123件中 41 - 50件表示
  • 飯山線

    飯山線から見たディスティネーションキャンペーンデスティネーションキャンペーン

    キハ110系は1997年10月1日のダイヤ改正前から一部列車で導入、同改正で全列車が当車両での運転となった。導入当初、キハ110系の一部の車両に、一部または全座席が千曲川(信濃川)の見える東方(長野県側のほぼ全域と新潟県側の一部)に向けられた展望車両「ふるさと」があり、普通列車として運用されていたが、のちに従来のキハ110系と同様の座席に置き換えられた(2014年に「おいこっと」へと改造)。主に、1997年3月の秋田新幹線開業直前まで走っていた特急「秋田リレー号」用の300番台からの改造車が充てられており、蛍光灯にカバーがついていたり、座席交換の跡や塗装変更の跡が残っており、他線区のキハ110系と細かい部分で異なる仕様が見られる。なお300番台で使用されたリクライニングシートは当時増備が進められていた横須賀線・総武快速線用E217系電車のグリーン車用に転用されている。なお2017年3月末より、信州ディスティネーションキャンペーンの一環として、リバイバル飯山色=後述の青とアイボリーホワイトの塗装(色合いはオリジナルと異なる)で、正面と側面には橙・山吹色・黄の三色ストライプが入り、側面窓下には「VOITURE AMITIÉ」と表記されたキハ110形2両が登場した。飯山線 フレッシュアイペディアより)

  • 天地人ダービー

    天地人ダービーから見たデスティネーションキャンペーンデスティネーションキャンペーン

    ちょうどこの年、山形県と新潟県の両県が主要舞台となる大河ドラマ『天地人』が1年を通じて放送され、また、新潟県全域および山形県庄内地方で「新潟デスティネーションキャンペーン」が同年10月1日から12月31日に開催されるなど、例年になく両県の間の交流が深まる状況が生まれていた。これを商機と見た山形は、新潟に共同でのイベント展開を打診。新潟としても2005年(平成17年)度をピークに観客数が減少し、2007年度には年2億円の赤字 を出していたため提案に乗り、同年より大河ドラマの題名『天地人』を冠した「天地人ダービー」が開始された。天地人ダービー フレッシュアイペディアより)

  • まりも (列車)

    まりも (列車)から見たデスティネーションキャンペーンデスティネーションキャンペーン

    2012年(平成24年)7月20日・22日:北海道デスティネーションキャンペーンに伴い、2日間だけ「急行まりも」として運行。20日は札幌駅発、釧路駅行きで、千歳線→石勝線→根室本線経由、22日釧路駅発、札幌駅行きは根室本線→函館本線経由で運行された。まりも (列車) フレッシュアイペディアより)

  • 小海線

    小海線から見たデスティネーションキャンペーンデスティネーションキャンペーン

    また、信州デスティネーションキャンペーンに合わせ、2017年7月1日からキハ100形・110形車両を改造した観光列車「HIGH RAIL 1375」の運転を開始した。小海線 フレッシュアイペディアより)

  • 牛タン

    牛タンから見たデスティネーションキャンペーンデスティネーションキャンペーン

    1985年(昭和60年)4月?8月、東北地方を対象とするデスティネーションキャンペーン(メインテーマ:まるごと自然東北)が開催された。牛タン フレッシュアイペディアより)

  • リゾートエクスプレスゆう

    リゾートエクスプレスゆうから見たデスティネーションキャンペーンデスティネーションキャンペーン

    福島デスティネーションキャンペーン開催に合わせて2015年4月4日・11日に臨時快速列車「つながーるふくしま号」(横浜駅 - いわき駅間、上野東京ライン経由)が本系列で運転される予定だったが、「運用上の課題」を理由に651系に変更された。リゾートエクスプレスゆう フレッシュアイペディアより)

  • 国鉄711系電車

    国鉄711系電車から見たデスティネーションキャンペーンデスティネーションキャンペーン

    なお所属車のうち3扉化および冷房改造を施工していない編成が2本在籍するが、そのうちS-110編成は2011年6月に、S-114編成は2012年5月に、「2012年北海道デスティネーションキャンペーン」のプレイベントとして国鉄時代の旧塗装に復元された。国鉄711系電車 フレッシュアイペディアより)

  • 久留里線

    久留里線から見たデスティネーションキャンペーンデスティネーションキャンペーン

    過去には2007年4月に「ちばデスティネーションキャンペーン」の一環としてキハ48形「びゅうコースター風っこ」を使用した臨時普通列車「風っこくるり号」が運転された。2009年には旧型客車をDE10形ディーゼル機関車が牽引する「のんびりくるり号」が運転された。久留里線 フレッシュアイペディアより)

  • 国鉄C61形蒸気機関車20号機

    国鉄C61形蒸気機関車20号機から見たデスティネーションキャンペーンデスティネーションキャンペーン

    復元作業の遅れや東日本大震災のため、当初予定されていた同年のゴールデンウィーク以降の運行開始に代わり、復活に際しての最大の目標とされた「群馬デスティネーションキャンペーン」での運行開始に間に合わせるべく、その後も高崎 - 水上間で本線試運転が幾度か行われた。そして、6月4日、東日本大震災からの復興を願うスローガン「がんばろう日本!」と書かれた、「はやぶさ」のヘッドマークデザインをモチーフにしたヘッドマークを掲げて、旧型客車による6両編成、472席が満席となった、9時56分高崎発水上行き「快速SL C61 復活号」を牽引し、これを以って復活営業運転を開始した。国鉄C61形蒸気機関車20号機 フレッシュアイペディアより)

  • 花嫁のれん (列車)

    花嫁のれん (列車)から見たデスティネーションキャンペーンデスティネーションキャンペーン

    当列車は、2015年(平成27年)10月より実施する北陸デスティネーションキャンペーンに合わせて、2015年(平成27年)10月3日より運行開始された。花嫁のれん (列車) フレッシュアイペディアより)

123件中 41 - 50件表示

「デスティネーションキャンペーン」のニューストピックワード