前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
130件中 1 - 10件表示
  • デフレーション

    デフレーションから見た講談社

    世界デフレは三度来る 上 著:竹森俊平 出版:講談社 刊行:2006年デフレーション フレッシュアイペディアより)

  • デフレーション

    デフレーションから見た白川方明

    白川方明元日銀総裁は「デフレには様々な定義があり、一概には定まらない」と指摘している。デフレーション フレッシュアイペディアより)

  • デフレーション

    デフレーションから見た岩田規久男

    経済学者の岩田規久男は著書『デフレの経済学』で「相対価格の変化と絶対価格の変化とを区別することが重要である。平均的な価格である物価が相対価格の変化によって影響を受ける理由はない」と指摘している。高橋洋一は「ミクロ(個別価格/相対価格)とマクロ(一般物価)の混同は経済学者の議論の場でも時々見られるが、ミクロの個別価格の平均としてマクロの物価があると思い込むのは短絡的である」と指摘している。デフレーション フレッシュアイペディアより)

  • デフレーション

    デフレーションから見たベン・バーナンキ

    ベン・バーナンキは「デフレを事前に予測することは不可能であり、デフレ・リスクがあればインフレ・リスクを恐れず、従来の枠組みを超えた政策で対応すべきである」と指摘している。デフレーション フレッシュアイペディアより)

  • デフレーション

    デフレーションから見たクリスティーヌ・ラガルド

    2014年1月16日、国際通貨基金(IMF)のクリスティーヌ・ラガルド専務理事は、ワシントン市内で講演し、日米欧などの先進国経済について「多くの国でインフレ率が中央銀行の目標を下回っており、デフレのリスクが高まっている」と指摘した。また、先進国でデフレが現実となれば「回復には壊滅的な打撃となる」と強調し、「デフレを断固として退治する必要がある」と警戒を呼びかけた。デフレーション フレッシュアイペディアより)

  • デフレーション

    デフレーションから見た竹中平蔵

    経済学者の竹中平蔵は「デフレという言葉を使う場合、単に物価が下がるという意味だけでなく、物価が下がることと経済の悪化が一体となっている状態を指す場合もある」と指摘している。デフレーション フレッシュアイペディアより)

  • デフレーション

    デフレーションから見た伊藤隆敏

    経済学者の伊藤隆敏は「期待が変わらなければ賃金や物価の変化も期待できない。皆がデフレ予測を持っていれば賃金も下がるし、価格も下落する。デフレの自己実現的な期待が生じてしまう」と指摘している。デフレーション フレッシュアイペディアより)

  • デフレーション

    デフレーションから見た伊藤元重

    経済学者の伊藤元重は「持続的な物価上昇が実現するためには、賃金の上昇がカギとなる。賃金が上昇していくことで、それが物価にも反映される。そうした連鎖が生まれて、初めてデフレからの完全な脱却が可能となる。ただし、賃金はあくまでも民間企業・労働市場が決めるものである。企業の行動だけに過度に期待してはいけない。賃金を引き上げるためには、雇用を拡大させなければならない。雇用が拡大し、労働市場の需給が締まれば、賃金を引き上げざるをえなくなる。賃金上昇では労働市場における需給ギャップが大きな鍵を握る」と指摘している。デフレーション フレッシュアイペディアより)

  • デフレーション

    デフレーションから見た森永卓郎

    森永卓郎は「デフレとは、物価の下落と需要の縮小が同時に進行する状態である」と指摘している。デフレーション フレッシュアイペディアより)

  • デフレーション

    デフレーションから見た竹森俊平

    世界デフレは三度来る 上 著:竹森俊平 出版:講談社 刊行:2006年デフレーション フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
130件中 1 - 10件表示

「デフレーション」のニューストピックワード