336件中 31 - 40件表示
  • マクロ経済スライド

    マクロ経済スライドから見たデフレーションデフレーション

    賃金や物価の伸びがマイナスやデフレーションの場合には、賃金や物価の下落相当分は年金額が下がるが、年金財政の均衡を保てないことを理由とした年金額の引き下げは無いとされる(法27条の4第2項2号ないし4号、27条の5第2項1号、5号及び6号)。しかしながら、マクロ経済スライド制の採用は、年金給付額を引き下げる方向に働くとも考えられている。マクロ経済スライド フレッシュアイペディアより)

  • 池田勇人

    池田勇人から見たデフレーションデフレーション

    ドッジ・ラインの反動で、金づまり(デフレ)の嵐が吹き荒れ、企業合理化による人員整理で失業者が増大し、各地で労働争議が頻発、下山事件など暗い事件も相次いだ。ドッジは特に公務員の大量解雇による人件費削減を池田に強く指示し、これを実行したため、ドッジと池田に非難が集中、政党、労働組合、産業界、特に中小企業からの集中砲火にさらされた。池田勇人 フレッシュアイペディアより)

  • バブル崩壊

    バブル崩壊から見たデフレーションデフレーション

    田中秀臣は「バブル期の銀行の貸し出しの総額よりも、現在(2003年)の不良債権処理額の方が上回っている。現在の不良債権は、バブルと無関係であり、その後のデフレーションによって発生した」と指摘している。バブル崩壊 フレッシュアイペディアより)

  • バブル景気

    バブル景気から見たデフレデフレーション

    中曽根内閣は貿易摩擦解消のため、国内需要の拡大を国際公約し(前川リポート)、これまでの緊縮財政から一転させた。5回の利下げの実施後の1988年度補正予算で当時の大蔵大臣であった宮沢喜一は公共事業拡大に踏み切った。また、急激な円高によるデフレ圧力にもかかわらず日銀は当初、公定歩合を引き下げずに据え置くとともに、むしろ無担保コールレートを6%弱から一挙に8%台へと上昇させるという「高目放置」路線を採った。そのため、一時的に非常な引き締め環境となり、その後数年のインフレ率の低下を招いた。一方、翌年以降は緩和へと転じ公定歩合を2.5%まで引き下げ、その後も低金利を続けたが、この金融緩和政策は当時国際公約と捉えられており、これが継続されるとの期待が強固であった。インフレ率の低下と低金利政策維持への期待によって名目金利は大きく低下し、このことが貨幣錯覚を伴って土地や株式への投資を活発化させた。日銀の金融政策は、卸売物価・消費者物価を基準に考えるという伝統的な考え方が支配的であったため、日銀は地価は土地対策で対処すべきという立場であった。バブル景気 フレッシュアイペディアより)

  • 黒田東彦

    黒田東彦から見たデフレーションデフレーション

    長年、日本銀行を批判してきた黒田は、15年にわたる日本のデフレーションの責任の所在を問われると「責務は日銀にある」と明言している。また、東アジア共同体論者として知られている。黒田は「アジアも経済的な統合が進んでいるので、長期的に見れば共通通貨に向かう可能性はある」と指摘している。中国政府を「1980年代後半の日本と比べて高い経済成長を続けつつハードランディングを回避する絶妙なバランスでうまくやってる」と評価してる。アジア開銀時代の黒田の部下である金立群が総裁を務める中国のアジアインフラ投資銀行(AIIB)もアジアの成長に資するとして支持している。黒田東彦 フレッシュアイペディアより)

  • 平成

    平成から見たデフレーションデフレーション

    1997年(平成9年)4月1日に橋本内閣下で行われた消費税増税(3%から5%の増税)は、バブル崩壊の痛手から立ち直りかけていた日本経済に打撃を与え、日本は未曾有の長期にわたるデフレ経済に突入することになる。企業の倒産として2000年(平成12年)にそごうグループが民事再生法の適用を申請して、2010年(平成22年)には日本航空が会社更生法の適用を申請するなどの企業の倒産・企業間の合併・企業間の再編・海外の企業による企業買収が相次ぎ、1997年(平成9年)に山一證券・北海道拓殖銀行が廃業した。翌年の1998年(平成10年)には日本長期信用銀行が破綻して経済的理由からの自殺が激増した。平成 フレッシュアイペディアより)

  • 森永卓郎

    森永卓郎から見たデフレーションデフレーション

    金融政策についてデフレ脱却のために日銀が100兆円単位の国債を大量購入することで市場にベースマネーを大量供給することを主張している。森永卓郎 フレッシュアイペディアより)

  • 金融政策

    金融政策から見たデフレーションデフレーション

    金融政策の目的とは、信用秩序の維持とマクロ経済の安定である。マクロ経済の安定は、物価の安定と適切な雇用の維持の二つにわけられる。具体的には、一般物価を適当な上昇率に調節しインフレ・デフレを解消することと、非自発的な失業率(非自発的失業)をゼロに近づけることである。金融政策は財政政策とともに、消費・投資などの需要をコントロールする上で重要な役割を担っている。金融政策 フレッシュアイペディアより)

  • 西田昌司

    西田昌司から見たデフレーションデフレーション

    2月19日の参議院本会議での国家公務員給与を平均7.8%削減する法案の採決では、現在の状況での公務員給与引き下げはデフレ脱却につながらず、そもそもこの給与削減法は民主党と連合が実現を目指している国家公務員の労働協約締結権の導入につながるものとして、自民党でただ一人造反した。西田昌司 フレッシュアイペディアより)

  • 神戸系ファッション

    神戸系ファッションから見たデフレーションデフレーション

    日本の経済が、デフレ不況下にあった20世紀末から21世紀初頭においての「消費の二極化現象」つまり、普段は、経済的(安上がり)な消費傾向にある一般消費者の間でも、本人のこだわりのある特定分野においては、ある高級品が価格に見合った価値をもつと見なし得ると躊躇なく購入するといった消費動向が顕著であった。この現象は、ファッションの分野においても同じで、その一つがいわゆる「神戸系ブーム」に繋がったとする分析も存在する。つまり、上記のような消費傾向を持つ女性が増えたことで、上品さを備えた価値に見合った高級品と見なし得る、神戸のスタイルを真似て着飾る女性が全国的に溢れることに繋がったとするものである。神戸系ファッション フレッシュアイペディアより)

336件中 31 - 40件表示

「デフレーション」のニューストピックワード