4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 次へ
130件中 121 - 130件表示
  • デフレーション

    デフレーションから見たチャド

    2007年のチャドの消費者物価上昇率は、-8.8%となった。デフレーション フレッシュアイペディアより)

  • デフレーション

    デフレーションから見た生活水準

    中野剛志はデフレは「物価が将来下がるかもしれない」、「貨幣価値が将来上がるかもしれない」という心理的影響を与え、誰も投資や借金をしなくなる。これは資本主義の心肺停止状態であり、資本主義を望むならば、デフレだけは回避しなければならないとしている。経済構造の産業化が進み高度化すれば、信用制度がなくては大きな投資ができないとしている。資本というものは昔からあったが、産業革命が進むほど市場経済の資本主義の度合いが大きくなる。つまり、実体経済と金融経済のうちの金融の部分が大きくなるが、デフレはその動きを停止させるとしている。また中野はデフレは給与水準・生活水準の悪化、投資を含む需要不足という点から怖ろしい経済現象であるとしている。その理由として、給与水準・生活水準の悪化は現在の人間の心理や幸福感を著しく傷つけ、投資を含む需要不足は自分の国や共同体、家族のために今は抑制して将来に向けて投資する、未来のことを考えて生きるという非常に人間らしいことができなくなるためであるとしている。また中野は、「デフレは貨幣現象であり、デフレの原因は貨幣供給の不足である。そして貨幣供給の不足の原因は資金需要の不足である。すなわちデフレの原因は資金需要の不足である」と述べている。デフレーション フレッシュアイペディアより)

  • デフレーション

    デフレーションから見た実質賃金

    名目額(名目賃金)が固定された収入がある者も、物価の下落(実質賃金の上昇)により実質的な生活水準が向上する。デフレーション フレッシュアイペディアより)

  • デフレーション

    デフレーションから見たリーマン・ショック

    浜田宏一は「貨幣と財・サービスは分離されているので、貨幣政策によって財・サービスの向上は図れないという理論があるが、リーマン・ショック後の世界は、貨幣と財・サービスとが切り離せないことを示した」と指摘している。デフレーション フレッシュアイペディアより)

  • デフレーション

    デフレーションから見た日本のデフレーション

    経済ジャーナリストの田村秀男は、後述するように(日本のデフレーション参照)、デフレを物価下落に限定せず、賃金・所得が物価下落を上回る速度で継続的に下がることと定義すべきだと主張している。田村は「デフレは雇用にとって悪だ」と断じたジョン・メイナード・ケインズの見解を参考にしている。デフレーション フレッシュアイペディアより)

  • デフレーション

    デフレーションから見た失業保険

    経済学者の若田部昌澄は「デフレによって年金・失業保険などの長期的な制度は崩壊の危機にさらされる」と指摘している。デフレーション フレッシュアイペディアより)

  • デフレーション

    デフレーションから見た貨幣錯覚

    デヴィッド・リカードは貨幣的要因が生産・雇用という実物要因に影響を与えると認識していた。貨幣的需要の拡大であるインフレーションにおいて、すべての産業の生産が拡大するのは、貨幣錯覚が起きるからである。一方で貨幣の量は短期的には生産・雇用に影響を与えるが、長期的に物価にしか影響を与えないという説もある(貨幣の中立性)。デフレーション フレッシュアイペディアより)

  • デフレーション

    デフレーションから見た名目金利

    物価下落により実質金利(実質利回り、(名目金利-期待インフレ率)が上昇する、すなわち同額の名目利子の受け取りであっても実質価値が上昇する。また、デフレの局面では物価下落を織り込んだ金利が形成されるため、市中金利は低下する。そのため、国債などの債券を保有している者は、(高利回り)債券の価格が上昇して利益となる。デフレーション フレッシュアイペディアより)

  • デフレーション

    デフレーションから見た自然失業率

    総需要を完全雇用総供給に一致させる=GDPギャップをゼロにするということは、失業率を自然失業率に近づけインフレ率を適正な水準に安定させるということであり、マクロ経済政策の目的である。デフレーション フレッシュアイペディアより)

  • デフレーション

    デフレーションから見たピグー効果

    経済学者のアーヴィング・フィッシャーは景気循環が一般物価水準の騰落によって引き起こされると考え、物価の騰落は所得分配に不公正な影響を与えるため防止すべき「社会悪」だと述べている。物価の下落は貨幣残高(預金など)実質価値を高め、消費を刺激するとの考え(ピグー効果)に対し、フィッシャーは物価の下落は負債の実質価値を高め、倒産を通して不況を悪化させると反論した。デフレーション フレッシュアイペディアより)

4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 次へ
130件中 121 - 130件表示

「デフレーション」のニューストピックワード