210件中 61 - 70件表示
  • 藤村紫朗

    藤村紫朗から見たデフレーションデフレーション

    藤村は政府の資金援助による産業振興を期待していたが、1881年(明治14年)、政府の軍備拡張政策に応えた大蔵卿松方正義による財政政策(松方財政)によるデフレーションは県内の製糸業は打撃を受け、1884年(明治17年)には勧業製糸場が火災で焼失し、民間に払い下げられた。藤村紫朗 フレッシュアイペディアより)

  • ピグー効果

    ピグー効果から見たデフレーションデフレーション

    ピグー効果(ピグーこうか、)とは、特にデフレーションにおいて、資産(wealth)の実質価値の増加が生産高や雇用に刺激を与える効果のこと。ピグー効果 フレッシュアイペディアより)

  • 富の再分配

    富の再分配から見たデフレーションデフレーション

    1996年に発足した橋本内閣では、再び再分配政策の見直しが進められ、1997年に消費税増税、1999年に所得税減税が実行された。橋本内閣による財政改革は、他の先進国と所得税税率や法人税率を揃えることを名目としたものであったが、デフレーションと信用収縮という、再分配抑制の負の面が強く現れる結果となった。2000年代にも小泉内閣によって再分配抑制策が継続された。富の再分配 フレッシュアイペディアより)

  • 貨幣錯覚

    貨幣錯覚から見たデフレーションデフレーション

    あるいは、1%のデフレ経済において、手取りの給料が500万円から499万円に下がったとする。このとき実質の給料は増えており購買力は上昇しているにもかかわらず、名目の給料が減っていることを見て支出を減らそうとするような場合にも、貨幣錯覚が起きている。貨幣錯覚 フレッシュアイペディアより)

  • 貨幣錯覚

    貨幣錯覚から見たデフレデフレーション

    また、2%のインフレ下において名目賃金を1%引き上げることと、1%のデフレ下において名目賃金を2%引き下げることは、実質で見るとほぼ同じことである。しかし労働者が、名目賃金が減ってしまう後者に対して、前者に対するよりも非常に強く反対するということが見られる。これも貨幣錯覚の一つである。貨幣錯覚 フレッシュアイペディアより)

  • ロシア財政危機

    ロシア財政危機から見たデフレーションデフレーション

    ロシアの貿易は、輸出の80%を天然資源(石油・天然ガス・金属・木材)に依存した。これは、世界経済の状況に影響されやすく、世界的デフレで当時物価が下落しつつあった状況下で財政は悪化しつつあった。殊に、原油価格の下落に伴い、輸出原油からもたらされる税収が減少したことが、ロシア政府の財政を極度に悪化させる事になった。ロシア財政危機 フレッシュアイペディアより)

  • 本田悦朗

    本田悦朗から見たデフレーションデフレーション

    大蔵省での経験を基に、国際金融や金融政策といった分野を研究している。具体的には、国際的な通貨制度や通貨危機といったトピックや、デフレーション下の金融政策などについて取り組んでいる。金融政策としては、インフレターゲットの導入を推奨している。また、政治家の安倍晋三のブレーンとしても知られており、自由民主党総裁に返り咲いた安倍に対し経済政策を指南しているとされている。本田悦朗 フレッシュアイペディアより)

  • 昭和恐慌

    昭和恐慌から見たデフレーションデフレーション

    このような状況下で成立した立憲民政党の濱口雄幸内閣は、「金解禁・財政緊縮・非募債と減債」と「対支外交刷新・軍縮促進・米英協調外交」を掲げて登場、金本位制の復帰を決断し、日本製品の国際競争力を高めるために、物価引き下げ策を採用し、市場にデフレ圧力を加えることで産業合理化を促し、高コストと高賃金の問題を解決しようとした。これは多くの中小企業に痛みを強いる改革であった。浜口内閣の井上準之助蔵相は、徹底した緊縮財政政策を進める一方で正貨を蓄え、金輸出解禁を行うことによって外国為替相場の安定と経済界の抜本的整理を図った。昭和恐慌 フレッシュアイペディアより)

  • 松下康雄

    松下康雄から見たデフレーションデフレーション

    日本銀行総裁としての松下は、バブル経済崩壊後の経済再建という難しい舵取りを迫られた。折からの日米経済摩擦による超円高、国内金融機関の腐敗と累積する不良債権、そして忍び寄るデフレ経済の影等、松下が取り組むべき課題は、過去に類例を見ない厳しいものであった。そうした状況下において、松下は、かつて太陽神戸銀行の頭取として銀行大合併をやってのけた時のような辣腕を振るうことは出来ず、結局、更なる不良債権の累増と、デフレ経済への突入を許してしまった。その上、在任中は大蔵省接待汚職事件のスキャンダルに見舞われ、最後はその責を問われる形で、福井俊彦日銀副総裁と共に職を辞した。松下康雄 フレッシュアイペディアより)

  • 東北開発

    東北開発から見たデフレーションデフレーション

    1929年(昭和4年)に世界大恐慌が発生する中、翌1930年(昭和5年)1月に井上準之助蔵相が国際経済との直結をもたらす金解禁に踏み切ったため、日本も昭和恐慌に陥った。すると、金の国外大量流出、株式および商品の暴落、物価の下落(デフレーション)が発生し、都市部では企業倒産による失業者が急増し、農村では生糸の対米輸出の減少に加え、豊作にデフレが拍車をかけて米価が暴落し、深刻な困窮状態に陥った。さらに1932年(昭和7年)の凶作、1933年(昭和8年)の昭和三陸地震・津波、1934年(昭和9年)と1935年(昭和10年)の凶作が、立て続けに地方経済を襲った。特に東北経済は深刻な打撃を受け、農村では飢餓状況と娘の身売りが見られるようになり、東北救済の声は大きな世論となった。東北開発 フレッシュアイペディアより)

210件中 61 - 70件表示

「デフレーション」のニューストピックワード