336件中 11 - 20件表示
  • 量的金融緩和政策

    量的金融緩和政策から見たデフレーションデフレーション

    平時であれば金利を下げていけば、経済刺激効果が出て景気は回復するが、深刻なデフレーションに陥ってしまうと、政策金利をゼロにまで持っていっても十分な景気刺激効果を発揮することができなかった。そこで政策目標を金利だけでなく、資金供給量を増やすことで対応した金融政策が量的金融緩和政策である。量的金融緩和政策 フレッシュアイペディアより)

  • 負債比率

    負債比率から見たデフレーションデフレーション

    また負債コストが固定されているもとで、インフレーション(物価上昇)が進行するとインフレを考慮した実質的な負債コストが名目コストに比べて小さくなるという現象も知られている。最近、日本がデフレーションで苦しむまでは、先進資本主義国の多くでは石油ショックのときを除くとゆるやかなインフレの進行が第二次大戦後続いていた。このことはつぎのようにも説明できる。一般的にインフレのときにはコストよりも売上の伸びが大きい。そのもとで利払いが固定であれば、その負担は相対的に小さくなる。負債比率 フレッシュアイペディアより)

  • クラウディングアウト

    クラウディングアウトから見たデフレーションデフレーション

    京都大学大学院工学研究科教授の藤井聡は、このようなマンデルフレミングの効果はインフレーションであることが前提となっており、デフレーション下では全く通用しないとの批判を述べ、デフレ下の日本では財政政策は無効にならないという主張をしている。クラウディングアウト フレッシュアイペディアより)

  • 田村秀男

    田村秀男から見たデフレーションデフレーション

    田村は一連の論評、コラムと著書でデフレーションの定義を「物価の継続的な下落の速度、度合いをはるかに上回る賃金の下落が続く状態」とし、単に「物価の下落が続く状態」とする従来の定義では1930年代の大恐慌時代や1998年以降の「日本型デフレ」を十分説明できないとしている。本人は物価上昇一点主義に傾きがちな「リフレ派」と呼ばれるのを嫌い、金融緩和偏重、緊縮財政・増税容認の新自由主義とは一線を画している。物価の上昇だけを重視する平板なインフレ・ターゲットには批判的で、日銀は物価と並んで賃金・雇用を重視するよう、2011年に岩田規久男教授(現日銀副総裁)らとともに日銀法の改正を提起している。また、「デフレは国庫を破壊する」とし、デフレこそが日本の財政収支悪化の元凶であることを論証し、デフレを悪化させる大きな要因である消費増税に反対する。田村秀男 フレッシュアイペディアより)

  • 世界恐慌の原因

    世界恐慌の原因から見たデフレデフレーション

    世界恐慌の原因(せかいきょうこうのげんいん)は経済学者達の活発な議論の主題となっており、これは広く見れば経済危機に関する議論の一環でもある。だが一般的には、世界恐慌は1929年の株価大暴落により引き起こされたと信じられている。世界恐慌時に起きた個々の経済的事件も徹底的に研究されてきた: そういった事件には、資産や商品価格のデフレ、需要と信用の急降下、貿易網の崩壊、そして究極的に起こる失業とそれに続く貧困などがある。しかしながら、恐慌を引き起こし、あるいは恐慌からの回復をもたらした政府の経済政策と個々の事件との因果関係は歴史家の間で意見の一致をみていない。世界恐慌の原因 フレッシュアイペディアより)

  • リチャード・クー

    リチャード・クーから見たデフレデフレーション

    デフレ不況の経済状況を示すモデルとして「バランスシート不況」を提唱している。そのモデルに基づき、1990年代後半からは積極財政政策を強力に主張し、供給側の改革を主張する論陣とぶつかった。そのため、大きな政府を主張する代表的なエコノミストの一人と考えられている。ケインジアンの一人と目されることも多いが、ケインズ経済学の問題点についても指摘している。リチャード・クー フレッシュアイペディアより)

  • 恒心

    恒心から見たデフレーションデフレーション

    1997年(平成9年)4月1日に橋本内閣下で行われた消費税増税(3%から5%の増税)は、バブル崩壊の痛手から立ち直りかけていた日本経済に打撃を与え、日本は未曾有の長期にわたるデフレ経済に突入することになる。企業の倒産として2000年(平成12年)にそごうグループが民事再生法の適用を申請して、2010年(平成22年)には日本航空が会社更生法の適用を申請するなどの企業の倒産・企業間の合併・企業間の再編・海外の企業による企業買収が相次ぎ、1997年(平成9年)に山一證券・北海道拓殖銀行が廃業した。翌年の1998年(平成10年)には日本長期信用銀行が破綻して経済的理由からの自殺が激増した。恒心 フレッシュアイペディアより)

  • インフレターゲット

    インフレターゲットから見たデフレーションデフレーション

    マクロ経済的な需要を安定的に推移させ、金利による物価調整を機能させるためには1-3%程度の緩やかなインフレーション目標を具体的に宣言することが必要であると推進派の学者は主張しており、多くの国の中央銀行は物価目標を設定している。その結果アメリカ、日本、中国、インド、ロシア、ドイツ、フランス、中東諸国(イスラエルを除く)、アフリカ諸国(南アフリカを除く)、東南アジア諸国(フィリピン・タイ・インドネシア・韓国を除く)、南米諸国(チリ・ブラジル)を除く有力経済圏においては、物価上昇率の制御及びデフレーションの防止に成功していると主張している。インフレターゲット フレッシュアイペディアより)

  • アーヴィング・フィッシャー

    アーヴィング・フィッシャーから見たデフレーションデフレーション

    基礎理論についてのこの研究は、当時の大きな社会問題には触れなかった。金融経済学はこれを行い、これがフィッシャーの研究の主要な焦点となった。1890年代にアメリカ合衆国は本位制の問題に関して分裂した。ドルは金、銀、あるいは二者の組み合わせに換算して変動すべきか、固定すべきか。一つの制度を選択することはアメリカ西部とアメリカ東部、農民と資本家、債務者と債権者、…の二者から選択することであった。フィッシャーの『増価と利子』("Appreciation and Interest", 1896)は、物価水準が変動するときの利子率の振る舞いの抽象的分析だった。それはインフレーションの現代的分析にとって根本的な、名目利子率と実質利子率との違いを強調した。しかしフィッシャーは、投資家と貯蓄者(一般大衆)は「貨幣錯覚」によって異なった程度に悩まされると信じた。貨幣錯覚にとらわれた彼らは、貨幣によって実際に購入することができる財の量(購買力)にもとづいて貨幣の価値を評価することができない。購買力によって貨幣の価値を評価するというのが、経済取引は全て物々交換にすぎないという前提、ないし貨幣中立説(≒貨幣数量説)のもとづく理論である。そこで理想的世界では物価水準の変化は生産または雇用に対して何の効果も無いが、貨幣錯覚からなる現実世界ではインフレーション(そしてデフレーション)は重大な損害となるとした。フィッシャーは「デフレスパイラル」を理論的に究明した最初の学者でもある。アーヴィング・フィッシャー フレッシュアイペディアより)

  • 安達誠司

    安達誠司から見たデフレデフレーション

    安達 誠司(あだち せいじ、1965年 - )は、日本のエコノミスト。丸三証券経済調査部長。研究分野は日本経済、デフレ史。安達誠司 フレッシュアイペディアより)

336件中 11 - 20件表示

「デフレーション」のニューストピックワード