210件中 31 - 40件表示
  • 近代から現代にかけての世界の一体化

    近代から現代にかけての世界の一体化から見たデフレデフレーション

    同年11月、濱口首相がロンドン海軍軍縮条約調印にともなう統帥権干犯問題により右翼に狙撃され、内閣が倒れると、同じ立憲民政党から第2次若槻内閣が成立したが、有効な対策を講じることができないまま1931年9月の満州事変の勃発により早々と倒れ、同年12月、立憲政友会の犬養毅内閣が成立した。犬養内閣の高橋是清蔵相は、ただちに金輸出を再禁止し、日本は管理通貨制度へと移行し、民政党政権が行ってきたデフレ政策を180度転換、軍事費拡張と赤字国債発行によるインフレーション政策を行った。金輸出再禁止により、円相場は一気に下落し、円安に助けられて日本は輸出を急増させた。輸出の急増に伴い景気も急速に回復し、1933年にはソ連を除く他の主要国に先駆けて恐慌前の経済水準を回復した。近代から現代にかけての世界の一体化 フレッシュアイペディアより)

  • 共立マテリアル

    共立マテリアルから見たデフレーションデフレーション

    戦後の混乱に対応するため、1946年に組織改革を行なうとともに翌年には社名を共立窯業原料株式会社に改称した。同年、築地工場を拡張し、翌1948年には名古屋鉄道からも付近の土地を買収し、その一方で人員拡充に対応するため本社を名古屋市中村区日置通に移転した。この時期には福島県から宮崎県まで、国内各地で鉱業権や採掘権の買収を積極的に進めている。1949年には名古屋証券取引所に株式を上場した。しかしドッジラインによるデフレーションが起きると生産縮小を余儀なくされ、1949年後半には人員削減を行っている。また翌年には中村区の本社を森村商事に売却し、現在の港区築三町に再び移転した。共立マテリアル フレッシュアイペディアより)

  • 花見山公園

    花見山公園から見たデフレーションデフレーション

    江戸時代から信達地方(福島盆地)は国内有数の養蚕地であり、現在の花見山公園を所有する阿部家も養蚕を家業とし、また、山から切り出した木材の販売もしていた。1929年に世界恐慌が始まると、1930年(昭和5年)1月の金解禁により日本にもその影響が及んで、生糸の輸出減少とデフレから生糸の価格が暴落し、昭和恐慌が始まった。阿部家でも、養蚕業での収入減に加えて恐慌による親戚の事業失敗もあり、家と山を手放さざるを得なくなった。花見山公園 フレッシュアイペディアより)

  • 堤磯右衛門

    堤磯右衛門から見たデフレーションデフレーション

    1833年(天保4年)、武蔵国磯子村(現・横浜市磯子区)で生まれる。1853年(嘉永6年)、品川台場の建設資材輸送に携わり、磯子村で切り出した材木や石材を品川まで運んだ。1866年(慶応2年)には横須賀製鉄所(後の横須賀海軍工廠。当時は造船所のことを製鉄所と称した)の建設に従事。明治に入り、公共事業の建設請負から物資の製造に転身。煉瓦と、灯台の灯り用の菜種油の製造をはじめた。のちに灯台用油が植物油から鉱物油に変更されたこともあり、1873年(明治6年)には煉瓦と油から撤退。同じ頃、実験を繰り返し石鹸の製造に成功。1874年には現在の横浜市南区万世町に堤石鹸製造所を開設。この時、化粧石鹸の製造もはじめている。当初は経営的に苦戦していたが、明治10年代に入り経営は安定。1881年の売上は2万4千円を超えていた。この頃から日本各地の博覧会で賞を受賞したり、各地からの研修生に技術指導をしたりと大きな役割を果たした。しかし明治10年代後半には同業者の増加やデフレーションなどにより再び経営は悪化、1890年(明治23年)には堤石鹸製造所は操業を停止した。翌年1月28日には堤自身も病に倒れ、その生涯に幕を下ろした。堤磯右衛門 フレッシュアイペディアより)

  • アメリカ合衆国の歴史 (1918-1945)

    アメリカ合衆国の歴史 (1918-1945)から見たデフレーションデフレーション

    アメリカ合衆国で起こった出来事が世界的な不況の引き金を引き、デフレと大量の失業に繋がった。失業率は1929年の3.3%から1933年の24.9%にまで上昇し、工業生産高は3分の1だけ減少した。地方の救済策では焼け石に水だった。多くの失業者はその家族を養えなくなって逃亡した(多くはホームレスの町フーバービルに行った)ので、その家族が受けたなけなしの救済物資がさらに必要になった。多くの者にとって次の食料はあったとしてもスープ・キッチン(給食施設)でだった。アメリカ合衆国の歴史 (1918-1945) フレッシュアイペディアより)

  • 土地区画整理事業

    土地区画整理事業から見たデフレーションデフレーション

    しかしながら、バブル期以降の低成長期においては、デフレーションによる地価下落や保留地販売の不振の影響により、事業採算が確保しづらい状況となった組合もあり、経営破綻に陥った例もある。これら組合においては、地権者からの賦課金徴収などの再建策が採られる場合があるが、実際の徴収は困難な場合が多く、特定調停や民事再生などの法的整理を申請した組合もある。ただし、すべての組合が破綻しているわけではなく、適正な事業運営を行っている組合や昨今の地価回復傾向の影響により順調に進められている事業もまた多い。いずれにしても、土地区画整理事業(特に組合施行)は、外的経済の影響を受けやすい収支構造を持っていると言え、低成長型の経済情勢下において、事業の仕組みを構築する転換期となっていると考えられる。土地区画整理事業 フレッシュアイペディアより)

  • バーガーシティ

    バーガーシティから見たデフレーションデフレーション

    しかし、1990年代に入り、大手ハンバーガーチェーン店(特にマクドナルド)がミニ店舗(主にスーパー店内)やロードサイド店舗を積極的に出店するようになったことや、コンビニエンスストアとの競合激化、さらには円高・デフレによる大手の値下げ攻勢などで、逆にバーガーシティのハンバーガーが割高となるなど、価格・サービス面で大手に対抗できなくなり経営が悪化、最終的に倒産に至った。バーガーシティ フレッシュアイペディアより)

  • 江戸時代の三貨制度

    江戸時代の三貨制度から見たデフレーションデフレーション

    以下に『新旧金銀貨幣鋳造高并流通年度取調書』に基づく金貨および銀貨の時代別流通高および『図録 日本の貨幣』による銭貨鋳造高の推定値を示す。元禄・宝永の吹替えにより宝永3年(1706年)から正徳4年(1714年)にかけて通貨量が拡大し、正徳の吹替えによりデフレーションに陥り元文元年(1736年)に通貨量が縮小した状況が窺える。また文政年間以降は小判および丁銀の流通高が減少し、代わって定位貨幣が増加すると共に通貨量が著しく拡大したことが判る。江戸時代の三貨制度 フレッシュアイペディアより)

  • 長谷川慶太郎

    長谷川慶太郎から見たデフレーションデフレーション

    1990年の東西ドイツを分けるベルリンの壁崩壊に象徴される冷戦終了後は、世界的規模の国家間戦争は今後経済的に割に合わず、その結果各陣営に囲い込まれた経済的資源が世界で共有されることによりデフレーションが継続すると主張している。特に、2005年前後からはデフレは100年(程度)継続し、21世紀はデフレの世紀になると主張している。長谷川慶太郎 フレッシュアイペディアより)

  • 人民元改革

    人民元改革から見たデフレーションデフレーション

    中国政府は当初「5%切り上げ案」と「2 - 3%切り上げ案」の2案を検討したが、国内総生産(GDP)の減少や消費者物価の低下により経済がデフレーションに陥る可能性への懸念から、2%の切り上げ幅にとどめる事とした。人民元改革 フレッシュアイペディアより)

210件中 31 - 40件表示

「デフレーション」のニューストピックワード