84件中 61 - 70件表示
  • 情報機器

    情報機器から見たデジタル家庭電化製品デジタル家庭電化製品

    一般の家庭にも、これら機器は普及を見せている。これらは家庭用電気機械器具(家電)の一種として、情報家電ないしデジタル家電(→デジタル家庭電化製品)とも呼ばれ、家庭用には機能を限定するなどしてやや安価な廉価版が主に普及する傾向が見られる。情報機器 フレッシュアイペディアより)

  • 日経エンタテインメント!

    日経エンタテインメント!から見たデジタル家電デジタル家庭電化製品

    映画、音楽、本、テレビを中心にゲーム、ラジオ、演劇、インターネット、デジタル家電等の流行のものや人物等を幅広く掲載している。日経エンタテインメント! フレッシュアイペディアより)

  • 自作パソコン

    自作パソコンから見たデジタル家庭電化製品デジタル家庭電化製品

    IntelとAMDの競争によってプロセッサが「ギガヘルツ」化し熾烈な動作クロック競争を続けたが、限界まで上昇して壁に突き当たった。具体的には発熱量が増大し、冷却の難しさが問題になった。エンスーによるCPU水冷が騒がれだしたのもこの時期である。自作ユーザーの興味は静音化、低発熱、小型化(キューブパソコンなど)に移った。1990年代末頃から徐々に人気を集め始めた動画キャプチャなどデジタル家電的な用途でも伸長が続き、記録型DVDドライブが普及した。自作パソコン フレッシュアイペディアより)

  • コンシューマーゲーム

    コンシューマーゲームから見たデジタル家庭電化製品デジタル家庭電化製品

    広義においては、家電製品でもある。ゲームを含む家電製品のカテゴリーとして、娯楽家電(情報娯楽家電ないしデジタル家庭電化製品とも)という分野がある。電気(→電力)を消費して娯楽を提供する装置であり、家庭内にあるために電気保安上の制約として電気用品安全法の適用対象となっているが、2006年4月からはPSEマークの無いものを発売できないという規制が、段階を追って発効されている。コンシューマーゲーム フレッシュアイペディアより)

  • エヌジェーケー

    エヌジェーケーから見たデジタル家電デジタル家庭電化製品

    手掛ける業務分野は広く、金融系・公共系・産業(組込)系で多くの実績がある。また、第三者検証ソリューションである自動評価ロボット「KURAGE」や、自社特許BUI(Button-User-Interface)を基盤とした「Natureシリーズ」と称する市販パッケージソフトウェアの開発・販売や電話コミュニケーション用iPadアプリのCyzo、スマートデバイスによる作業報告やデータ照会などの業務を、専用のプログラム開発をすることなく、カメラ/GPS/オフライン運用などネイティブアプリの利点を活かし実現できるAndroid・iOS対応のソリューションであるMobileEntry、FMSシリーズのマンション管理システム等のプロダクト製品がある。近年は、携帯電話等の移動体通信、デジタル家電分野での受注を増加させており、収益構造の基幹の一つになっている。エヌジェーケー フレッシュアイペディアより)

  • HDMI

    HDMIから見たデジタル家庭電化製品デジタル家庭電化製品

    HDMIはデジタル家電向けのインタフェースであり、2002年12月にHDMI 1.0の仕様が策定された。PCとディスプレイの接続標準規格であるDVIを基に、音声伝送機能や著作権保護機能(デジタルコンテンツ等の不正コピー防止)、色差伝送機能を加えるなどAV家電向けに改良した物である。HDMIは非圧縮デジタル形式の音声と映像を伝達し音質、画質とも理論上は伝送中に劣化することはない。これがRCA端子やD端子(コンポーネント端子)とは大きく異なる。HDMI フレッシュアイペディアより)

  • Made in Japan

    Made in Japanから見たデジタル家電デジタル家庭電化製品

    よって、近年のデジタル家電などに於いては、表記が「Made in Japan」であっても、基板やイヤホン、リモコン、電池や電源コード等、殆どの場合で中華人民共和国や東南アジア諸国を主とした外国製が含まれている。この為、樹脂や金属といった材料資源を除いても、100%の作業が日本で行われた純粋な「Made in Japan=日本製」の表記を持つ製品は、年々減少しつつある。Made in Japan フレッシュアイペディアより)

  • 3DO

    3DOから見たデジタル家庭電化製品デジタル家庭電化製品

    3DO社の方針通り、あくまで情報家電という位置づけで販売し、メーカーもゲーム機ではなく「インタラクティブ・マルチプレイヤー」と称していた。3DOのビジネスモデルから原価以上に販売価格を設定せざるを得ず、他のゲーム機と比べて高価だった。しかもゲームショップなどをメインに販売された競合ゲーム機に対し、3DO REALは松下が持つ家電としての販路を利用して主に販売された。松下電器は地域専門店、いわゆる「ナショナルショップ」での販売も行ったので、メーカーに対する発言力の強いこれらの店が儲かる施策が必要で、競合機のような積極的な値引き販売ができなかった。三洋電機の販売した「3DO TRY」の実売価格は3DO REALと比較して安価だったが、松下よりもさらに販路が弱い三洋の家電の販路を利用して販売されたため、非常に流通量が限られた。このように発売当初の3DO端末は旧来の家電製品のビジネスモデルから脱却できなかった。3DO フレッシュアイペディアより)

  • 3DO

    3DOから見た情報家電デジタル家庭電化製品

    松下電器の3DO REALを欧州へ輸出した時にはEUから、ゲーム機ではなく関税が高い「情報家電」として認定されたので、価格がさらに高くなったという。「安価なゲーム機」ではなく「高価格なマルチメディア機」というコンセプトは、普及の大きな妨げとなった。結果としてハイエンドゲーマーしか手を出さなかった。松下電器は「3DOがこれほど高価格なのは、これが単なるゲーム機ではなくインタラクティブ・マルチプレイヤーだからである」と主張してその価格を正当化した。3DO フレッシュアイペディアより)

  • TOMOYO Linux

    TOMOYO Linuxから見た情報家電デジタル家庭電化製品

    のにおける情報家電・組み込み開発者の一部から上がった意見「組み込み開発者の多くが組み込み環境における、セキュリティ強化を希求しているが、(当時)すでにメインライン統合済みであった () には一部組み込み環境では負荷が大きい側面があり、そのためのようなパス名ベースのライトウェイトなセキュリティモジュールはうまく適合する側面がある。しかし組み込み開発者はカーネルへのパッチ適用を避ける傾向がある。」TOMOYO Linux フレッシュアイペディアより)

84件中 61 - 70件表示

「デジタル家電」のニューストピックワード