73件中 51 - 60件表示
  • セットトップボックス

    セットトップボックスから見たデジタル家電デジタル家庭電化製品

    従って、一般家電のような時流にのった消費拡大が見込めない割には、限られた市場を巡って競争が激しい分野の製品である。そのため機器の更改は短いスパンで行われ、また、統合した機能を装備するために高価になってしまう割には機能の陳腐化が早く、また一方では前述のように主な購入者が業者なので、あくまでその業者のサービスに付随した装置という事で実際の使用ユーザー個人の不満や要望があまり新製品に反映されない。このような背景から、他のデジタル家電やパソコンの市場に大きな影響を与えるまでの分野には至っていない。セットトップボックス フレッシュアイペディアより)

  • 自作パソコン

    自作パソコンから見たデジタル家庭電化製品デジタル家庭電化製品

    IntelとAMDの競争によってプロセッサが「ギガヘルツ」化し熾烈な動作クロック競争を続けたが、限界まで上昇して壁に突き当たった。具体的には発熱量が増大し、冷却の為の騒音が問題になった。自作ユーザーの興味は静音化、低発熱、小型化(キューブパソコンなど)に移った。1990年代末頃から徐々に人気を集め始めた動画キャプチャなどデジタル家電的な用途でも伸長が続き、記録型DVDドライブが普及した。自作パソコン フレッシュアイペディアより)

  • アグファフォト・ホールディング

    アグファフォト・ホールディングから見たデジタル家電デジタル家庭電化製品

    日本におけるデジタルカメラに関する正規代理店は、2009年(平成21年)3月の発売開始以降、エグゼモードが行っていた。2012年(平成24年)1月現在では、デジタルカメラ、デジタルビデオカメラ、デジタルフォトフレームについて、すべて製造が終了したとアナウンスしているこれはエグゼモード社が中華人民共和国のデジタル家電メーカー最大手「aigo」との業務提携・共同出資を行い、ブランド資源をaigoに一本化するための処置だった。この後、2012年4月以後アメリカ合衆国・ゼネラル・エレクトリック系の光学機器部門の在日法人である「ジェネラル・イメージング・ジャパン」がそれらの商品を受け継ぐことになった。アグファフォト・ホールディング フレッシュアイペディアより)

  • Made in Japan

    Made in Japanから見たデジタル家電デジタル家庭電化製品

    よって、近年のデジタル家電などに於いては表記が「Made in Japan」であっても基板やイヤホン、リモコン、電池や電源コード等に殆どの場合で中華人民共和国や東南アジア諸国を主とした外国製が含まれている。この為、樹脂や金属といった材料資源を除いても、100%の作業が日本で行われた純粋な「Made in Japan=日本製」の表記を持つ製品は年々減少しつつある。Made in Japan フレッシュアイペディアより)

  • ポーランドの経済

    ポーランドの経済から見た情報家電デジタル家庭電化製品

    ポーランドの主な工業部門は鉄鋼、機械部品、電機、電気部品、家電、石油化学、自動車、兵器、航空機、造船、繊維、食品加工である。特にパーソナルコンピュータやテレビなどの情報家電の生産は盛んで、ヨーロッパのテレビ生産の3割をポーランドが占めている。このほか化粧品や洗面用具、医療器具、医薬品なども比較的盛んに生産されている。ポーランドの経済 フレッシュアイペディアより)

  • CPU

    CPUから見た情報家電デジタル家庭電化製品

    携帯電話、PDA・スマートフォン、デジタルメディアプレーヤー、セットトップボックス、携帯型と据え置き型の家庭用コンシューマーゲーム機、デジタルカメラや薄型テレビなどの高性能情報家電、ネットワーク機器や大規模なシステム制御といった組み込みシステムで比較的性能が要求される装置、比較的大きなデータを扱う必要のある電子装置に用いられており、狭義のCPUと呼ばれるものの主要な使用例である。CPU フレッシュアイペディアより)

  • 組み込みシステム

    組み込みシステムから見たデジタル家電デジタル家庭電化製品

    家庭用電気機械器具(一般家電製品、デジタル家電組み込みシステム フレッシュアイペディアより)

  • 3DO

    3DOから見たデジタル家庭電化製品デジタル家庭電化製品

    3DO社の方針通り、あくまで情報家電という位置づけで販売し、メーカーもゲーム機ではなく「インタラクティブ・マルチプレイヤー」と称していた。3DOのビジネスモデルから原価以上に販売価格を設定せざるを得ず、他のゲーム機と比べて高価だった。しかもゲームショップなどをメインに販売された競合ゲーム機に対し、3DO REALは松下が持つ家電としての販路を利用して主に販売された上に、松下電器は地域専門店、いわゆる「ナショナルショップ」での販売も行ったので、メーカーに対する発言力の強いこれらの店が儲かる施策が必要で、競合機のような積極的な値引き販売ができなかった。三洋電機の販売した「3DO TRY」の実売価格は3DO REALと比較して安価だったが、松下よりもさらに販路が弱い三洋の家電の販路を利用して販売されたため、非常に流通量が限られた。このように発売当初の3DO端末は旧来の家電製品のビジネスモデルから脱却できなかった。3DO フレッシュアイペディアより)

  • 3DO

    3DOから見た情報家電デジタル家庭電化製品

    松下電器の3DO REALを欧州へ輸出した時にはEUから、ゲーム機ではなく関税が高い「情報家電」として認定されたので価格がさらに高くなったという。「安価なゲーム機」ではなく「高価格なマルチメディア機」と言うコンセプトは、普及の大きな妨げとなった。結果としてハイエンドゲーマーしか手を出さなかったが、松下電器は「3DOがこれほど高価格なのは、これが単なるゲーム機ではなくインタラクティブ・マルチプレイヤーだからである」と主張してその価格を正当化した。3DO フレッシュアイペディアより)

  • 日本語入力システム

    日本語入力システムから見たデジタル家電デジタル家庭電化製品

    ワープロ・パソコンだけでなく、携帯電話やビデオレコーダー・ゲーム機といったデジタル家電など日本語の入力を必要とする様々な機器に日本語入力システムが組み込まれている。日本語入力システム フレッシュアイペディアより)

73件中 51 - 60件表示

「デジタル家電」のニューストピックワード