130件中 91 - 100件表示
  • デフレーション

    デフレーションから見たジンバブエ

    2009年、ハイパーインフレーション国家だったジンバブエがデフレーションに転じた。2009年1月の消費者物価指数は前月と比べて2.3%下落し、翌2月も前月比3.1%の下落となった。デフレーション フレッシュアイペディアより)

  • デフレーション

    デフレーションから見たサプライサイド経済学

    経済学者の宮尾龍蔵は「インフレ誘導による過剰債務企業への援助は、利潤を生まない非効率企業の整理・淘汰を先送りする。デフレ脱却に必要なのは、企業の過剰供給の解消というサプライサイド政策である」と指摘している。デフレーション フレッシュアイペディアより)

  • デフレーション

    デフレーションから見たヴェルグル

    1932年、オーストリアのヴェルグルで、デフレ対策として地域通貨が導入され画期的効果をあげた(後に中央通貨令により禁止された)。デフレーション フレッシュアイペディアより)

  • デフレーション

    デフレーションから見た世界恐慌

    中野剛志はカール・ポランニーは1930年代の世界恐慌を研究した上で『大転換』を執筆し、環境・自然の破壊・労働者の破壊・デフレによる生産組織の破壊を防ぐ保護対策を論じたが、そう考えるとデフレ対策も保護主義であり、生産組織の保護と言えるとしている。デフレーション フレッシュアイペディアより)

  • デフレーション

    デフレーションから見た財政再建

    デフレは名目的には低い金利に見えても、お金の借り手にとっての負担はデフレの分だけ重くなる(負債の名目固定性)。この場合の借り手には、政府も含まれる。デフレの状況は税収が上がらないので財政再建にとっては大きなマイナス要因である。デフレーション フレッシュアイペディアより)

  • デフレーション

    デフレーションから見た経済学

    経済学で言うデフレとは、経済全体の需要・供給の不均衡によって一般的な物価水準、財・サービスの平均価格が下落していく現象を指す。デフレーション フレッシュアイペディアより)

  • デフレーション

    デフレーションから見たインセンティブ (経済学)

    田中秀臣は「年1-2%のデフレに陥ると、人件費は事実上5%前後増加する」と指摘している。田中は「デフレ不況下では、経営者側にコスト削減のインセンティブが強く働く」「名目賃金が一定で労働時間が増えれば、時間当たりの名目賃金は減少する」と指摘している。デフレーション フレッシュアイペディアより)

  • デフレーション

    デフレーションから見た貨幣

    経済全体で見た需要と供給のバランスが崩れること、すなわち総需要が総供給を下回ることが主たる原因である。貨幣的要因(マネーサプライ減少)も需給ギャップをもたらしデフレへつながる。物価の下落は同時に貨幣価値の上昇も意味する。なお、株式・債券・不動産・エネルギーなど、資産価格の下落は通常デフレーションの概念に含まない(参考:物価)。デフレーション フレッシュアイペディアより)

  • デフレーション

    デフレーションから見た需要

    経済全体で見た需要と供給のバランスが崩れること、すなわち総需要が総供給を下回ることが主たる原因である。貨幣的要因(マネーサプライ減少)も需給ギャップをもたらしデフレへつながる。物価の下落は同時に貨幣価値の上昇も意味する。なお、株式・債券・不動産・エネルギーなど、資産価格の下落は通常デフレーションの概念に含まない(参考:物価)。デフレーション フレッシュアイペディアより)

  • デフレーション

    デフレーションから見た産業革命

    19世紀の産業革命の進展期においては、デフレは恒常的な通貨問題であり、金本位の退蔵(グレシャムの法則)に見られる貨幣選好やインフレ抑止のための不胎化政策、技術革新による供給能力の飛躍的な進展がデフレをもたらしていた。ケインズ政策や管理通貨制度が普及した後はインフレーションに比して圧倒的に少ない。ジョン・メイナード・ケインズは、ハイパーインフレを除けば、インフレよりもデフレの方が害が大きいと述べている。その理由は世界経済が低迷している中で、富裕層に損をさせるよりも経済的弱者の失業を促進させる方が経済へのダメージが大きいからである。デフレーション フレッシュアイペディアより)

130件中 91 - 100件表示

「デフレーション」のニューストピックワード