123件中 11 - 20件表示
  • 鶴岡市立加茂水族館

    鶴岡市立加茂水族館から見たデスティネーションキャンペーンデスティネーションキャンペーン

    半世紀使用した旧館から、東隣に新館を建設して、2014年(平成26年)6月1日に移転・開館した。開館は「山形デスティネーションキャンペーン」(2014年6月14日 - 9月13日)に間に合わせることができたが、旧館を解体して駐車場にする工事については東日本大震災(2011年3月11日発生)に伴う復興特需や消費税増税(2014年4月1日に5%から8%に税率変更)に伴う駆け込み需要により工期が延び、新館開館には間に合わなかった。新館は鉄筋コンクリート地上3階建てで、延べ床面積が約4,000m2と旧館の約2.5倍となり、クラネタリウムも4倍規模になった。総工費約30億円のうち約27億円が合併特例債であり、その1/3にあたる9億円分をミニ公募債(住民参加型市場公募地方債)で調達することとして、1回目の募集の3億円分を「加茂水族館クラゲドリーム債」として発行したところ、発売20分で完売するほどの盛況を見せた。鶴岡市立加茂水族館 フレッシュアイペディアより)

  • 男鹿駅

    男鹿駅から見たデスティネーションキャンペーンデスティネーションキャンペーン

    10月1日 - プレ・デスティネーションキャンペーンに合わせ、駅舎が古民家風の外装にリニューアルされ、駅前に2体のなまはげ像が新たに設置された。10月11日にはリニューアル記念セレモニーが行われた。男鹿駅 フレッシュアイペディアより)

  • 新幹線E5系・H5系電車

    新幹線E5系・H5系電車から見たデスティネーションキャンペーンデスティネーションキャンペーン

    File:JR East Shinkansen lineup at Niigata Depot 200910.jpg|新潟デスティネーションキャンペーン記念イベントにて行われた車両センター公開の様子(2009年10月17日)新幹線E5系・H5系電車 フレッシュアイペディアより)

  • デスティネーション・キャンペーン

    デスティネーション・キャンペーンから見たデスティネーションキャンペーンデスティネーションキャンペーン

    デスティネーション・キャンペーン フレッシュアイペディアより)

  • TIME NOTE

    TIME NOTEから見たデスティネーションキャンペーンデスティネーションキャンペーン

    僕が生まれた街 - 「ちばデスティネーションキャンペーン」CFソングTIME NOTE フレッシュアイペディアより)

  • 狐の嫁入り行列

    狐の嫁入り行列から見たデスティネーションキャンペーンデスティネーションキャンペーン

    こうした言い伝えや民話を下地とし、1989年に新潟県が企画した「デスティネーションキャンペーン」(JR東日本とタイアップし、新潟県内のある地域を取りあげ、その地域の祭り及びイベントを関東圏のJR駅でPRするキャンペーン)に乗って1990年5月3日に第1回が開催された。以降、その幻想的な祭の構成に注目が集まり、現在では津川地区の人口5,000人に対し、5万人にも及ぶ観光客が訪れるようになっている。狐の嫁入り行列 フレッシュアイペディアより)

  • 森の都

    森の都から見たデスティネーションキャンペーンデスティネーションキャンペーン

    「神武天皇祭」と同日開催の愛林日を受け継いだ「全国植樹祭」が、天皇および皇后が出席して1950年(昭和25年)に初めて山梨県甲府市片山恩賜林で開催された。2008年(平成20年)4月1日?6月30日に開催された山梨県デスティネーションキャンペーンにおいて、『本県は都会の人々があこがれる「美しい山の都、森の都」』と表現したため、観光PRにおいてこの表現がその後も使用されている。森の都 フレッシュアイペディアより)

  • 東北地方の経済史

    東北地方の経済史から見たデスティネーション・キャンペーンデスティネーションキャンペーン

    北東北では、秋田新幹線開通(1997年)、仙台空港?青森空港の定期便就航(1998年11月?1999年11月)とJRの旅客争奪競争、東北新幹線の八戸延伸(2002年)など、長距離速達性の向上 に合わせて「北東北デスティネーション・キャンペーン」(2003年)が開催された。東北地方の経済史 フレッシュアイペディアより)

  • ワンコインバス・うみねこ号

    ワンコインバス・うみねこ号から見たデスティネーションキャンペーンデスティネーションキャンペーン

    2011年4月23日 - 平成23年度の運行開始(10月31日まで)。今年は青森デスティネーションキャンペーンの開幕に合わせ、例年より1週間早めての運行開始となる。ワンコインバス・うみねこ号 フレッシュアイペディアより)

  • キノピー (桐生市)

    キノピー (桐生市)から見たデスティネーションキャンペーンデスティネーションキャンペーン

    2011年(平成23年)7月から9月末まで開催される群馬デスティネーションキャンペーンを前に、桐生駅では6月15日から発車メロディが八木節に変更され、同日の発車メロディ変更記念式典にキノピーが登場し、桐生市長や桐生駅長とともに発車の合図を行った。6月24日には、桐生市の観光キャラバンが東京駅日本橋口TIC東京前イベントスペースで特産品の販売や桐生八木節まつりの紹介を行い、キノピーと群馬県のマスコットであるぐんまちゃんが登場した。第16回桐生ファッションウィークでは、桐生刺繍商工業組合によって製作されたキノピーのワッペンが販売され、その収益は東日本大震災の被災地に寄付された。キノピー (桐生市) フレッシュアイペディアより)

123件中 11 - 20件表示

「デスティネーションキャンペーン」のニューストピックワード