336件中 41 - 50件表示
  • ウズベキスタン共和国中央銀行

    ウズベキスタン共和国中央銀行から見たデフレーションデフレーション

    ソビエト連邦時代の計画経済から市場経済への転換期における転換の主な目的は国内経済の安定と構造変化であった。究極的な目的は経済成長、完全雇用、物価安定に関する改善と国際収支統計の持続的発展である。ウズベキスタン共和国中央銀行 フレッシュアイペディアより)

  • 紙幣整理

    紙幣整理から見たデフレーションデフレーション

    代わってかつて大隈と紙幣整理の方策を巡って争ったために大蔵大輔の座を追われて内務卿に転じていた松方正義が大蔵卿に任命された。松方は中央銀行を設置する一方で漸進的に紙幣消却を進め、紙幣流通量と正貨保有量が同じ水準となった時点で兌換紙幣に切り替えていく方針を定めた。だが、そのためには紙幣消却を進める為の財源捻出のために大幅な緊縮予算とデフレーションの発生を覚悟しなければならず、伊藤博文ら政府首脳や明治天皇に同意を求めた。紙幣整理 フレッシュアイペディアより)

  • 資産デフレ

    資産デフレから見たデフレーションデフレーション

    保有している株式や不動産の価格が下落して、そこから企業や家庭の投資や消費が抑制されるようになったことから発生するというデフレーション。日本では1990年代のバブル崩壊にから地価や株価の大幅下落を記録し、そこから所得から消費分を除いた金銭が含み損を回避するために貯蓄に回されるようになり、投資されるという形で金が回らなくなるという状態になり、これが景気回復しない原因であった。日本国の土地の資産価格は1990年には2455兆円であったのに対し、2000年には1535兆円にまで下落しており、このような急激で大規模な価格下落により不良債権が発生し、デフレ不況というバブル崩壊後にも続いている価格下落の原因なのである。資産デフレ フレッシュアイペディアより)

  • インフレリスク

    インフレリスクから見たデフレーションデフレーション

    逆に、物価が下がれば(デフレーション)お金の価値が上がることになり、現金を持っていると得をする。預貯金も当然得をすることになる。インフレリスク フレッシュアイペディアより)

  • 田代栄助

    田代栄助から見たデフレスパイラルデフレーション

    時の政府の富国強兵に伴う年々度重なる増税、失政によるデフレスパイラルに続き、国際的絹価格の大下落で、秩父地方で盛んな養蚕業を営む多くの農民の生活は悪化していた。そんな中、1884年(明治17年)9月、困民党に招聘され総理に推挙される。そして議論の末に無血蜂起を決定し、10月31日に開始。田代栄助 フレッシュアイペディアより)

  • 白板紙

    白板紙から見たデフレスパイラルデフレーション

    バブル崩壊後、デフレスパイラルに突入すると製品のコストダウンが激化してグレードをダウンする傾向が強く伺える。白板紙 フレッシュアイペディアより)

  • フィリップス曲線

    フィリップス曲線から見たデフレーションデフレーション

    ジェームズ・トービン、ジョージ・アカロフやポール・クルーグマンらによって、低インフレからデフレ領域においては長期においてもフィリップス曲線が右下がりとなることが指摘されている。これは、名目賃金の硬直性により、インフレ率の低い領域では実質賃金の調整が一層困難となり失業が解消されにくいこと、またその失業が履歴効果などによって長期的に固定化・構造化してしまうことなどによる(低インフレからデフレ領域では「インフレの潤滑油効果(inflation's grease effect)」が機能しない)。長期においても右下がりなフィリップス曲線は、長期に渡っても貨幣の中立性が成立せず、デフレーションが経済に悪影響を与え続け得ることを示唆している。フィリップス曲線 フレッシュアイペディアより)

  • 経済新生対策

    経済新生対策から見たデフレスパイラルデフレーション

    経済新生対策(けいざいしんせいたいさく)とは1999年に内閣府によって行われていた経済政策である。目的というのは、日本経済にとって必要で避けることのできない経済構造の基本構造と、この根底の発想と概念を改めるということであった。当時はデフレスパイラルに陥りかねなかった経済状況を、大規模かつ迅速な経済政策によって脱却してきた。この結果、金融改革などといった構造改革が進むと同時に国家の経済というのは成長してきたものの、民間においての需要や雇用は厳しい状態であった。そのような時代において、経済新生対策というのは民間の不安を払拭しつつ、公需から民需への切り替えをはかり、国内経済を回復軌道に乗せるとともに、新たな考え方の確立や基盤の整備を行う契機を作ることを目的としていた。経済新生対策 フレッシュアイペディアより)

  • 内外価格差

    内外価格差から見たデフレデフレーション

    経済学者の田中秀臣は「個別価格の水準で見ると、日本のサービス産業の価格は、1990年代から現在(2013年)まで高止まりしたままである。一方で、デフレ不況下にある日本の製造業の価格は下落し続けている。サービス産業の価格の構成要素を見ると、大半は人件費であり、サービス財の価格同様に下方硬直性という性質を持っている。これが高止まりの原因である」と指摘している。内外価格差 フレッシュアイペディアより)

  • 世代間格差

    世代間格差から見たデフレーションデフレーション

    2007年頃から始まった円高不況とそれに伴うデフレーションは、現役労働者世代に大きな負担となる一方、年金生活者には有利に働くことが指摘されている。世代間格差 フレッシュアイペディアより)

336件中 41 - 50件表示

「デフレーション」のニューストピックワード