デスティネーションキャンペーン ニュース&Wiki etc.

デスティネーションキャンペーンとは、北海道旅客鉄道・東日本旅客鉄道・東海旅客鉄道・西日本旅客鉄道・四国旅客鉄道・九州旅客鉄道のJRグループ旅客6社と指定された自治体、地元の観光事業者等が協働で実施する大型観光キャンペーンのこと。 (出典:Wikipedia)

「デスティネーションキャンペーン」Q&A

  • Q&A

    長崎・佐世保地区のキハ66・67系、キハ200・220系の運用についてお尋ねします。…

    [続きを読む]

    回答数:1質問日時 - 2016年9月17日 19:13

  • Q&A

    7月28日、長崎県長崎市大黒町のホテルニュー長崎で行われたおもてなしセミナー(滝川ク…

    [続きを読む]

    回答数:2質問日時 - 2016年8月1日 12:22

  • Q&A

    7月28日、長崎県長崎市大黒町のホテルニュー長崎で行われた滝川クリステルおもてなしセ…

    [続きを読む]

    回答数:2質問日時 - 2016年7月29日 16:22

つながり調べ

関連のありそうなワードから見た「デスティネーションキャンペーン」のつながり調べ

  • 歴女

    歴女から見たデスティネーションキャンペーン

    特に、2008年(平成20年)10月1日から12月31日まで「仙台・宮城デスティネーションキャンペーン」の開催地となった宮城県では、歴女が好む『戦国BASARA』を生んだカプコンと自治体が積極的に連携した。同DCを前にした4月1日から『戦国BASARA』のキャラクターの片倉小十郎と伊達政宗のイラストを貼ったラッピングバス「きゃっするくん小十郎バス」を同県白石市で運行開始するなど、様々な関連イベントが開催され、さらに翌年10月25日の宮城県知事選挙の広報ポスターおよびテレビCMに同キャラクターの伊達政宗を起用したり、地元の特産品のラベルにも同キャラクターを使用している。(歴女 フレッシュアイペディアより)

  • 天地人ダービー

    天地人ダービーから見たデスティネーションキャンペーン

    ちょうどこの年、山形県と新潟県の両県が主要舞台となる大河ドラマ『天地人』が1年を通じて放送され、また、新潟県全域および山形県庄内地方で「新潟デスティネーションキャンペーン」が同年10月1日から12月31日に開催されるなど、例年になく両県の間の交流が深まる状況が生まれていた。これを商機と見た山形は、新潟に共同でのイベント展開を打診。新潟としても2005年(平成17年)度をピークに観客数が減少し、2007年度には年2億円の赤字を出していたため提案に乗り、同年より大河ドラマの題名『天地人』を冠した「天地人ダービー」が開始された。(天地人ダービー フレッシュアイペディアより)

「デスティネーションキャンペーン」から見た関連のありそうなワードのつながり調べ

「デスティネーションキャンペーン」のニューストピックワード