130件中 11 - 20件表示
  • デフレーション

    デフレーションから見た田中秀臣

    デフレの弊害は現金の価値が上がりすぎて、モノやサービスや、それに関わる人の価値が下がり過ぎていることにある。経済学者の田中秀臣は「デフレとはカネを持つことへの執着である」と指摘している。デフレーション フレッシュアイペディアより)

  • デフレーション

    デフレーションから見た飯田泰之

    経済学者の高橋洋一は「デプレッション(不況)のことをデフレと言う人が多い」と指摘している。経済学者の飯田泰之は「『デフレ=不況の別称』という定義を持ち出される事が多いが、このような定義を用いるのは誤りである。『物価水準は下がり続けているが(景気はいいので)デフレではない』『インフレによって消費が減少しデフレになる』と言及されることがあるが、IMF・内閣府流の公式用語法に従う者からするとこれらの言及は誤りである」と指摘している。デフレーション フレッシュアイペディアより)

  • デフレーション

    デフレーションから見た深尾光洋

    経済学者の深尾光洋は「デフレを放置することは、政府の信用の失墜を放置するということである」と指摘している。経済学者の猪木武徳は「デフレが悪化すると、政府への信任が失われるのは、インフレの悪化と同様である。インフレもデフレもその論理は異なるものの、統治への信任の喪失という点では同じ影響力を持つ」と指摘している。デフレーション フレッシュアイペディアより)

  • デフレーション

    デフレーションから見た国際通貨基金

    経済協力開発機構(OECD)によればデフレは「一般物価水準の継続的下落」と定義されている。IMFや内閣府は「2年以上の継続的物価下落」をデフレと便宜的に定義してデフレ認定を行なっている。一時的な物価下落をデフレと呼ぶ識者もよく見られるがOECDの定義やIMF・内閣府の基準からすると誤用である。デフレーション フレッシュアイペディアより)

  • デフレーション

    デフレーションから見たインフレターゲット

    時間軸政策やターゲット政策(インフレターゲット)などによる期待への働きかけデフレーション フレッシュアイペディアより)

  • デフレーション

    デフレーションから見た片岡剛士

    エコノミストの片岡剛士は「デフレが続くという予想(デフレ予想)が強固である限り、公共投資といった財政支出を行なったとしても、それが呼び水となって民間投資や民間消費が力強く増加することはない。こういった時には、単に量的緩和といった形でマネーを供給するのではなく、将来、デフレではなくインフレが生じていくのだという予想(インフレ予想)を形成させることが必要となる。このための手段として有効なのがインフレターゲット政策で、単なる量的緩和ではなく、インフレターゲットつきの量的緩和が必要となる」と指摘している。デフレーション フレッシュアイペディアより)

  • デフレーション

    デフレーションから見た村上尚己

    エコノミストの村上尚己は「脱デフレを実現するためのベストの経済政策運営は、金融政策・財政政策の双方ともに、総需要を増やす方向で整合的に組み合わせ、運用されることである」と指摘している。デフレーション フレッシュアイペディアより)

  • デフレーション

    デフレーションから見た田村秀男

    経済ジャーナリストの田村秀男は、後述するように(日本のデフレーション参照)、デフレを物価下落に限定せず、賃金・所得が物価下落を上回る速度で継続的に下がることと定義すべきだと主張している。田村は「デフレは雇用にとって悪だ」と断じたジョン・メイナード・ケインズの見解を参考にしている。デフレーション フレッシュアイペディアより)

  • デフレーション

    デフレーションから見た岩井克人

    経済学者の岩井克人は「インフレ期待は、人々をマネー自体への投機から、アイデアに対する投機、モノに対する投資に向かわせる」と指摘している。デフレーション フレッシュアイペディアより)

  • デフレーション

    デフレーションから見たデヴィッド・リカード

    デヴィッド・リカードは貨幣的要因が生産・雇用という実物要因に影響を与えると認識していた。貨幣的需要の拡大であるインフレーションにおいて、すべての産業の生産が拡大するのは、貨幣錯覚が起きるからである。一方で貨幣の量は短期的には生産・雇用に影響を与えるが、長期的に物価にしか影響を与えないという説もある(貨幣の中立性)。デフレーション フレッシュアイペディアより)

130件中 11 - 20件表示

「デフレーション」のニューストピックワード