84件中 51 - 60件表示
  • セットトップボックス

    セットトップボックスから見たデジタル家電デジタル家庭電化製品

    従って、一般家電のような時流にのった消費拡大が見込めない割には、限られた市場を巡って競争が激しい分野の製品である。そのため機器の更改は短いスパンで行われ、また、統合した機能を装備するために高価になってしまう割には機能の陳腐化が早く、また一方では前述のように主な購入者が業者なので、あくまでその業者のサービスに付随した装置という事で実際の使用ユーザー個人の不満や要望があまり新製品に反映されない。このような背景から、他のデジタル家電やパソコンの市場に大きな影響を与えるまでの分野には至っていない。セットトップボックス フレッシュアイペディアより)

  • 科学館

    科学館から見た情報家電デジタル家庭電化製品

    (電機・電力) - 発電所、電化製品、オール電化、情報家電科学館 フレッシュアイペディアより)

  • BiVi仙台駅東口

    BiVi仙台駅東口から見た情報家電デジタル家庭電化製品

    ラオックスは2000年に、経営難となっていた仙台に本社を置く家電量販店の庄子デンキを子会社化し、東北での攻勢を強めた。だが、その後の業績悪化に伴い、2003年4月26日からは仙台店の売り場を1階部分だけに減床。情報家電販売に特化し、残りのフロアを貸し出した。しかし、その戦略も実を結ばず同年9月末で完全に閉店した。BiVi仙台駅東口 フレッシュアイペディアより)

  • コモディティ化

    コモディティ化から見たデジタル家庭電化製品デジタル家庭電化製品

    こういったコモディティ化の進行に伴う新興勢力の市場参入に関しては、日本では2000年代中頃よりデジタル家電の分野が著しい。この分野では、従来先行していた大手家電メーカーの製品とほぼ同等の基本的機能が、モジュール化によって後発メーカーの製品でも比較的容易に実現させることが可能になった結果、国内外数多くの新興勢力の市場参入に繋がり、これらが投入してきたより低価格な製品はコモディティ化のさらなる進展を促すことになった。コモディティ化 フレッシュアイペディアより)

  • パナソニックショップ

    パナソニックショップから見たデジタル家電デジタル家庭電化製品

    そこでパナソニックは中村邦夫を中心に2000年度より「平等から公平へ」をスローガンに掲げ、これまで松下幸之助が築き上げてきた「共存共栄」という従来の考え方を根本から180度転換。量販店・他社系列店との差別化を図るべく、各店に対し重点的に販売する商品の数値目標を立てて貰い(例えば「アナログTV放送が終わる2011年7月24日までにビエラやディーガを何台売り、新規の顧客を何世帯増やすか?」など)、目標に到達した場合は感謝金(リベート)を支給したり店舗改装(移転新築や増改築)のための融資制度を新設するなど、旧松下電器創業当初にはなかったさまざまな条件を課し、パナソニックと系列店の関係をこれまでの「手厚い保護。育成」から「激しい国際競争社会の21世紀を共に勝ち抜くためのパートナー」へと改めた。さらにパナソニックおよびパナソニックグループ各社のマーケティング部門スタッフも定期的に意欲ある各店を訪問して商品の展示方法などを説明したり、各種キャンペーン(特に店毎に行う個別展示会)の積極的な実施を奨励している。さらに現代の主役であるデジタル家電については、高価でも購入しやすいよう三井住友トラスト・パナソニックファイナンスとの連携により各種クレジット・分割払い制度を充実させている。また各店指定の大型商品については「パナ安心カード」に加入している会員の顧客に対して、通常1年の保証期間が5年に延長される特典を設けている。パナソニックショップ フレッシュアイペディアより)

  • CPU

    CPUから見た情報家電デジタル家庭電化製品

    携帯電話、PDA・スマートフォン、ディジタルメディアプレーヤー、セットトップボックス、携帯型と据え置き型の家庭用コンシューマーゲーム機、ディジタルカメラや薄型テレビなどの高性能情報家電、ネットワーク機器や大規模なシステム制御といった組み込みシステムで比較的性能が要求される装置、比較的大きなデータを扱う必要のある電子装置に用いられており、狭義のCPUと呼ばれるものの主要な使用例である。CPU フレッシュアイペディアより)

  • 家電量販店

    家電量販店から見たデジタル家電デジタル家庭電化製品

    デジタル家電販売(商品によってはAV機器あるいはパソコン関連と一緒になっている場合あり)家電量販店 フレッシュアイペディアより)

  • アグファフォト・ホールディング

    アグファフォト・ホールディングから見たデジタル家電デジタル家庭電化製品

    日本におけるデジタルカメラに関する正規代理店は、2009年(平成21年)3月の発売開始以降、エグゼモードが行っていた。2012年(平成24年)1月現在では、デジタルカメラ、デジタルビデオカメラ、デジタルフォトフレームについて、すべて製造が終了したとアナウンスしているこれはエグゼモード社が中華人民共和国のデジタル家電メーカー最大手「aigo」との業務提携・共同出資を行い、ブランド資源をaigoに一本化するための処置だった。この後、2012年4月以後アメリカ合衆国・ゼネラル・エレクトリック系の光学機器部門の在日法人であるジェネラル・イメージング・ジャパン株式会社がそれらの商品を受け継ぐことになった。アグファフォト・ホールディング フレッシュアイペディアより)

  • 薄型テレビ

    薄型テレビから見たデジタル家電デジタル家庭電化製品

    日本では、2003年からの地上デジタル放送の開始によるテレビの買い替えに合わせて、一般家庭、事業所、公共施設、各種交通車両(機材)などで普及が進んでいる。薄型テレビとデジタルカメラ、DVDレコーダーとを合わせて「デジタル家電」、「デジタル三種の神器」と呼ばれる。薄型テレビ フレッシュアイペディアより)

  • 2000年代

    2000年代から見たデジタル家庭電化製品デジタル家庭電化製品

    先進国ではデジタルオーディオプレーヤー、スマートフォンなどインターネットの利用を前提としたデジタル家電製品が大ヒットし、新しいデジタルライフスタイルが普及していく。2000年代 フレッシュアイペディアより)

84件中 51 - 60件表示

「デジタル家電」のニューストピックワード