130件中 101 - 110件表示
  • デフレーション

    デフレーションから見たフィリップス曲線

    名目金利の低下する速度以上の物価の下落が発生している局面では、実質金利が上昇し投資活動が低下する。これが経済活動を停滞させる要因となり、賃金の下落や失業(フィリップス曲線を参照)を生む。デフレーション フレッシュアイペディアより)

  • デフレーション

    デフレーションから見た環境

    中野剛志はカール・ポランニーは1930年代の世界恐慌を研究した上で『大転換』を執筆し、環境・自然の破壊・労働者の破壊・デフレによる生産組織の破壊を防ぐ保護対策を論じたが、そう考えるとデフレ対策も保護主義であり、生産組織の保護と言えるとしている。デフレーション フレッシュアイペディアより)

  • デフレーション

    デフレーションから見た債券

    物価下落により実質金利(実質利回り、(名目金利-期待インフレ率)が上昇する、すなわち同額の名目利子の受け取りであっても実質価値が上昇する。また、デフレの局面では物価下落を織り込んだ金利が形成されるため、市中金利は低下する。そのため、国債などの債券を保有している者は、(高利回り)債券の価格が上昇して利益となる。デフレーション フレッシュアイペディアより)

  • デフレーション

    デフレーションから見た産業構造の転換

    円居総一は「経済がデフレの状態になると、成長産業・潜在的に成長が期待される産業への移行という産業構造の調整が阻害される」と指摘している。デフレーション フレッシュアイペディアより)

  • デフレーション

    デフレーションから見たニュー・ケインジアン

    円居総一は「ケインズ経済学では、賃金の下方硬直性を前提に、貨幣数量の変化が実質GDPに影響を与える、つまり物価の持続的下落と実質GDPの持続的下落という現象が同時に起きることを提示している。その後の実証研究の積み重ねによって10年以上の長期でない限り、ケインズ的見解が成立することがコンセンサスとなっている。また、ニュー・ケインジアンも長期では貨幣の中立性を認めている」と指摘している。デフレーション フレッシュアイペディアより)

  • デフレーション

    デフレーションから見た内部留保

    岩田規久男は「多くの人が抱くデフレ予想をインフレ予想に変えなければ、デフレ脱却はできない」「銀行貸し出しは増える必要はない。デフレ予想がインフレ予想に転換すれば企業がため込んだ内部留保を使って生産のための投資を始める」と指摘している。デフレーション フレッシュアイペディアより)

  • デフレーション

    デフレーションから見た累進課税

    累進課税制度など税制による自動的な減税効果(ビルト・イン・スタビライザー)デフレーション フレッシュアイペディアより)

  • デフレーション

    デフレーションから見た経済企画庁

    日本では旧経済企画庁(内閣府)が「物価の下落を伴った景気の低迷」をデフレの定義としていたが、2001年3月より「持続的に物価が下落している状態」と定義を変更した。デフレーション フレッシュアイペディアより)

  • デフレーション

    デフレーションから見た非正規雇用

    田中は「デフレ不況によって起こる企業のリストラ要求に対して、既存正社員は組合などを通じて交渉力を発揮し、自分たちの待遇を悪化させるよりも新卒採用を縮小させることを企業に要求する。このことが『名目賃金の下方硬直性』を生み出す。既存正社員の既得権が強まると同時に、膨大な失業者、非正規社員が生み出される」と指摘している。デフレーション フレッシュアイペディアより)

  • デフレーション

    デフレーションから見たアメリカ合衆国

    世界恐慌下のアメリカ合衆国においては、当初、財政均衡主義が主流だったため、ビルト・イン・スタビライザーの効果が低下し、デフレスパイラルに陥った。設備投資はほぼ壊滅的に減少し、失業率が25パーセントにのぼった。GDPデフレーターで、1929年から4年間で25%下落しており、14年後の1943年に1929年当時の水準に戻った。デフレーション フレッシュアイペディアより)

130件中 101 - 110件表示

「デフレーション」のニューストピックワード