123件中 21 - 30件表示
  • AOMORI春フェスティバル

    AOMORI春フェスティバルから見たデスティネーションキャンペーンデスティネーションキャンペーン

    最初の開催は2006年。2011年には青森デスティネーションキャンペーンの一環としての開催された。青森駅近くの新町の大通りである県道16号線を中心にさまざまなイベントが開催される。ねぶたとよさこいのコラボレーションが特徴であり、キャッチコピーは「ねぶた祭とよさこいが世紀のコラボレーション」である。AOMORI春フェスティバル フレッシュアイペディアより)

  • クリームボックス

    クリームボックスから見たデスティネーションキャンペーンデスティネーションキャンペーン

    郡山市のご当地パンとして知られれるようになり、2016年4月からはクリームボックスを通じた町おこし事業として同市のパン店18店舗を巡る「スタンプラリー」が行われている、同年5月には福島県の大型観光企画「アフターDC(デスティネーションキャンペーン)」の開催記念のオリジナル商品としてファミリーマートから東北6県と新潟県の約860店で発売され、福島県のPRに一役買っている。クリームボックス フレッシュアイペディアより)

  • ディスティネーションキャンペーン

    ディスティネーションキャンペーンから見たデスティネーションキャンペーンデスティネーションキャンペーン

    ディスティネーションキャンペーン フレッシュアイペディアより)

  • 横手市増田伝統的建造物群保存地区

    横手市増田伝統的建造物群保存地区から見たデスティネーションキャンペーンデスティネーションキャンペーン

    奥羽本線十文字駅から羽後交通バスで約10分、「増田中町」下車。なお十文字駅は2013年(平成25年)にデスティネーションキャンペーンに合わせ改装が行われ、待合室入口が内蔵の入口風に改装された。横手市増田伝統的建造物群保存地区 フレッシュアイペディアより)

  • Kitaca

    Kitacaから見たデスティネーションキャンペーンデスティネーションキャンペーン

    5月20日 - 北海道デスティネーションキャンペーン記念Kitaca(2,000円)を札幌駅で限定10,000枚発売。Kitaca フレッシュアイペディアより)

  • 歴女

    歴女から見たデスティネーションキャンペーンデスティネーションキャンペーン

    2008年(平成20年)10月1日から12月31日まで「仙台・宮城デスティネーションキャンペーン」の開催地となった宮城県では、歴女が好む『戦国BASARA』を生んだカプコンと自治体が積極的に連携した。同DCを前にした4月1日から『戦国BASARA』のキャラクターの片倉小十郎と伊達政宗のイラストを貼ったラッピングバス「きゃっするくん小十郎バス」を同県白石市で運行開始するなど、様々な関連イベントが開催され、さらに翌年10月25日の宮城県知事選挙の広報ポスターおよびテレビCMに同キャラクターの伊達政宗を起用したり、地元の特産品のラベルにも同キャラクターを使用したりしている。歴女 フレッシュアイペディアより)

  • 弥彦駅

    弥彦駅から見たデスティネーションキャンペーンデスティネーションキャンペーン

    彌彦神社の本殿を模した木造寺社造り(入母屋造)の駅舎は1916年(大正5年)の開業時からのもので、門柱や梁などが朱色に塗色され、鬼瓦には兎が彫り込まれるなど特徴的な意匠を持ち、「ふるさとの駅100選」にも選出されている。近年相次いで駅舎のリニューアルが行われており、2013年秋には翌2014年(平成26年)の新潟デスティネーションキャンペーン開催に合わせた全面改修が、2015年(平成27年)10月には旅行客やハイキング客向けの設備拡充がそれぞれ実施された。弥彦駅 フレッシュアイペディアより)

  • SLニセコ号

    SLニセコ号から見たデスティネーションキャンペーンデスティネーションキャンペーン

    2012年(平成24年)運行分に関しては、北海道デスティネーションキャンペーンの一環として運行されることから、利用客増大を考慮して14系「SLすずらん号」編成による運行が発表された。SLニセコ号 フレッシュアイペディアより)

  • Smart BEST

    Smart BESTから見たデスティネーションキャンペーンデスティネーションキャンペーン

    2014年2月10日付のJR西日本のプレス発表で、同年9月14日から12月13日にかけて開催される和歌山デスティネーションキャンペーンで、DGBC2系が供出され、室内を改造して観光列車として期間限定で営業運転される予定であることが公表された。Smart BEST フレッシュアイペディアより)

  • アルクマ

    アルクマから見たデスティネーションキャンペーンデスティネーションキャンペーン

    当初はJRグループの信州デスティネーションキャンペーン(信州DC、2010年10月?12月)のキャラクターとして誕生したものであり、期間限定での使用だった。しかし、その愛らしい姿が人気を呼んで、継続使用の声が多く上がったことにより、2011年3月より長野県観光PRキャラクターに任命された。その後、長野県観光部観光振興課が長野県観光PRを「アルクマキャラバン」と称して、アルクマの着ぐるみを伴って毎週、県内外の様々なイベント等へ出向いてキャンペーン等を行ったり、県内各所の観光地などにアルクマのぬいぐるみが置かれたり、パンフレットに登場するなどして、ますます人気を博している。アルクマ フレッシュアイペディアより)

123件中 21 - 30件表示

「デスティネーションキャンペーン」のニューストピックワード