336件中 71 - 80件表示
  • キャベツ焼き

    キャベツ焼きから見たデフレデフレーション

    同様の調理法による料理は、単に「お好み焼き」という名称で、従前より大阪周縁の一部地域(兵庫、京都、泉南など)や縁日の屋台などで提供され続けていた。古いレシピのリバイバルで決して新しい料理ではないが、戦後に広まった混ぜ焼きのお好み焼き以外知らなかった大阪の若年層には新鮮に受け止められ、またデフレ世相もあり一枚100円という安価で提供されたことから、地域的なヒット商品となった。キャベツ焼き フレッシュアイペディアより)

  • 実質金利

    実質金利から見たデフレデフレーション

    このように物価上昇率(インフレ率)がプラスであれば実質金利は名目金利より低くなる。逆にデフレ期待が高まる(物価が下落する=インフレ率がマイナスとなる)と、実質金利は高くなる。デフレ下においては、通常中央銀行による金融緩和が行われて、政策金利が引き下げられるが、名目金利を0%以下に下げることはできない。しかしこの状況では実質金利は高い状態にあるため、借金ができず消費や投資が停滞してしまう現象が見られる(いわゆる「流動性の罠」)。実質金利 フレッシュアイペディアより)

  • アーヴィング・フィッシャー

    アーヴィング・フィッシャーから見たデフレスパイラルデフレーション

    基礎理論についてのこの研究は、当時の大きな社会問題には触れなかった。金融経済学はこれを行い、これがフィッシャーの研究の主要な焦点となった。1890年代にアメリカ合衆国は本位制の問題に関して分裂した。ドルは金、銀、あるいは二者の組み合わせに換算して変動すべきか、固定すべきか。一つの制度を選択することはアメリカ西部とアメリカ東部、農民と資本家、債務者と債権者、…の二者から選択することであった。フィッシャーの『増価と利子』("Appreciation and Interest", 1896)は、物価水準が変動するときの利子率の振る舞いの抽象的分析だった。それはインフレーションの現代的分析にとって根本的な、名目利子率と実質利子率との違いを強調した。しかしフィッシャーは、投資家と貯蓄者(一般大衆)は「貨幣錯覚」によって異なった程度に悩まされると信じた。貨幣錯覚にとらわれた彼らは、貨幣によって実際に購入することができる財の量(購買力)にもとづいて貨幣の価値を評価することができない。購買力によって貨幣の価値を評価するというのが、経済取引は全て物々交換にすぎないという前提、ないし貨幣中立説(≒貨幣数量説)のもとづく理論である。そこで理想的世界では物価水準の変化は生産または雇用に対して何の効果も無いが、貨幣錯覚からなる現実世界ではインフレーション(そしてデフレーション)は重大な損害となるとした。フィッシャーは「デフレスパイラル」を理論的に究明した最初の学者でもある。アーヴィング・フィッシャー フレッシュアイペディアより)

  • 1837年恐慌

    1837年恐慌から見たデフレーションデフレーション

    1837年恐慌(1837ねんきょうこう、Panic of 1837)は1840年代まで続いた大きな景気後退を誘発したアメリカ合衆国の金融危機であった。失業率が増大する中で利潤や価格、賃金が減少した。悲観論がこの時期に溢れた。恐慌は国の内外に起源があった。西部諸州での投機的貸し出しや綿価格における急激な物価下落、土地バブルの崩壊、国際的な正金流出、イギリスにおける貸し出し抑制は、全て恐慌の原因となった。1837年5月10日、ニューヨークシティの銀行は、正金の支払いを停止した。これが意味するところは、額面金額でコマーシャル・ペーパーを買い戻す意思がないということであった。1838年に一時回復したとはいえ、景気後退は約7年続いた。銀行は破綻し、事業は失敗し、価格は下落し、数多の労働者が職を失った。失業率はある地域では25%にも上ったらしい。1837年から1844年は、一般に賃金と物価におけるデフレーションの年と言われている。1837年恐慌 フレッシュアイペディアより)

  • 貨幣錯覚

    貨幣錯覚から見たデフレーションデフレーション

    あるいは、1%のデフレ経済において、手取りの給料が500万円から499万円に下がったとする。このとき実質の給料は増えており購買力は上昇しているにもかかわらず、名目の給料が減っていることを見て支出を減らそうとするような場合にも、貨幣錯覚が起きている。貨幣錯覚 フレッシュアイペディアより)

  • 貨幣錯覚

    貨幣錯覚から見たデフレデフレーション

    また、2%のインフレ下において名目賃金を1%引き上げることと、1%のデフレ下において名目賃金を2%引き下げることは、実質で見るとほぼ同じことである。しかし労働者が、名目賃金が減ってしまう後者に対して、前者に対するよりも非常に強く反対するということが見られる。これも貨幣錯覚の一つである。貨幣錯覚 フレッシュアイペディアより)

  • 進歩のための同盟

    進歩のための同盟から見たデフレーションデフレーション

    物価の安定に努め、インフレーションやデフレーションを回避する進歩のための同盟 フレッシュアイペディアより)

  • 景気後退の形状

    景気後退の形状から見たデフレーションデフレーション

    [[File:Japan's asset bubble.jpg|日本はバブル景気の後、失われた10年に陥った。L字不況の時期とされている。出典: Penn World Tables|right|thumb|300px]] L字不況は1990年に日本のバブル景気が崩壊した後におこった。第二次世界大戦終結から1980年代まで堅実に成長を続けた日本の経済だったが、1980年代末に巨大な資産価格バブルが発生した。バブル崩壊の後、日本の経済はデフレーションに苦しみ、緩慢な成長が何年も続き、1950年から1990年までの高度成長期は二度と訪れなかった。アメリカにおいても、の後を2000年代末の不況が続いたため、経済学者の一部は不況が終わっても長期間の低成長が続くのではないかと危惧した。景気後退の形状 フレッシュアイペディアより)

  • トヨタ自動車蒲田工場

    トヨタ自動車蒲田工場から見たデフレーションデフレーション

    ドッジ・ラインは戦後のインフレーションを収束させるもデフレーションを招き、1949年は4月に労働組合法改訂に反対するストライキが始まり、10月に日産自動車、いすゞ自動車が人員を整理し、トヨタ自動車も経営が悪化している。12月に企業再建整備計画でトヨタ自動車電装品部門が独立して日本電装が設立され、トヨタは人員整理しないとする覚書で労使双方が合意している。1950年4月に経営再建案が発表され、販売部門が独立してトヨタ自動車販売株式会社が設立され、6月にトヨタ自動車社長を豊田喜一郎が引責辞任して石田退三へ次ぐ。同6月に朝鮮戦争の勃発で朝鮮特需を迎えるも、蒲田工場は廃止され、後に蒲田工場操業4年間の従業員らが神奈川県相模原市にセントラル自動車を設立する。トヨタ自動車蒲田工場 フレッシュアイペディアより)

  • ケネス・ロゴフ

    ケネス・ロゴフから見たデフレーションデフレーション

    アベノミクスについて、日本銀行が消費者物価2%上昇を目指すインフレターゲットを決めたことはデフレーション克服に向けた「好ましい長期的な戦略だ」と評価した上、追加金融緩和が世界的な通貨安競争を招くとの見方は「完全な間違い」と否定した。ケネス・ロゴフ フレッシュアイペディアより)

336件中 71 - 80件表示

「デフレーション」のニューストピックワード