頭出しの為の無音部を5秒間作成後録音待機。カセットデッキは録音待機状態にさえしておけばCD演奏開始&停止時にカセットデッキの録音及び停止ボタンを手動で押す手間が省ける機能)として、セパレートアンプSU-C1010/C1000(プリ・コントロールアンプ)&SE-A1010/A1000(メイン・パワーアンプ)がパワーアンプ電源オン・オフ用(相互間をSU-C1010/C1000に付属のリモートワイヤー&アナログオーディオケーブルで繋ぐ事により、コントロールアンプSU-C1010/C1000本体主電源ボタン又は付属リモコンの電源ボタンを押せばC1010/C1000のみならず、プリメインアンプ感覚でSE-A1010/A1000の電源オン・オフも同時に出来、A1010/A1000の本体主電源ボタンを手動で押す手間が省ける機能。但しプレーヤー類との相互連携機能やA1010/A1000にリモートセンサー部は非搭載)として各々搭載するに留まった。チューナー・プリメインアンプ・MDデッキは全機種コンピュリンク端子非搭載である(レコードプレーヤーは1980年代に発売されていた「SL-Qシリーズ」にのみシンクロ録音用コンピュリンク端子搭載。その他シリーズはコンピュリンク非搭載)。なおこの考え方は1980年代後半〜2000年代前半にかけて発売のパナソニックTV&ビデオデッキ一部機種に搭載されていた相互連動機能「システムコントロール・VTRシステム」を経て、現在発売中のパナソニック製デジタル家電に「ビエラリンク」と形態を変えて受け継がれている。AMステレオ対応受信機の歴史 フレッシュアイペディアより)

  • 三種の神器 (電化製品)

    三種の神器 (電化製品)から見たデジタル家電デジタル家庭電化製品

    2003年(平成15年)頃から2010年(平成22年)頃にかけて急速に普及したデジタル家電のデジタルカメラ・DVDレコーダー・薄型テレビはデジタル三種の神器と呼ばれた。三種の神器 (電化製品) フレッシュアイペディアより)

  • UniPhier

    UniPhierから見たデジタル家庭電化製品デジタル家庭電化製品

    UniPhier(ユニフィエ)とは、パナソニックが推進するデジタル家電向けのARMアーキテクチャを採用した統合プラットフォームの名称で、同社の登録商標である(日本第4810847号。ただし読みは「ユニフィアー,ユニファイアー」で登録)。UniPhier フレッシュアイペディアより)

  • 大坪文雄

    大坪文雄から見たデジタル家電デジタル家庭電化製品

    2009年2月 (世界的な金融危機によるデジタル家電売り上げ低迷の影響で2008年度の最終決算が大幅な赤字に転落する見込みである事から)管理・幹部職員に対し「(ボーナス商戦直前の同年7月までに)自社製品を10万円或いは20万円以上積極的に購入して業績回復に貢献する」旨を通達する「バイ・パナソニック(Buy Panasonic)運動」を開始。大坪文雄 フレッシュアイペディアより)

  • 吊り広告

    吊り広告から見たデジタル家電デジタル家庭電化製品

    内容としては鉄道会社自身やその系列会社・雑誌(月刊誌、週刊誌)の広告が比較的多いが、その鉄道の沿線にある店舗(百貨店、専門店が多い)や催し物の広告、新刊書(文庫・ノベルス・単行本など)、大学入学試験・資格試験、学習塾・予備校・英会話教室・スポーツクラブ、企業や団体の求人広告(企業説明会を含む)、食品、飲料、家電製品(携帯電話やデジタルカメラなどデジタル家電を含む)、音響製品、医薬品、医療機関、金融機関、弁護士・行政書士事務所、不動産(マンション、分譲住宅など)、テレビ番組・ラジオ番組(番組宣伝)、映画(封切り、試写会、DVDソフト)、音楽CD、ゲームソフト等の広告など、内容は多岐にわたっている。変わったものでは、エイズ検査が保健所で無料・匿名で受けられることを告知する公共広告の例もある。吊り広告 フレッシュアイペディアより)

73件中 21 - 30件表示

「デジタル家電」のニューストピックワード