210件中 11 - 20件表示
  • 長尾敬

    長尾敬から見たデフレーションデフレーション

    日本のデフレーションの3大原因は社会のIT化、ボーターレス化、高齢化としている。インフレターゲットには否定的である。長尾敬 フレッシュアイペディアより)

  • インフレターゲット

    インフレターゲットから見たデフレーションデフレーション

    マクロ経済的な需要を安定的に推移させ、金利による物価調整を機能させるためには1-3%程度の緩やかなインフレーション目標を具体的に宣言することが必要であると推進派の学者は主張しており、多くの国の中央銀行は物価目標を設定している。その結果アメリカ、日本、中国、インド、ロシア、ドイツ、フランス、中東諸国(イスラエルを除く)、アフリカ諸国(南アフリカを除く)、東南アジア諸国(フィリピン・タイ・インドネシア・韓国を除く)、南米諸国(チリ・ブラジル)を除く有力経済圏においては、物価上昇率の制御及びデフレーションの防止に成功していると主張している。2008年のリーマン・ショック前、(1)スウェーデン(1931-1933年)、(2)スウェーデン(1996-1999年、2004-2005年)、(3)ニュージーランド(1998-1999年)、(4)カナダ(1994年)では、インフレ目標により、インフレ率はマイナスからプラスに復活した。インフレターゲット フレッシュアイペディアより)

  • 失われた10年

    失われた10年から見たデフレーションデフレーション

    企業においては、1990年代後半からはデフレーションに対応する形で、優良企業では有利子負債の圧縮が進展し、高度経済成長末期から続いていた日本企業の過剰なレバレッジ体質が抜本的に転換され、財務体質が改善された。この企業行動は当時においては停滞の要因であったものの、財務基盤が強化された強力な企業群が形成された。流動資産を抱え込み過ぎて資本効率の低下した企業も生まれ、流動比率が高すぎる場合には遊休資産が多いとみなされ、買収の標的になるとの指摘もなされた。失われた10年 フレッシュアイペディアより)

  • 平成

    平成から見たデフレーションデフレーション

    1997年(平成9年)の橋本内閣で行われた消費税増税(5%)は、バブル崩壊の痛手から立ち直りかけていた日本経済に打撃を与え、日本は未曾有の長期にわたるデフレ経済に突入することになる。企業の倒産として2000年(平成12年)にそごうグループが民事再生法の適用を申請して、2010年(平成22年)には日本航空が会社更生法の適用を申請するなどの企業の倒産・企業間の合併・企業間の再編・海外の企業による企業買収が相次ぎ、1997年(平成9年)に山一證券・北海道拓殖銀行が廃業した。翌年の1998年(平成10年)には日本長期信用銀行が破綻して経済的理由からの自殺が激増した。平成 フレッシュアイペディアより)

  • 日本

    日本から見たデフレーションデフレーション

    戦後の日本企業では1980年代までは長期継続雇用が主流だったので、社会構造の変化による衰退産業・衰退企業や、経営破たん企業による、解雇や人員削減以外には、失業が社会問題化することは例外であり、経済成長率が高く、成長産業・成長企業による求人が豊富だったので、失業者も再就職による職業や生活の立て直しは困難ではなかった。1990年代以後のグローバル化の進行、GDPのゼロ成長、デフレ、非正規雇用の増大により、不安定雇用、低所得、貧富の格差の拡大、失業、再就職の困難などが社会問題化した。また、2008年以降の世界金融危機によって完全失業率は戦後最悪水準の5.0%にまで悪化している。日本 フレッシュアイペディアより)

  • 日本の財政問題

    日本の財政問題から見たデフレーションデフレーション

    ポール・クルーグマンは「日本の消費税を上げるタイミングは、少なくとも『大不況真っ只中』ではない。そんな状況下で、景気の回復よりも財政赤字の解消を優先すれば、デフレ・スパイラルを加速させるだけである」「日本の場合、インフレーションが始まったら、債務の問題の大部分は解決する。緩やかなものでも本当にインフレになれば、借りた時よりも現金の価値が下がって返済の負担が減るため、債務問題の解消に効果を発揮するからである」「日本が破産するとしたら、その唯一の方法は、日本銀行が「インフレなどとんでもない」と言い続け何もしないことを選んだ時だ」と述べた。日本の財政問題 フレッシュアイペディアより)

  • トヨタ自動車蒲田工場

    トヨタ自動車蒲田工場から見たデフレーションデフレーション

    戦後のインフレーションはドッジ・ラインにより収束したがさらにデフレーションを引き起こし、1949年にはトヨタ自動車も経営が悪化した。1949年4月に労働組合法の改訂に対する反対により労働争議(ストライキ)も始まっている。10月に日産自動車、いすゞ自動車が人員整理をおこなった。企業再建整備計画により12月にはトヨタ自動車電装品部門が独立し日本電装が設立された。同じ12月にトヨタは人員整理はしないという覚書での労使双方の合意がおこなわれた。翌年1950年4月には経営再建案が発表され、販売部門独立でトヨタ自動車販売株式会社が設立される。また、1950年6月には、経営陣の引責辞任がおこなわれ、トヨタ自動車社長は豊田喜一郎から石田退三となる。同月に朝鮮戦争が勃発し朝鮮特需に向かうこととなるが、この1950年に、蒲田工場も閉鎖となった。足掛け4年の操業だった。この4年間の従業員が中心となり神奈川県相模原市にセントラル自動車が設立されている。トヨタ自動車蒲田工場 フレッシュアイペディアより)

  • ウィリアム・ウッディン

    ウィリアム・ウッディンから見たデフレーションデフレーション

    当時のルーズベルト政権の最大の目標は、経済復興にきっかけを与えるために当面のデフレーションを抑制し、国内価格を上昇させることであった。そのためウッディンは国債取引価格以上の値段で金購入を実施し、強引にドルを引き下げようとする試みが執られた。しかしながらこの政策による物価の上昇は、当初の思惑通りには実現しなかった。ウィリアム・ウッディン フレッシュアイペディアより)

  • 君主online

    君主onlineから見たデフレーションデフレーション

    2006年12月 中国籍とみられる天与売り露天の登場でモールアイテムを中心としたデフレーションになる。君主online フレッシュアイペディアより)

  • 文治政治

    文治政治から見たデフレーションデフレーション

    白石の経済政策は綱吉の時代の施策と逆の施策を採用した。第一がデフレーション施策である正徳改鋳である。これにより貨幣発行量が減少し、景気を冷え込ませた。第二に、長崎貿易は大幅な輸入超過であることを鑑み(つまり、金銀が海外に流出することを意味した。金銀の海外流出は貨幣の裏づけが金銀である以上、国内の貨幣流通量を減少させることとなり、景気を冷え込ませることを意味した)、正徳5年(1715年)に海舶互市新例(長崎新令)を発布し、長崎貿易を制限した。文治政治 フレッシュアイペディアより)

210件中 11 - 20件表示

「デフレーション」のニューストピックワード