336件中 91 - 100件表示
  • 塩澤修平

    塩澤修平から見たデフレデフレーション

    デフレを楽しむ熟年生活』[講談社,2004年)塩澤修平 フレッシュアイペディアより)

  • 丸亀町 (高松市)

    丸亀町 (高松市)から見たデフレーションデフレーション

    以降、四国の玄関高松の骨格となる高松中央商店街の中核として四国随一の賑わいを見せたが、1980年代に入ると瀬戸大橋開通による物流構造の変化で本州資本のチェーン店が大挙して押し寄せ、また同時に車社会化の進展による郊外化とそれに伴う郊外型商業施設の相次ぐ開業といった経済的構造変化によって、中心市街地に位置する当町商店街の歩行者数も減少の兆しを見せていた。さらに拍車をかけたのがバブル景気による地価の高騰であり、当町周辺に人が住めなくなってことでドーナツ化現象が顕著に現れ、日用買回り品など客単価の安い商品を扱う小売店が成立しなくなったことで、南北470m・157出店のうち半数が洋服屋・高級ブティックという、あまりに品揃えの偏った商店街となった。そのような状態でバブル崩壊を迎えてしまい、加速するデフレーションに対して高級洋服店しかない当商店街は消費者の支持を完全に失った。丸亀町 (高松市) フレッシュアイペディアより)

  • なべ底不況

    なべ底不況から見たデフレーションデフレーション

    なべ底不況・鍋底不況(なべぞこふきょう)とは、1957年(昭和32年)7月から1958年(昭和33年)6月にかけて起こったデフレーション現象。鍋底景気(なべぞこけいき)とも呼ばれた。なべ底不況 フレッシュアイペディアより)

  • バーガーシティ

    バーガーシティから見たデフレーションデフレーション

    しかし、1990年代に入り、大手ハンバーガーチェーン店(特にマクドナルド)がミニ店舗(主にスーパー店内)やロードサイド店舗を積極的に出店するようになったことや、コンビニエンスストアとの競合激化、さらには円高・デフレによる大手の値下げ攻勢などで、逆にバーガーシティのハンバーガーが割高となるなど、価格・サービス面で大手に対抗できなくなり経営が悪化、最終的に倒産に至った。バーガーシティ フレッシュアイペディアより)

  • 放置自転車

    放置自転車から見たデフレーションデフレーション

    日本は世界的に見て自転車の保有台数が多く、一人当たりの保有率も高いため、交通システムの中で自転車の占める割合(交通分担率)が高い。日本の自転車の平均販売価格はデフレーションの進行によって、14,363円(1999年)から10,509円(2005年)にまで下落している一方で、出荷台数と比べて保有台数が伸びていない事から、「使い捨て」にしているのではないかという分析がある。放置自転車 フレッシュアイペディアより)

  • 享保丁銀

    享保丁銀から見たデフレーションデフレーション

    朱子学者であった新井白石は、経済発展よりも徳川家康による「貨幣は常に尊敬に値する素材で吹き立てられるべき」という言葉通りに幕府の道義を重んじたのであったが、状況は慶長期とは一変していた。すなわち、銀の産出が低迷していたのに加え、海外流出による絶対量の不足、さらに人口は2倍程度に増加し経済活動は飛躍的に発展していたのであった。このため新銀の吹立ては主に悪質の古銀の回収によるものとなり貨幣鋳造量は減少した。この通貨縮小(デフレーション)により物価は次第に下落して不況に陥ることになり、享保15年6月(1730年)の藩札発行の解禁に至らしめる一因となった。享保丁銀 フレッシュアイペディアより)

  • 恐慌

    恐慌から見たデフレーションデフレーション

    恐慌局面では、企業倒産、株価下落、信用制度崩壊、デフレーション等を通じて、多すぎる資本(過剰資本)の価値が破壊され、社会的総資本の量が縮小する。この結果、消費制限に対して過剰となっている生産力が破壊され、消費と生産の均衡が取り戻される。過剰資本とは、利潤率が低いために資本として運動できない資本のことである。生産力の上昇は資本の有機的構成の高度化をもたらし、利潤率の傾向的低下をもたらして(利潤率の傾向的低下の法則)、過剰資本を生み出す。恐慌は過剰な資本と生産力を破壊して、資本による生産の再活性化を準備する。すなわち景気回復するためには、恐慌による過剰資本の価値破壊が必要条件となる。この意味では、恐慌は資本主義的生産の総過程を更新するプロセスであり、資本の生命力の発露である。恐慌 フレッシュアイペディアより)

  • 原田泰

    原田泰から見たデフレデフレーション

    金融政策によって過度な円高・デフレを防ぎ、日本の経済を成長させる重要であるとしている。原田泰 フレッシュアイペディアより)

  • ベースアップ

    ベースアップから見たデフレーションデフレーション

    このようなインフレーションに対応した賃金調整は、近年のデフレ下ではほとんど無意味になったものの、高度成長期には実質賃金を調整する有力な手段でもあった。なお、名目賃金をインフレ率に連動させるような賃金調整は、経済学の理論上も望ましいこととされており、欧米でもインデクセーション (indexation)、いわゆる物価スライド制として、一定の範囲で用いられている。ベースアップ フレッシュアイペディアより)

  • 昭和恐慌

    昭和恐慌から見たデフレデフレーション

    第一次世界大戦による戦時バブル(=日本の大戦景気)の崩壊によって銀行が抱えた不良債権が金融システムを招き、一時は収束するものの、その後の金本位制を目的とした緊縮的な金融政策によって、日本経済は深刻なデフレ不況に陥った。昭和恐慌 フレッシュアイペディアより)

336件中 91 - 100件表示

「デフレーション」のニューストピックワード