210件中 21 - 30件表示
  • デフレ手当て

    デフレ手当てから見たデフレーションデフレーション

    デフレを脱却し、景気回復するため、通貨を発行し、国民に平等に配り、通貨供給量を増やし、簡単に物価を安定させ、景気を回復させる事が出来ると考えられている。デフレ手当て フレッシュアイペディアより)

  • 神戸系ファッション

    神戸系ファッションから見たデフレーションデフレーション

    日本の経済が、デフレ不況下にあった20世紀末から21世紀初頭においての「消費の二極化現象」つまり、普段は、経済的(安上がり)な消費傾向にある一般消費者の間でも、本人のこだわりのある特定分野においては、ある高級品が価格に見合った価値をもつと見なし得ると躊躇なく購入するといった消費動向が顕著であった。この現象は、ファッションの分野においても同じで、その一つがいわゆる「神戸系ブーム」に繋がったとする分析も存在する。つまり、上記のような消費傾向を持つ女性が増えたことで、上品さを備えた価値に見合った高級品と見なし得る、神戸のスタイルを真似て着飾る女性が全国的に溢れることに繋がったとするものである。神戸系ファッション フレッシュアイペディアより)

  • 島田晴雄

    島田晴雄から見たデフレデフレーション

    デフレはマクロの財政政策や金融政策で解消できるものではない、民間の挑戦がなければデフレは解決できないとして、民間主導の経済活動の促進とパターナリズム的な裁量行政を改めるために、規制緩和やセーフティーネット構築が必要と主張している。島田晴雄 フレッシュアイペディアより)

  • 冷泉彰彦

    冷泉彰彦から見たデフレデフレーション

    1999年に上梓した『トロイの木馬』では2000年問題をテーマに取り上げており、コンピュータウイルスにより2000年1月1日に破綻する社会を描いている。また、2000年代の日本経済について、「バブル崩壊後に低金利政策の結果、デフレが長期化した」など独自の主張を展開している。冷泉彰彦 フレッシュアイペディアより)

  • 長田区役所襲撃事件

    長田区役所襲撃事件から見たデフレーションデフレーション

    1949年から始まったドッジ・ラインにより、デフレーションが進行し失業や倒産が相次いだ。在日朝鮮人も例外でなく、失業者が激増した。こうした状況の下で、朝鮮人は「朝鮮人生活擁護闘争」を展開、地方税の減免や生活保護の適用を求めるために、各地の役所に押しかけるようになった。長田区役所襲撃事件 フレッシュアイペディアより)

  • 欠食児童

    欠食児童から見たデフレーションデフレーション

    松方財政によるデフレーションで米価が低迷すると、定額金納の地租が農家に大きな負担となり、多くの農家が窮乏化した。貧困のあまり土地を手放して小作人化する者も増えた。松方財政以降、農村は慢性的な貧困状態に陥り、子供の食事を十分に用意できない農家が多く存在することとなった。農村の貧困は地主に土地を集積させ、彼らの資本は株式などの投資に向けられた。さらに、農村は綿織物業等に従事した女性労働力に代表されるように低賃金労働力を創出し、日本の資本主義の発達を大いに促した。日本の資本主義がこのようにして発展していったため、農村の貧困状態は改良されなかった。欠食児童 フレッシュアイペディアより)

  • 荻原重秀

    荻原重秀から見たデフレーションデフレーション

    元禄時代になると新たな鉱山の発見が見込めなくなったことから金銀の産出量が低下し、また貿易による金銀の海外流出も続いていた。その一方で経済発展により貨幣需要は増大していたことから、市中に十分な貨幣が流通しないため経済が停滞する、いわゆるデフレ不況の危機にあった。それをかろうじて回避していたのが将軍綱吉とその生母桂昌院の散財癖だったが、それは幕府の大幅な財政赤字を招き、この頃になると財政破綻が現実味を帯びたものになってきていた。そうした中で、綱吉の治世を通じて幕府の経済政策を一手に任されたのが重秀だった。荻原重秀 フレッシュアイペディアより)

  • セルフうどん

    セルフうどんから見たデフレデフレーション

    長らくこのようなセルフうどん店は讃岐地域における讃岐うどん店独特の業態だったが、2002年頃から外食産業の大手企業の参入により、セルフうどんのチェーン店が短期間に急増した。背景として「外食デフレ」の時代に合致した低価格路線の商材であったことや、スターバックスやドトールコーヒーショップなどセルフ方式を導入したコーヒーショップの普及で、飲食店におけるセルフ方式の懸念が払拭されたこと、B級グルメブームが挙げられている。これらのチェーン店では、讃岐の地元の標準的なセルフうどん店よりも、手順は少なく、はじめての客でも戸惑わないよう工夫がされている。2000年代後期以降、デフレの影響もあって、売り上げ、店舗数、共に右肩上がりの状態が続いており、新たなファーストフードの一形態として認知され普及・定着している。セルフうどん フレッシュアイペディアより)

  • 御手洗冨士夫

    御手洗冨士夫から見たデフレデフレーション

    デフレ不況の中キヤノンは純利益で3期連続の過去最高を達成し、2003年、米ビジネスウィーク誌が選ぶ世界の経営者25人に選ばれた。御手洗冨士夫 フレッシュアイペディアより)

  • 脱植民地化

    脱植民地化から見たデフレーションデフレーション

    世界恐慌は、産業化社会への影響について論が集中しがちであるが、地方の植民地にも多大な被害を与えた。農業生産物の価格は、工業製品より遥かに大きく、また早く下落し、1925年頃より大戦の勃発まで、植民地は低迷した。宗主国である列強は国内問題に追われ、国際貿易への影響を無視した、保護貿易主義や関税政策が取られた。ほとんど全てが現金作物の産地であった植民地は、どこも輸出収入の大半を失い、宗主国経済の「開かれた」付属地域から、「閉じられた」システムの一部へと変質せざるをえなかった。一部の地域(イギリス領マラヤなど)は、自給自足農業へ回帰したが、他の地域(インド、西アフリカなど)では経営の多角化が行われ、一部では工業化もはじまった。しかし、こういった経済形態は発展しようとすれば宗主国側の拘束によって妨害されてしまうものであった。またヨーロッパ人の所有・経営するプランテーションは、現地民資本家の経営するものよりも長期的なデフレーションに弱く、次第に「白人」農場経営主の支配力は弱まり、1930年代のヨーロッパの政府や投資家は、先住民エリートを支配者側に組み込まざるを得なくなっていった。脱植民地化 フレッシュアイペディアより)

210件中 21 - 30件表示

「デフレーション」のニューストピックワード