210件中 51 - 60件表示
  • 産出量ギャップ

    産出量ギャップから見たデフレーションデフレーション

    総産出量をY、潜在産出量をY*とすると、Y-Y*で算出される。この差が正数ならインフレ・ギャップ (inflationary gap) と呼ばれ、総需要の増加が総供給の増加を上回っていることを示し、経済にインフレーションをもたらす。負数であれば不況ギャップ (recessionary gap) と呼ばれ、デフレーションをもたらす圧力となる。産出量ギャップ フレッシュアイペディアより)

  • 小泉俊明

    小泉俊明から見たデフレデフレーション

    日本経済再生のため、土地・株の下落を止める資産デフレ対策、活力を生む税制の実現を主張している。小泉俊明 フレッシュアイペディアより)

  • 恐怖の大王

    恐怖の大王から見たデフレーションデフレーション

    デフレ(加治木義博『《新たなる時代への序曲》真説ノストラダムスの大予言』KKロングセラーズ、2002年)恐怖の大王 フレッシュアイペディアより)

  • クラウディングアウト

    クラウディングアウトから見たデフレーションデフレーション

    90年代には実質金利を高めるデフレがおきたことから、財政出動の不足が民間投資へ悪影響をもたらしているとの批判がなされた。この時期は金融機関の不良債権処理やBIS規制に対処するための強引な貸し渋り・貸し剥がし(信用収縮)が問題となっており、財政出動による有効需要拡大とマネーサプライ拡大(ヘリコプターマネーやインフレターゲット)を求める議会の要求が高まっていたものの、橋本政権の緊縮財政方針や小渕政権の大規模財政出動、2000年の日銀による金融緩和打ち切りなど経済政策が右往左往したこと(ストップゴー政策)で信用収縮は極まったとの批判がある。クラウディングアウト フレッシュアイペディアより)

  • クラウディングアウト

    クラウディングアウトから見たデフレデフレーション

    京都大学大学院工学研究科教授の藤井聡は、このようなマンデルフレミングの効果はインフレであることが前提となっており、デフレ下では全く通用しないとの批判を述べ、デフレ下の日本では財政政策は無効にならないという主張をしている。。実際1990年代終わり頃から、国債発行などで日本政府の負債が増えても、長期金利は上昇していない。もっともマンデルフレミングモデルに従った場合、上述のように、金利を一定に保つよう海外からの資金流入が起きるので金利上昇自体は観察されず、観察されるのは円高ということとなる。現実の実質実効為替レートのデータを見てみると、橋本、小泉政権の時期に円安が、小渕政権の時期に円高が進行していたことが読み取れる。クラウディングアウト フレッシュアイペディアより)

  • 雀・三國無双

    雀・三國無双から見たデフレデフレーション

    大会は、『雀・三國無双』基本ルールの赤壁大会、インフレルールの虎牢関大会、デフレルールの五丈原大会、一局精算の合肥大会、競技ルールの夷凌大会、東風戦の長坂大会、東風インフレルールの南中大会、完全プレイヤールールの野戦大会の順で行われる。野戦大会が終わると再び赤壁大会に戻る。雀・三國無双 フレッシュアイペディアより)

  • ナチス・ドイツの経済

    ナチス・ドイツの経済から見たデフレーションデフレーション

    1930年に首相となったハインリヒ・ブリューニング首相は金融安定化策で不況に対応しようとした。しかし景気悪化状況での経済対策には財源が必要であり、増税が不可避であった。しかし増税策は議会の反対にあって否決され、ブリューニングは大統領緊急令や複数化の選挙による強行突破で予算や金融政令を成立させた。ブリューニングが選択した政策は税収増加・福祉予算等の政府支出の削減・物価の抑制を主眼としたデフレ政策であり、彼は「飢餓の首相」と国内から批判を受けた。一方でハインリヒ・ブランズ(:de:Heinrich Brauns)前労相の指揮の元、外国融資を資金として大規模な公共事業計画を立案していた。ナチス・ドイツの経済 フレッシュアイペディアより)

  • 藻谷浩介

    藻谷浩介から見たデフレデフレーション

    筆者自身が後から語ったところによれば、「デフレ」の意味は、耐久消費財などの個別品目の価格の下落を意味しているという。藻谷浩介 フレッシュアイペディアより)

  • マーティン・ファクラー

    マーティン・ファクラーから見たデフレーションデフレーション

    2012年8月2日には「強い円は日本の世代を分断する」と題する報道を行い、円高によるデフレーションは金融資産を保有する高齢者に有利に働き、政治的影響力の強い高齢者の多い日本ではこの傾向を反転させるのは難しいだろうと述べた。これに対し、藤崎一郎駐米大使が強い不快感を表明する一方、同じく円高や景気の動向の影響を受けにくく政治的影響力の強い公務員の影響が抜け落ちているとする批判もある。マーティン・ファクラー フレッシュアイペディアより)

  • さくらや

    さくらやから見たデフレーションデフレーション

    1990年代から始まるデフレーション現象、AV機器家電の販売単価下落、競合店とのポイントカードの利率アップ競争激化など、家電量販店同士の消耗戦が始まることになる。さくらやは、一時は他店のポイントカードサービスとは一線を画し、呈示しただけでその場で現金割引を行うキャッシュバックカード(年会費有料)を発行したが、他店との競争で不利になったために、ポイントカード(年会費無料)とキャッシュバック・ポイント兼用カード(年会費2000円)に切り換えた。1990年代末に、ポイントの利率をアップして実質的にポイントカードに移行させ、同時に年会費無料化も行った。さくらや フレッシュアイペディアより)

210件中 51 - 60件表示

「デフレーション」のニューストピックワード