87件中 11 - 20件表示
  • デフレーション

    デフレーションから見た篠原総一

    篠原総一「経済を通して学ぶ歴史 ~ 江戸時代の経済政策 ~ 」経済教育ネットワークデフレーション フレッシュアイペディアより)

  • デフレーション

    デフレーションから見た田中秀臣

    1997年から始まった日本の金融危機について、アメリカのFRBはが研究を行ってきたことは広く知られており、危機が訪れたとき、デフレ阻止に向けて急速な金融緩和を行うべきであるという結論は、インターネット・バブル崩壊と「世界デフレ」の危機に関しては予期した以上の成果へ結びついた。FRBは2002年7月に「デフレ防止策について1990年代の日本の経験の教訓」というFRBスタッフによるディスカッションペーパーを公表し、そのなかで日銀が阪神・淡路大震災後も金融スタンスを変えなかったことや、1997年に消費税を増税したことに言及し、財政構造改革の政策スタンスを転換し所得・消費税等を引き下げることにより経済を刺激できた可能性について言及している。経済学者の田中秀臣などはこの論文を引用し1990年代のこれらの政策態度により日本は完全な長期停滞に突入したと論じる。デフレーション フレッシュアイペディアより)

  • デフレーション

    デフレーションから見た松方正義

    1880年代前半に大蔵卿(1885年(明治18年)の内閣制度発足に伴い、大蔵大臣)の松方正義が緊縮財政を行い、それまで濫発されていた不換紙幣を償却し、日本銀行を設立して銀本位制を実現させた。この緊縮財政の結果、デフレ不況となった(松方デフレ)。デフレーション フレッシュアイペディアより)

  • デフレーション

    デフレーションから見た速水優

    「デフレが続いているにもかかわらず2002年からは景気が回復した、だからデフレは景気とは関係がない」という議論があるが、経済学者の若田部昌澄は「日本がデフレに陥っていた1990年代にも2回程度の景気回復があったが、そのたびに景気回復が頓挫した。原因には、2000年8月の速水優日銀総裁によるゼロ金利政策解除といった政策の失敗もある。デフレの下での景気回復はきわめて脆弱であり、2008年現在の景気回復はほとんど枕詞のように『実感なき』と呼ばれるほど勢いが弱い。デフレの下では給料などの名目値が伸び悩むから実感に乏しい」と述べている。デフレーション フレッシュアイペディアより)

  • デフレーション

    デフレーションから見た浜田宏一

    経済学者の浜田宏一は「経済成長のために、人口増は絶対必要である。しかし、『人口減がデフレの要因である』と言ったまともな経済学者はいないが、日本ではそれが盛んになって、日銀の白川方明総裁までそれに乗って喋っていた状態である」と述べている。浜田は「人口がデフレの要因であるというのは、理論的にも実証的にも根拠がない」と述べ、「もちろん人口は成長の要因にはなるが、実質生産に人口・生産年齢人口が影響するのは当たり前のことである。しかし、貨幣的現象である物価・デフレに人口が効くというのは、経済の解剖学である『国民所得会計』、経済の生理学である『金融論』から見ても、まったく的外れな議論だ」と述べている。デフレーション フレッシュアイペディアより)

  • デフレーション

    デフレーションから見た濱口雄幸

    濱口雄幸首相と井上準之助蔵相が緊縮財政を行い、1930年に円切り上げ(円高)となる旧平価で金本位制に復帰し(いわゆる金解禁)、デフレ不況となった。デフレーション フレッシュアイペディアより)

  • デフレーション

    デフレーションから見た高橋洋一 (経済学者)

    経済学者の岩田規久男は著書『デフレの経済学』で「相対価格の変化と絶対価格の変化とを区別することが重要である。平均的な価格である物価が相対価格の変化によって影響を受ける理由はない」と指摘している。経済学者の高橋洋一は「ミクロ(個別価格/相対価格)とマクロ(一般物価)の混同は経済学者の議論の場でも時々見られるが、ミクロの個別価格の平均としてマクロの物価があると思い込むのは短絡的である」と指摘している。デフレーション フレッシュアイペディアより)

  • デフレーション

    デフレーションから見た北村行伸

    北村行伸 金融研究 第21巻第1号 2002年3月(IMES DISCUSSION PAPER SERIES)デフレーション フレッシュアイペディアより)

  • デフレーション

    デフレーションから見た岡田靖

    経済学者の岡田靖は「デフレは経済を著しくぜい弱なものとすることは、過去10年以上の日本の実験で明らかだ」と述べている。デフレーション フレッシュアイペディアより)

  • デフレーション

    デフレーションから見た雇用

    の状態となったその差(乖離、ギャップ)のこと。「マイナスの需給ギャップ」や「GDPギャップ」とも言う。デフレギャップの増大は商品の在庫の増大や雇用の減少(失業者増大)とも関係し、デフレが継続する要因となる。デフレギャップを解消するには、需要を増やすか供給を減らす必要があるが、市場において供給システムが出来上がっているケースで供給を減らすことは容易ではない。一般に政府が減税、金融緩和政策、政府支出を増大させるなどを行い需要を喚起する政策が取られる。国によっては兵役で雇用を創出する場合もある。日本ではこのギャップの数値は、内閣府のレポートに「需給ギャップ」として発表される。デフレーション フレッシュアイペディアより)

87件中 11 - 20件表示

「デフレーション」のニューストピックワード