78件中 11 - 20件表示
  • SLみなかみ

    SLみなかみから見たデスティネーションキャンペーンデスティネーションキャンペーン

    2010年7月3日に運転(D51 498+旧形客車6両)。SLレトロ奥利根以来6年ぶりの旧形客車を使用しての運行。D51 498は同年からの新装備である集煙装置と後藤工場式大型切り取りデフを装着した重装備スタイルで登場。団体臨時列車で2011年開催の群馬DCのプレイベントのオープニング列車。SLみなかみ フレッシュアイペディアより)

  • 大内宿

    大内宿から見たデスティネーションキャンペーンデスティネーションキャンペーン

    観光客数は、1985年(昭和60年)に約2万人であったが、バブル景気が始まると急増し、1990年(平成2年)10月12日に会津鉄道が野岩鉄道会津鬼怒川線および東武鉄道鬼怒川線・日光線・伊勢崎線との直通運転を開始すると、翌1991年(平成3年)には50万人を突破した。その後は年間50万人前後で推移していたが、1997年(平成9年)に磐越自動車道が全線開通すると60万人を超えた。2003年(平成15年)に県道下郷会津本郷線氷玉バイパス(大内宿こぶしライン)が開通すると翌2004年(平成16年)には80万人を超え、2005年(平成17年)のあいづデスティネーションキャンペーンで様々にPRされると2006年(平成18年)には90万人、2007年(平成19年)には100万人を突破し、県外からの観光客が90%を占める県内有数の観光地となった。観光客の増加に伴い、周辺道路に渋滞が発生するようになったため、2009年(平成21年)2月23日に「大内宿周辺地域渋滞対策協議会」が設立された。大内宿 フレッシュアイペディアより)

  • まりも (列車)

    まりも (列車)から見たデスティネーションキャンペーンデスティネーションキャンペーン

    2012年(平成24年)7月20日・22日:北海道デスティネーションキャンペーンに伴い、2日間だけ「急行まりも」として運行。20日は札幌駅発、釧路駅行きで、千歳線→石勝線→根室本線経由、22日釧路駅発、札幌駅行きは根室本線→函館本線経由で運行された。まりも (列車) フレッシュアイペディアより)

  • TIME NOTE

    TIME NOTEから見たデスティネーションキャンペーンデスティネーションキャンペーン

    僕が生まれた街 - 「ちばデスティネーションキャンペーン」CFソングTIME NOTE フレッシュアイペディアより)

  • イーサイト

    イーサイトから見たデスティネーションキャンペーンデスティネーションキャンペーン

    更に、群馬デスティネーションキャンペーンに合わせ、2011年7月2日には、2階に新たに地元再発見の場をご提案する「群馬いろは」がオープンし、イーサイト高崎も同日でついにグランドオープンした。イーサイト フレッシュアイペディアより)

  • ジパング (ジョイフルトレイン)

    ジパング (ジョイフルトレイン)から見たデスティネーションキャンペーンデスティネーションキャンペーン

    2012年(平成24年)4月から6月まで開催される「いわてデスティネーションキャンペーン(いわてDC)」に合わせて、JR東日本盛岡支社の新しい観光列車として同年4月1日より運行を開始した。ジパング (ジョイフルトレイン) フレッシュアイペディアより)

  • 上信電鉄デキ1形電気機関車

    上信電鉄デキ1形電気機関車から見たデスティネーションキャンペーンデスティネーションキャンペーン

    2007年(平成19年)3月12日、下仁田 - 南蛇井間で線路沈下が原因と見られる脱線事故が発生し、その際に受けた損傷が原因でながらく補修待ちとなっていたが、2011年度の群馬デスティネーションキャンペーンに向けた修復が2010年末から行われ、2011年4月に完了した。上信電鉄デキ1形電気機関車 フレッシュアイペディアより)

  • まほろば (列車)

    まほろば (列車)から見たデスティネーションキャンペーンデスティネーションキャンペーン

    2010年は平城京への遷都から1300年にあたり、奈良市の平城宮跡を中心として平城遷都1300年記念事業が行われ、奈良県とJR6社ではこれに協賛する形で同年4月1日から6月30日まで、「奈良デスティネーションキャンペーン」が開催された。その一環として、多くの利用客が予想されることから、利便性向上のためにメイン会場である平城宮跡会場でのイベント開催に合わせて運転されたものである。まほろば (列車) フレッシュアイペディアより)

  • 天地人ダービー

    天地人ダービーから見たデスティネーションキャンペーンデスティネーションキャンペーン

    ちょうどこの年、山形県と新潟県の両県が主要舞台となる大河ドラマ『天地人』が1年を通じて放送され、また、新潟県全域および山形県庄内地方で「新潟デスティネーションキャンペーン」が同年10月1日から12月31日に開催されるなど、例年になく両県の間の交流が深まる状況が生まれていた。これを商機と見た山形は、新潟に共同でのイベント展開を打診。新潟としても2005年(平成17年)度をピークに観客数が減少し、2007年度には年2億円の赤字を出していたため提案に乗り、同年より大河ドラマの題名『天地人』を冠した「天地人ダービー」が開始された。天地人ダービー フレッシュアイペディアより)

  • SLニセコ号

    SLニセコ号から見たデスティネーションキャンペーンデスティネーションキャンペーン

    2012年(平成24年)運行分に関しては、北海道デスティネーションキャンペーンの一環として運行される事から、利用客増大を考慮して14系「SLすずらん号」編成による運行が発表されているSLニセコ号 フレッシュアイペディアより)

78件中 11 - 20件表示

「デスティネーションキャンペーン」のニューストピックワード