210件中 91 - 100件表示
  • 藤井聡

    藤井聡から見たデフレーションデフレーション

    また、財政政策はマンデルフレミング効果や公債の中立命題によって効果が乏しいという経済学的な考え方に対して、マンデルフレミングモデルはインフレであることが前提となっておりデフレーションにおいては全く通用しない(→マンデルフレミングモデルも参照)、中立命題も現在の民主党政権でも行っているように日銀による紙幣増刷での国債償還が可能であり、そうすれば中立命題は成り立たない、と批判している。藤井聡 フレッシュアイペディアより)

  • 藤井聡

    藤井聡から見たデフレデフレーション

    著書や日刊建設工業新聞へのコラムなどにおいて積極的な財政政策・公共事業を行うべきであると主張している。インフラ政策については、過去の公共事業に無駄な部分があっただろうことは認める一方で、意味のある公共事業はたくさん残されている、と主張している。防災・インフラの維持更新・国際貿易・国内の生産性向上等のためにどのような公共事業が必要であるかを工学的なデータを用いて解説している。その一方で、財政政策についてはデフレ対策を行わなかったことで2008年までに4000兆円?5000兆円程度の経済損失を被っているとの推計結果を、土木工学における費用便益分析の考え方に基づいて示している。デフレ脱却のためには財政出動が不可欠であることを指摘し、上述のインフラ政策に投資することが二重の配当をもたらすワイズスペンディングであると論じている。また、デフレ脱却は税収増をもたらすことから、デフレ期の積極財政は財政再建をもたらし、デフレ期の緊縮財政は逆に財政悪化をもたらすことをデータに基づいて指摘している。ただし、インフレ下で公共事業を過剰に進めることは、バブルの発生やその崩壊へ繋がるものであるから、物価や金利の動向を見据えながら公共支出の規模を裁量的に調整すべきであるとする。藤井聡 フレッシュアイペディアより)

  • 歴女

    歴女から見たデフレーションデフレーション

    歴史学に携わる女性、歴史を題材とした文学を嗜好する女性、あるいは、歴史的観光地を訪問するのが好きな女性などはかねてから存在していたが、歴史上の人物、特に武将を「萌え」の対象とする女性が新たに見られるようになった。この現象は「武将萌え」と呼ばれ、当初は一部のものと見なされて経済波及効果もオタク関連産業に限られると考えられていたが、観光地として未整備だったりアクセス難があったり、あるいは、一般観光客が減少していたりするような状態であろうと、好みの歴史上の人物の関連地とあらば「巡礼」し、さらに客単価の大きい彼女らの消費意欲は、デフレ経済や消費不況で疲弊した地方にとっては産業活性化の起爆剤とみなされ、地方自治体からも注目されるようになった。詩人・社会学者の水無田気流は、伝統的な文化規範にとらわれず、これまでは男性が好むような趣味を持つ女性が増えていることを指摘し、その代表例として鉄子(女性の鉄道ファン)とともに歴女を挙げている。歴女 フレッシュアイペディアより)

  • 浅尾慶一郎

    浅尾慶一郎から見たデフレーションデフレーション

    デフレーション経済の状況下におけるインフレターゲットの導入を主張している。浅尾慶一郎 フレッシュアイペディアより)

  • ベン・バーナンキ

    ベン・バーナンキから見たデフレデフレーション

    2002年にブッシュ政権下でFRBの理事に指名されたが、もともと政治色の薄い人物で、同僚にも共和党員であることはあまり知られていなかった。FRBによる通貨の供給不足が1930年代の大恐慌の原因だとするミルトン・フリードマン教授の学説の信奉者で、2002年のフリードマンの90歳の誕生パーティーにおいて「FRBは二度と同じ過ちは繰り返しません」と誓い、さらに「デフレ克服のためにはヘリコプターからお札をばらまけばよい」と発言。「ヘリコプター・ベン」の異名をもつ。2003年には「日本の金融政策に関する若干の考察」という表題で講演し、2001年3月からの日銀の量的金融緩和政策は中途半端であり、物価がデフレ前の水準に戻るまでお札を刷り続け、さらに日銀が国債を大量に買い上げ、減税財源を引き受けるべきだと訴えた。2005年には米国大統領経済諮問委員会 (CEA) の委員長となる。2006年2月1日にFRB議長に就任。戦後生まれでは初のFRB議長である。ベン・バーナンキ フレッシュアイペディアより)

  • なべ底不況

    なべ底不況から見たデフレーションデフレーション

    不況名(通称)の、なべ底不況(なべぞこふきょう)は1957年(昭和32年)7月から1958年(昭和33年)6月にかけて起こったデフレーション現象。なべ底不景気(なべぞこふけいき)、鍋底景気(なべぞこけいき)、世界同時不況(せかいどうじふきょう)とも呼ばれ、1958年(昭和33年)はInventory recession(インベントリーリセッション)とも呼ばれた。なべ底不況 フレッシュアイペディアより)

  • 山田伸二

    山田伸二から見たデフレーションデフレーション

    世界同時デフレ(1998年3月、東洋経済新報社)ISBN 978-4492392713山田伸二 フレッシュアイペディアより)

  • 独立労働党

    独立労働党から見たデフレデフレーション

    銀行の国有化は経済政策に抜本的な改革を迫る物であり、労働党の方針とは一切無縁であった。また、労働党政権が行う銀行や金融機関への立入調査も支持。この立入調査の目的は、イングランド銀行に端を発し主要銀行へと拡大した、大蔵省やイングランド銀行によるデフレ政策の終結である。独立労働党 フレッシュアイペディアより)

  • 公共事業

    公共事業から見たデフレデフレーション

    特に、第一次産業や観光業など天候や景気に左右されやすい産業が主で、過疎地を多く抱えている自治体(特に北海道、北東北、山陰、東九州)にとっては公共事業の減少は「死活問題」となっており、これらの自治体は「公共事業が主要産業」とも揶揄されている。しかしながら、これはプラザ合意以降、日本銀行が為替介入や通貨供給量を絞るなどの手段で円高誘導したため地方に立地すべき工場が海外に流失、地方が産業空洞化して(円高のため円建て価格が不変でも、ドル建てでみると賃金・農産物価格・家賃が3-4倍に高騰して、工場が海外に流失した)地方の失業が深刻であるという背景がある。(2009年現在迄、日銀が円高・デフレ政策を取ってきたのは、インフレを織り込んでいない日本の金利システムでは、インフレは資産家に不利だからと言われている。しかし、「都市資産家のために国家の統合と地方の雇用を犠牲にしている」と言う批判もある)公共事業 フレッシュアイペディアより)

  • 昭和農業恐慌

    昭和農業恐慌から見たデフレーションデフレーション

    昭和恐慌で、とりわけ大きな打撃を受けたのは農村であった。世界恐慌によるアメリカ合衆国国民の窮乏化により生糸の対米輸出が激減したことに加え、井上準之助大蔵大臣のデフレ政策と1930年(昭和5年)の豊作による米価下落により、農村では日本史上初といわれる「飢餓豊作」が生じた。米価下落には朝鮮や台湾からの米流入の影響もあったといわれる。農村は壊滅的な打撃を受けた。当時、米と繭の二本柱で成り立っていた日本の農村は、その両方の収入源を絶たれるありさまだったのである。昭和農業恐慌 フレッシュアイペディアより)

210件中 91 - 100件表示

「デフレーション」のニューストピックワード