78件中 31 - 40件表示
  • うつくしま未来博

    うつくしま未来博から見たデスティネーションキャンペーンデスティネーションキャンペーン

    4月1日?6月30日 - デスティネーションキャンペーン開催。うつくしま未来博 フレッシュアイペディアより)

  • JR東日本E331系電車

    JR東日本E331系電車から見たデスティネーションキャンペーンデスティネーションキャンペーン

    当初は同年4月30日まで開催された「ちばデスティネーションキャンペーン」のADトレインとして運用していた。しかし、4月に入ってからは運用されなくなり、しばらく幕張車両センターなどで留置されていたが、同年10月に川崎重工製の7両が同社兵庫工場に戻って部品の一部について改良を行い、同月26日 - 27日に兵庫から京葉車両センターまで甲種輸送された。また2008年3月25日に東急車輛製の7両についても部品の一部の改良のため甲種輸送された。JR東日本E331系電車 フレッシュアイペディアより)

  • 国鉄C61形蒸気機関車20号機

    国鉄C61形蒸気機関車20号機から見たデスティネーションキャンペーンデスティネーションキャンペーン

    復元作業の遅れや東日本大震災のため、当初予定されていた同年のゴールデンウィーク以降の運行開始に代わり、復活に際しての最大の目標とされた「群馬デスティネーションキャンペーン」での運行開始に間に合わせるべく、その後も高崎駅 - 水上駅間で本線試運転が幾度か行われた。そして、6月4日、東日本大震災からの復興を願うスローガン「がんばろう日本!」と書かれた、「はやぶさ」のヘッドマークデザインをモチーフにしたヘッドマークを掲げて、旧形客車による6両編成、472席が満席となった、9時56分高崎発水上行き「快速SL C61 復活号」を牽引し、これを以って復活営業運転を開始した。国鉄C61形蒸気機関車20号機 フレッシュアイペディアより)

  • 土崎駅

    土崎駅から見たデスティネーションキャンペーンデスティネーションキャンペーン

    2013年(平成25年)に開催される秋田デスティネーションキャンペーンと、それに向けて2012年(平成24年)に開催されたプレデスティネーションキャンペーンを見据えて、秋田を訪れる観光客を綺麗な駅舎で迎えることを目指した駅舎の整備が行われた。港町にあるモダンな外観をコンセプトとし、1926年(昭和元年)落成の駅舎の雰囲気を生かし、外壁の一部にレンガ調の壁材を使用して洋館風としている。また待合室の腰壁に地元企業の提供による秋田杉が使用されている。土崎駅 フレッシュアイペディアより)

  • JR東日本HB-E300系気動車

    JR東日本HB-E300系気動車から見たデスティネーションキャンペーンデスティネーションキャンペーン

    長野地区分は2010年10月 - 12月に開催される「信州デスティネーションキャンペーン『未知を歩こう。信州』」に合わせ同年10月2日から信越本線・篠ノ井線・大糸線の長野駅 - 松本駅 - 南小谷駅間で運転される快速列車「リゾートビューふるさと」を皮切りに運行を開始した。飯山線には2010年11月に「十日町そば祭り号」として入線した。デスティネーションキャンペーン期間中の快速「リゾートビューふるさと」はほぼ毎日運行されていたが、終了後の2011年1月からは土曜日・休日を中心の運行とされている。JR東日本HB-E300系気動車 フレッシュアイペディアより)

  • 国鉄C11形蒸気機関車

    国鉄C11形蒸気機関車から見たデスティネーションキャンペーンデスティネーションキャンペーン

    北東北デスティネーションキャンペーンのオープニングイベントとして運転。12系客車を初めて牽引。国鉄C11形蒸気機関車 フレッシュアイペディアより)

  • 森の都

    森の都から見たデスティネーションキャンペーンデスティネーションキャンペーン

    「神武天皇祭」と同日開催の愛林日を受け継いだ「全国植樹祭」が、天皇および皇后が出席して1950年(昭和25年)に初めて山梨県甲府市片山恩賜林で開催された。2008年(平成20年)4月1日?6月30日に開催された山梨県デスティネーションキャンペーンにおいて、『本県は都会の人々があこがれる「美しい山の都、森の都」』と表現したため、観光PRにおいてこの表現がその後も使用されている。森の都 フレッシュアイペディアより)

  • 奥華子

    奥華子から見たデスティネーションキャンペーンデスティネーションキャンペーン

    ちばデスティネーションキャンペーン(「僕が生まれた街」)奥華子 フレッシュアイペディアより)

  • やまぐち (列車)

    やまぐち (列車)から見たデスティネーションキャンペーンデスティネーションキャンペーン

    2008年8月1日から3日の3日間、山口デスティネーションキャンペーンの企画列車として、牽引機関車をC56形とC57形の重連運転(復路プッシュプル)、車両を当時の宮原総合運転所に所属するサロンカーなにわ6両編成に変更し、「SLやまぐちDX号」として運転した。ヘッドマークは、「やまぐち DELUXU 2008」と表記された特製ヘッドマークが使用された。テールマークには、「サロンカーなにわ」オリジナルテールマークが装着されていた。また、2010年10月9日から11日にかけて「SLやまぐちなにわ号」として2008年と同編成による再び運転がなされている(ただし復路はプッシュプル)。ヘッドマークは、「やまぐち なにわ」と表記された特製ヘッドマークが使用された。やまぐち (列車) フレッシュアイペディアより)

  • 北斗 (列車)

    北斗 (列車)から見たデスティネーションキャンペーンデスティネーションキャンペーン

    2012年に開催された北海道デスティネーションキャンペーンの終了に合わせて、函館駅 - 札幌駅間で運行された臨時急行列車。札幌発函館行きは9月28日に夜行列車として、函館発札幌行きは9月30日に昼行列車として運行された。北斗 (列車) フレッシュアイペディアより)

78件中 31 - 40件表示

「デスティネーションキャンペーン」のニューストピックワード